菅原勇介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菅原 勇介
基本情報
本名 菅原 勇介
階級 スーパーライト級RISE
身長 175cm
体重 65kg
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1982-09-21) 1982年9月21日(38歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県柏市
スタイル キックボクシング
プロキックボクシング戦績
総試合数 42
勝ち 24
KO勝ち 7
敗け 16
引き分け 2
無効試合 0
テンプレートを表示

菅原 勇介(すがわら ゆうすけ、1982年9月21日 - )は、日本プロキックボクサー千葉県柏市出身。TARGET所属。 

2005年MAキックボクシング連盟ライト級新人王。第4代&第6代J-NETWORKスーパーライト級チャンピオン。

RISEスーパーライト級6位。J-NETWORKスーパーライト級2位。

来歴[編集]

2001年3月東京都立竹台高等学校卒業。いくつかの仕事を経験した後、21歳でキックボクシングを始める。

2005年11月6日、MA日本キックボクシング連盟新人王トーナメントで近藤一輝を破り、MA日本キックボクシング連盟ライト級新人王に輝く。

2007年4月29日、R.I.S.E.XXXVでR.I.S.E.初参戦。トーナメントの優勝候補であった末広智明を破り、一躍注目を浴びる。

2007年、所属していた山木ジムから現在所属しているTARGETに移籍する。

2009年2月1日、J-NETWORK「GET REAL in J-WORLD 1ST」において大鬼と対戦。KO勝ちにより、第4代J-NETWORKスーパーライト級王座を戴冠。

2010年1月31日、古巣のMA日本キックボクシング連盟「士道館新春正月興行 BREAK-1」にて山本佑機(初代WBCムエタイ日本スーパーライト級、後のWMAF世界スーパーライト級王者)に判定勝ち。

2010年6月20日、J-NETWORK「FORCE for the TRUTH of J 3rd」においてJ-NETWORKスーパーライト級王座初防衛戦。挑戦者の大石駿介に敗れ、J-NETWORKスーパーライト級王座より陥落。

2011年6月19日、J-NETWORK「TIME to CHANGE the KICK by J-SPIRIT 3rd」約1年ぶりの再戦で見事大石駿介をTKOで下し、リベンジを果たすと共に第6代J-NETWORKスーパーライト級王座戴冠。

戦績[編集]

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
42 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
24 7 2 0 2 0
16 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ゲーオ・フェアテックス 2R 0分59秒 KO M-1 Sutt Yod Muaythai vol.4 2012年11月11日
中村謙作 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2012~Road to S-cup~act.4 2012年9月17日
麻原将平 3R終了 判定3-0 RISE 89 2012年7月1日
× 小宮由紀博 延長4R終了 判定0-3 RISE 88 2012年6月2日
× モハン・ドラゴン 3R終了 判定0-2 RISE 87 2012年3月24日
タップロン・フォースジム 3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 2012~Road to S-cup~act.1 2012年2月5日
× 高橋誠治 5R終了 判定0-2 WBCムエタイ・ジャパン第2回大会 The Path to the World Champion
【WBCムエタイ日本スーパーライト級タイトルマッチ】
2011年10月2日
× 大澤茂樹 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2011 act.4-SB172- 2011年9月10日
大石駿介 3R 0分27秒 TKO J-NETWORK TIME to CHANGE the KICK by J-SPIRIT 3rd
【J-NETWORKスーパーライト級タイトルマッチ】
2011年6月19日
影日“ポパイ”和徳 3R終了 判定3-0 J-NETWORK TIME to CHANGE the KICK by J-SPIRIT 2nd
【J-NETWORKスーパーライト級次期王座挑戦者決定戦】
2011年4月29日
吉本光志 5R終了 判定0-0 RISE 74
【RISEスーパーライト級タイトルマッチ】
2011年2月27日
× 國安浩史 3R終了 判定3-0 RISE 73
【スーパーライト級次期挑戦者決定戦】
2010年12月19日
TaCa 3R終了 判定2-0 RISE 71 2010年10月3日
× ルーシラー“ザ・ライトニング” 5R終了 判定 0-3 FULL RULES MUAYTHAI
【WMCスーパーライト級インターナショナルタイトルマッチ】
2010年8月14日
× 大石駿介 延長4R 2分59秒 TKO J-NETWORK FORCE for the TRUTH of J 3rd
【J-NETWORKスーパーライト級タイトルマッチ】
2010年6月20日
オ・デュソク 3R終了 判定3-0 RISE 65 2010年5月16日
山本佑機 5R終了 判定3-0 MA日本キック 士道館新春正月興行 BREAK-1 2010年1月31日
× 吉本光志 延長6R終了 判定0-3 RISE 60
【初代RISE 65kg級王者決定戦 決勝戦】
2009年11月22日
田中秀弥 2R 2分59秒 KO RISE 59
【初代RISE 65kg級王者決定戦 準決勝】
2009年10月4日
モンコンデート・ソーペエートン 5R終了 判定3-0 BOUT-Ⅴ~KICK-FIGHT-SPECIAL 2009年9月2日
× 西山誠人 3R 1分30秒 TKO M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ2009 Yod Nak Suu vol.2
【M-1スーパーライト級王座決定戦】
2009年6月21日
× ツグト“忍”アマラ 3R終了 判定0-2 R.I.S.E.53 2009年3月29日
大鬼 2R 0分54秒 KO J-NETWORK GET REAL in J-WORLD 1ST
【J-NETWORKスーパーライト級王座決定戦】
2009年2月1日
安田慶二郎 2R 1分14秒 KO J-NETWORK Let’s Kick with J FINAL 2008年11月30日
ウメ・KRSジム 3R 2分30秒 KO CROSSPOINT presents X-TRA! 2008年9月15日
キム・ヒョンスク 2R 2分45秒 TKO JMC RIDE ON TIME 2008年7月6日
× 大江和也 3R 0分09秒 KO MA日本キック BREAK THROUGH-3~突破口 2008年4月29日
× 末広智明 3R終了 判定0-2 R.I.S.E.-γ-“R.O.C” 2008年2月22日
× 秋山優 テクニカル判定0-3 J-NETWORK J-FIGHT 18 2007年12月16日
× 歌川暁文 3R終了 判定0-2 R.I.S.E.XLI 2007年11月25日
× 黒田アキヒロ 3R終了 判定1-2 J-NETWORK Championship Tour of J 2nd
【ライト級王座決定トーナメント一回戦】
2007年9月16日
田中信二 3R終了 判定2-1 J-NETWORK Championship Tour of J 1st 2007年8月3日
× 板橋寛 3R終了 判定0-3 R.I.S.E. FLASH to CRUSH TOURNAMENT’07
【一回戦】
2007年6月17日
末広智明 3R終了 判定3-0 R.I.S.E.XXXV 2007年4月29日
上杉武信 3R終了 判定3-0 J-NETWORK The Starting Point of J 2007年1月8日
栗原豊 3R終了 判定3-0 全日本キック CUB★KICK’S-1 2006年2月18日
近藤一輝 3R終了 判定3-0 MA日本キック DETERMINATION-9 6階級タイトルマッチ
【新人王トーナメント 決勝戦】
2005年11月6日
天野京介 3R終了 判定3-0 MA日本キック 戦闘甲斐士 Vol.13 2005年9月11日
高橋洋介 3R終了 判定3-0 MA日本キック DETERMINATION (決心) 6th
【新人王トーナメント 二回戦】
2005年7月17日
松葉賢治 3R終了 判定0-1 R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT ’05 2005年6月19日
トルネード河野 3R終了 判定3-0 MA日本キック DETERMINATION (決心) 4th
【新人王トーナメント 一回戦】
2005年5月22日
× 宿波明 3R終了 判定0-3 全日本キック MOVING 2005年2月6日

人物[編集]

  • 同門のキックボクサー、羅王丸の名付け親である。
  • 特技はスポーツ全般。格闘技以外では特に陸上競技を得意としている。
  • 趣味は食べる事で、焼肉寿司しゃぶしゃぶタイ料理、甘い物が好物。
  • 所属ジムTARGETの会長である伊藤隆が、RISE及びアマチュア大会であるKAMINARIMONの大会運営に注力する事となった為、現在TARGET会長代行として、自身の練習の傍らジムの運営と後進の指導に当たっている。

獲得タイトル[編集]

  • 2005年MA日本キックボクシング連盟ライト級新人王
  • 第4代&第6代J-NETWORKスーパーライト級チャンピオン

関連項目[編集]

外部リンク[編集]