石井宏樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石井 宏樹
基本情報
本名 石井 宏樹
通称 ゴン
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1979-01-16) 1979年1月16日(40歳)
出身地 東京都目黒区
身長 176cm
体重 68kg
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

石井 宏樹(いしい ひろき、1979年1月16日 - )は、日本男性キックボクサー東京都目黒区出身。新日本キックボクシング協会ライト級王者。7連続KO、8度の王座防衛を果たし、日本人4人目のラジャダムナン・スタジアム王座(スーパーライト級)を獲得。ラジャダムナン・スタジアム並びにルンピニー・スタジアムの王者となった5人の外国人選手で初めて防衛戦に勝利した。

入場曲は、SPENTE LE STELLE(スペンテ・レ・ステッレ)。

来歴[編集]

中学時代は太っておりダイエットのため高校入学後、15歳で目黒ジムに入門した[1]

  • 1996年1月28日、プロデビュー。
  • 1997年12月、アマチュアムエタイの大会「キングスカップ」に出場。僅差の判定で敗れ準優勝となった。
  • 2000年1月23日、新日本キックボクシング協会ライト級王座を獲得。
  • 2005年1月24日に東京のホテルで開かれた「2004年度第37回内閣総理大臣杯日本プロスポーツ大賞」の授賞式典で、日本プロスポーツ大賞新人賞を受賞した。
  • 2007年10月26日から開催された第2回アジアインドアゲームズムエタイ競技ウェルター級(63.5kg - 67kg)に出場。10月30日に1回戦シード出場したが、前日の準々決勝を勝ち抜いたファディ・スウィーダン(レバノン)が棄権したため、石井は試合をすることなく準決勝まで進んだ。11月1日の準決勝でヤセル・アブサフィヤー(ヨルダン)を判定5-0で下し決勝に進出したが、11月3日の決勝戦では、マヴォロンベック・ハホロフ(ウズベキスタン)に判定3-2で敗れ準優勝に終わった。
  • 2008年12月23日、TOUITSU ライト級(62kg級)初代王者決定トーナメントに出場。1回戦でMA日本スーパーライト級王者壮泰、準決勝でSB日本スーパーフェザー級王者及川知浩、決勝でJ-NETWORKライト級王者黒田アキヒロをそれぞれ判定で降し、優勝を果たした。
  • 2011年7月24日、新日本キックボクシング協会 「MAGNUM-26」でチャイナローン・オーシンと対戦し、開始早々から攻め続け貫禄のKO勝ちを収めた。試合後に4度目のタイトル挑戦になるラジャダムナンスタジアムのスーパーライト級タイトルマッチを組むことを発表された[4]
  • 2011年10月2日、新日本キックボクシング協会「MAGNUM-27」のラジャダムナンスタジアム・スーパーライト級王者決定戦で、アピサックK.T.ジムに5R3-0の判定勝ちを収め日本人4人目のラジャダムナンスタジアム王座を獲得した[5]
  • 2012年3月11日、新日本キックボクシング協会「MAGNUM-28」のラジャダムナンスタジアム・スーパーライト級王座防衛戦で、挑戦者同級6位のゲーンファーン・ポー.プアンチョンに5R3-0の判定勝ちを収め、日本人王者で初めてラジャダムナンスタジアム王座の防衛に成功した(ラジャダムナンスタジアム並びにルンピニースタジアムの外国人王者が防衛に成功したの初めて)[6]

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
84 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
60 30 30 10 0
14 4 10
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ゲーオ・フェアテックス 2R 0:44 KO(左ハイキック) RIKIX「NO KICK,NO LIFE 2014」
【WPMF世界スーパーライト級王座決定戦】
2014年2月11日
ギャティサック・シットサイトーン 2R 1:26 KO(右ヒジ打ち) 新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING Ⅵ」 2013年12月8日
ティーラポン・ギャットチャイヨン 1R 2:24 KO(左ハイキック) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 33」 2013年10月13日
× エークピカート・モー.クルンテープトンブリー 4R 2:25 KO(左肘打ち) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 31」
【ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級タイトルマッチ】
2013年3月10日
ジャオウェーハー・シットチアンビン 1R 2:01 KO(右肘打ち) 新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING X」 2012年12月9日
プラーイノーイ・ポー.パオイン 1R 1:54 KO(左フック) TITANS NEOS 12
【ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級タイトルマッチ】(防衛2)
2012年9月15日
スアデット・ソー.ラティデット 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 29」 2012年7月22日
ゲーンファーン・ポー.プアンチョン 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 28」
【ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級タイトルマッチ】(防衛1)
2012年3月11日
プラルハット・サックパンヤー 5R 1:28 KO(左ボディフック) 新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING IX」 2011年12月17日
アピサックK.T.ジム 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 27」
【ラジャダムナンスタジアム認定スーパーライト級王座決定戦】
2011年10月2日
チャイナローン・オーシン 2R 1:03 KO(左ボディフック) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 26」 2011年7月24日
ジャックサヤーム・エックシリコンジム 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「BRAVE HEARTS 16」 2011年5月15日
ウティーチャイ・ソー・プィロムトーン 2R 2:53 KO(左ボディブロー) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 25」 2011年3月26日
× パーカーオ・クランセーンマーハーサーラカーム 2R 2:48 KO(左肘打ち) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 23」 2010年7月25日
× ヨードクンポン・FAグループ 5R終了 判定0-3 スック・ダウルン・チューチャルーン
【ラジャダムナン&WMCスーパーライト級王座決定戦】
2010年3月22日
シークン・ロムシートーン 1R 2:38 KO(ボディ連打) 新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING VII」 2009年12月13日
デンワットボット・ソー・ウィアンデット 1R 3:05 TKO(右肘打ち) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 21」 2009年10月25日
カノンスック・ウィラサクレック 3R 0:41 KO(右肘打ち) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 20」 2009年7月12日
ウィナイレック・ポー・ランサン 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 19」 2009年3月8日
黒田アキヒロ 3R終了 判定3-0 KING OF KINGS TOUITSU in KOBE
【TOUITSU ライト級初代王者決定トーナメント 決勝】
2008年12月23日
及川知浩 3R終了 判定3-0 KING OF KINGS TOUITSU in KOBE
【TOUITSU ライト級初代王者決定トーナメント 準決勝】
2008年12月23日
壮泰 3R終了 判定2-0 KING OF KINGS TOUITSU in KOBE
【TOUITSU ライト級初代王者決定トーナメント 1回戦】
2008年12月23日
× シンマニー・ソー・シーソムポン 5R終了 判定0-3 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 16」
【ラジャダムナン&WMCスーパーライト級タイトルマッチ】
2008年3月9日
チャイディー・カー 3R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「BRAVE HEARTS 7」 2008年1月20日
ウイタヤーノーイ・シットクゥオンイム 1R 2:40 KO(右ストレート) 新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING V」 2007年12月9日
小宮由紀博 5R終了 判定2-0 新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS 2」 2007年9月16日
朴龍 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 14」
【日本ライト級タイトルマッチ】(防衛8)
2007年7月22日
小宮由紀博 5R 2:17 TKO(右肘打ち) 新日本キックボクシング協会「TITANS NEOS」 2007年4月22日
トンチャイ・ブンラット 1R 1:51 KO(左フック) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 13」 2007年3月11日
× イソラサック・シッセックサン 3R終了 判定0-3 新日本キックボクシング協会「BRAVE HERATS 4」 2007年1月21日
石原裕基 4R 0:17 TKO(右肘打ち) 新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING IV」
【日本ライト級タイトルマッチ】(防衛7)
2006年12月10日
中尾満 3R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 12」 2006年10月22日
デンラングー・トー.サーラデット 3R終了 判定0-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 11」 2006年7月16日
西山誠人 4R終了時 TKO(肘によるカット) 新日本キックボクシング協会「TITANS 3rd」 2006年4月28日
石原裕基 3R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 10」 2006年3月26日
ガンスワン・レッドムーン 3R終了 判定2-0 新日本キックボクシング協会「BRAVE HEARTS 1」 2006年1月29日
トゥンソンノーイ・シンポンローハー 3R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING III」 2005年12月11日
トンチャイ・ブンラット 1R 1:23 KO(右ハイキック) 新日本キックボクシング協会「小野寺力引退興行 NO KICK、NO LIFE~FINAL~」 2005年10月29日
ソンマイ・ケオセン 2R 2:30 TKO(タオル投入) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 9」 2005年10月23日
× ジャルンチャイ・ジョー.ラチャダーゴン 5R終了 判定0-3 新日本キックボクシング協会「TITANS 2nd」
【ラジャダムナンスタジアム認定ライト級タイトルマッチ】
2005年8月22日
デンターサイ・ギャットウィワット 3R終了 判定0-1 新日本キックボクシング協会「SLEDGE HAMMER」 2005年5月29日
マサル 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 7」
【日本ライト級タイトルマッチ】(防衛6)
2005年3月20日
星野豹 1R 1:22 TKO 新日本キックボクシング協会「ONWARD OPERATION II ~進攻~」 2005年1月16日
高修満 3R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「SOUL IN THE RING Ⅱ」 2004年12月12日
ソムラック・カムシン 3R終了 判定0-0 新日本キックボクシング協会「TITANS 1st」 2004年11月6日
ムアンファーレッグ・ギャットウィチアン 3R終了 判定1-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 5」 2004年7月11日
アタポン・ポー・サムラーンチャイ 3R終了 判定1-0 新日本キックボクシング協会「Super-Hybrid ~新鋭~」 2004年5月30日
朴龍 5R終了 判定1-1 新日本キックボクシング協会「スーパーキック」
【日本ライト級タイトルマッチ】(防衛5)
2004年4月18日
パリンヤー・ジョッキージム 2R 0:47 KO(右ローキック) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 4」 2004年3月21日
× ジョームタップ・クランセーンマハーサラーカム 5R終了 判定 新日本キックボクシング協会「FIGHT TO MUAY THAI 2003(タイ・ラジャダムナンスタジアム)」 2003年11月24日
マサル 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 3」
【日本ライト級タイトルマッチ】(防衛4)
2003年10月12日
ノッパガオ・ソーワンチャート 5R終了 判定1-1 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 2」 2003年7月26日
ジャカワーンレック・サックテーワン 3R 2:35 TKO(右肘打ち) 新日本キックボクシング協会「Touch and Go ~臨戦~」 2003年7月26日
ゲーンダラー・スワンアハンジャーヴィー 3R 2:27 TKO(左フック) 新日本キックボクシング協会「MAGNUM 1」 2003年3月23日
ジャッカル黒石 2R 2:07 TKO(右ローキック) 新日本キックボクシング協会「FIERCE BATTLE ~激戦~」 2003年2月16日
チュンロン・シットクングライ 5R KO 新日本キックボクシング協会「FIGHT TO MUAY THAI 2002(タイ・ラジャダムナンスタジアム)」 2002年12月1日
ギャットイサーン・スワンアハーンジャビー 4R 0:45 TKO(右ローキック) 新日本キックボクシング協会「ROAD TO MUAY-THAI 2002」 2002年10月20日
アダム・“アグレッサー”・ホーラハン 2R 0:32 KO(右フック) 新日本キックボクシング協会「RIKI ONODERA GREATEST HITS!」 2002年9月16日
井場洋貴 1R 2:43 KO(左フック) 新日本キックボクシング協会「BREAK AWAY~開拓~」
【日本ライト級タイトルマッチ】(防衛3)
2002年7月27日
朴炳圭 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「LOCK ON!~奪還~」 2002年5月26日
サーイヤン・チューワッタナ 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「GET FORWARD ~前進~」 2002年3月24日
× ムアンファーレッグ・ギャットウィチアン 2R 1:01 TKO(肘によるカット) 新日本キックボクシング協会「STRIKE BACK! ~逆襲~」 2002年1月27日
× ジャカワーンレック・サックテーワン 5R終了 判定0-3 新日本キックボクシング協会「FIGHT TO MUAY THAI 2001(タイ・ラジャダムナンスタジアム)」 2001年12月9日
ティティマー・ギャットプラサンチャイ 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「ROAD TO MUAY-THAI 2001」 2001年10月28日
マサル 5R終了 判定2-0 新日本キックボクシング協会「Take One」
【日本ライト級タイトルマッチ】(防衛2)
2001年9月16日
井場洋貴 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「The Star Fleet」 2001年5月27日
× ソンコム・ギアッヌクン 5R終了 判定0-3 新日本キックボクシング協会「REAL CHAMPION APPEARANCE」 2001年3月31日
中川タカシ 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「THE REMATCH~HEAVEN or HELL」
【日本ライト級タイトルマッチ】(防衛1)
2001年1月21日
× ガオグライ・ゲーンノラシン 5R終了 判定 新日本キックボクシング協会「FIGHT TO MUAY THAI 2000(タイ・ラジャダムナンスタジアム)」 2000年12月3日
シーサワット・サックムァンファングレーン 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「ROAD TO MUAY-THAI 2000」 2000年10月28日
朴炳圭 5R終了 判定0-0 新日本キックボクシング協会「THE STYLISH FORCE」 2000年9月10日
ムアンファーレッグ・ギャットウィチアン 5R終了 判定0-0 新日本キックボクシング協会「THE TITLE」 2000年5月5日
清水政和 5R 0:10 TKO(右肘打ち) 新日本キックボクシング協会「SATELITE」 2000年4月9日
鷹山真吾 2R 2:25 TKO(タオル投入) 新日本キックボクシング協会「DOUBLE IMPACT」
【日本ライト級タイトルマッチ】
2000年1月23日
中川タカシ 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会「Road to Muay-Thai 2nd」 1999年10月30日
花村繁幸 5R終了 判定3-0 新日本キックボクシング協会 1999年3月13日
鷹山真吾 判定 新日本キックボクシング協会 1998年3月28日
米田克盛 判定 新日本キックボクシング協会 1998年1月31日
花村繁幸 判定 新日本キックボクシング協会 1997年9月7日
木村倫恭 判定 新日本キックボクシング協会 1997年7月4日
小柳伸吾 判定 新日本キックボクシング協会 1996年12月22日
× 嘉数直 判定 新日本キックボクシング協会 1996年4月29日
× 兎英鉄 判定 新日本キックボクシング協会 1996年3月31日
藤田純 3R KO 新日本キックボクシング協会 1996年1月28日

獲得タイトル[編集]

  • アマチュア
  • プロ
    • TOUITSU ライト級王座
    • 新日本キックボクシング協会 ライト級王座(8度防衛)
    • 2004年度 第37回内閣総理大臣杯日本プロスポーツ大賞 新人賞受賞(2005年1月24日)
    • ラジャダムナン・スタジアム スーパーライト級王座(2度防衛)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]