近藤利一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Riichi-Kondoh20100515.jpg

近藤 利一(こんどう りいち、1942年9月1日 - )は、大阪府大阪市北区にあるはつり建築解体工事会社「合建株式会社」代表取締役会長。また中央競馬馬主として、日本馬主協会連合会の労務・預託委員長、日本中央競馬会運営審議会委員を務めている。徳島県三好市出身[1]

馬主としての近藤[編集]

英語で「賞賛・感心」を意味する「アドマイヤ」の冠名で知られ、現在日本を代表する馬主の一人である。預託する厩舎橋田満松田博資友道康夫中尾秀正など。勝負服は水色・白袖・青鋸歯形模様であり、所有馬は自身のイニシャルである「RK」の刺繍が入ったメンコをつけている場合が多い。

元来ギャンブルは嫌いであったが、友人に競馬場に誘われたことをきっかけに競馬に興味を持ち、1984年中央競馬馬主資格を取得した。初めての持ち馬はカイタイオーという馬で、管理調教師は今でも近藤の馬を多く管理している橋田満だった。

妻の近藤英子も馬主で、2007年皐月賞で所有馬のヴィクトリーが勝利を収めており、同年は夫婦揃ってGI級競走を勝利している。ただし英子所有馬には冠名は付けられていない。

成績[編集]

1996年にアドマイヤボサツで初めて中央競馬の重賞(平安ステークス)を制覇。1999年アドマイヤベガ東京優駿(日本ダービー)を制してからは毎年のようにGI競走に所有馬を送り出しており、2005年にはGI競走21レースのうち15レースに出走を果たし、リーディングオーナーランキングでも個人馬主としては1位を獲得した(総合では5位)。

2007年にはアドマイヤムーンドバイデューティーフリーに優勝し、海外G1を初めて制覇した。そして春のGI戦線を締め括る宝塚記念でも優勝。その後アドマイヤムーンをダーレー・ジャパンに金銭トレードしたことでも話題となった。

2008年は年明けからアドマイヤフジアドマイヤモナークなどが重賞を制し、5月4日天皇賞(春)までに所有馬が重賞を7勝する活躍をみせ、その天皇賞(春)では個人馬主としてGI史上最多及び天皇賞史上最多タイ[2]となる4頭[3]の所有馬を出走させた。その内のアドマイヤジュピタが優勝し、所有馬の中央競馬GI通算10勝目となった。なお、その前日に行われた青葉賞アドマイヤコマンドが制しており、土日重賞制覇も達成している。

その他の活動[編集]

競馬は紳士の競技であるとの考えから、マナーを弁えない競馬ファンの存在を嘆く一方、毎年老人福祉のため妻名義で大阪市役所や所有馬のファンクラブなどに賞金の一部をそれぞれ寄付するなど、篤志家としての側面もある。

人間関係[編集]

調教師の中でも橋田満を重用し、毎年所有馬を預けている。それは「私が馬主になったのと、彼が調教師になったのが、同じ年」だからということと、「ダービーを勝った調教師は然るべき処遇をされるべき」と考えているからだという[4]

かつて、所有馬に執拗に武豊を乗せたがる傾向があった。ディープインパクトも出走登録していた2006年天皇賞(秋)の前に、「ディープが出走しても豊は譲らん!」という趣旨の発言をしたといわれる。

元プロ野球投手の佐々木主浩と親交があり、アドマイヤマジンという馬を共同所有している。

競馬界や北海道の牧場では「近藤会長」と呼ばれている。

主な所有馬[編集]

GI級競走優勝馬[編集]

重賞競走優勝馬[編集]

その他[編集]

大相撲と近藤[編集]

大相撲力士小錦の後援会長を務めていたことがある[8]2007年8月には、横綱朝青龍を巡る騒動の最中に朝青龍の自宅を訪ねたことで、有力な支援者であることが判明。2008年5月には、日本相撲協会から「木戸御免証」を贈られたと報道された[9]。2008年10月には出身地の三好市で行われた巡業の勧進元を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 三好市役所秘書広報課 (2008年11月). “大相撲秋巡業三好場所 大相撲が来た日 (PDF)” (日本語). 市報みよし 第33号. pp. 4. 2009年1月23日閲覧。
  2. ^ 天皇賞では2006年春にサンデーレーシングアイポッパーなど4頭を出走させている。
  3. ^ アドマイヤジュピタ、アドマイヤフジ、アドマイヤメイン、アドマイヤモナークの4頭
  4. ^ KKベストセラーズ『2005~2006年 最強のPOG青本』参照
  5. ^ アドマイヤリードがGI初制覇! 上位人気は総崩れの結果に/ヴィクトリアマイルnetkeiba.com、2017年5月14日閲覧
  6. ^ 2015年レース結果netkeiba.com 2015年1月19日閲覧
  7. ^ 2015年レース結果 - netkeiba.com  2015年4月1日閲覧
  8. ^ 競馬最強の法則【おウマの玉手箱】 (2007年8月13日). “騒動渦中の朝青龍のタニマチ” (日本語). 2008年6月2日閲覧。
  9. ^ スポニチアネックス (2008年5月4日). “「アドマイヤ」総裁に“本場所観戦フリーパス”” (日本語). 2008年6月2日閲覧。