第63回菊花賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
映像外部リンク
2002 菊花賞
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

第63回菊花賞(だい63かいきっかしょう)は、2002年10月20日京都競馬場で施行された競馬競走である。10番人気のヒシミラクルが優勝した。

レース施行時の状況[編集]

同年の牡馬クラシック戦線は混戦状態だったが、そこから一歩抜け出したのはノーリーズンだった。ノーリーズンはトライアル神戸新聞杯で東京優駿3着のシンボリクリスエスに敗れたものの、シンボリクリスエスは菊花賞ではなく天皇賞(秋)に回った為、骨折からの復活が期待され1番人気に支持された。

他には、ラジオたんぱ杯2歳ステークス3着後、骨折で長期休養を強いられ、休み明けのセントライト記念で2着に入ったアドマイヤマックス、東京優駿・神戸新聞杯4着のメガスターダム宝塚記念3着のローエングリン、前年の2歳王者で札幌記念4着のアドマイヤドン、セントライト記念の勝ち馬バランスオブゲームなどが有力馬に挙げられた。

トライアルの結果[編集]

第50回神戸新聞杯
着順 競走馬名 騎手 タイム 着差
1 シンボリクリスエス 牡3 岡部幸雄 1.59.1
2 ノーリーズン 牡3 武豊 1.59.5 2馬身1/2
3 ナムラサンクス 牡3 橋本美純 2.01.2 2馬身
第56回セントライト記念
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1 バランスオブゲーム 牡3 田中勝春 2.12.9
2 アドマイヤマックス 牡3 後藤浩輝 2.15.9 1馬身1/2
3 マイネルアムンゼン 牡3 嘉藤貴行 2.16.6 1/2馬身

出走馬と枠順[編集]

ダービー馬のタニノギムレットが故障で回避、シンボリクリスエスが天皇賞(秋)へ路線変更等、有力馬の回避があった。

枠番 馬番 競走馬名 騎手 オッズ 調教師
1 1 ナムラサンクス 牡3 橋本美純 80.1(14人) 松永善晴
2 ヒシミラクル 牡3 角田晃一 36.6(10人) 佐山優
2 3 アドマイヤドン 牡3 藤田伸二 11.4(5人) 松田博資
4 ダイタクフラッグ 牡3 太宰啓介 122.3(17人) 鹿戸明
3 5 キーボランチ 牡3 熊沢重文 130.5(18人) 宮徹
6 ノーリーズン 牡3 武豊 2.5(1人) 池江泰郎
4 7 ファストタテヤマ 牡3 安田康彦 91.3(16人) 安田伊佐夫
8 ダンツシェイク 牡3 河内洋 22.6(9人) 山内研二
5 9 レニングラード 牡3 池添謙一 19.7(9人) 音無秀孝
10 ヤマノブリザード 牡3 柴田善臣 19.6(7人) 藤沢和雄
6 11 タイガーカフェ 牡3 蛯名正義 38.8(11人) 小島太
12 ローエングリン 牡3 岡部幸雄 9.1(4人) 伊藤正徳
7 13 バンブーユベントス 牡3 幸英明 73.9(13人) 田島良保
14 メガスターダム 牡3 松永幹夫 9.1(3人) 山本正司
15 シンデレラボーイ 牡3 福永祐一 86.5(15人) 中竹和也
8 16 バランスオブゲーム 牡3 田中勝春 14.1(6人) 宗像義忠
17 マイネルアムンゼン 牡3 嘉藤貴行 54.2(12人) 田中清隆
18 アドマイヤマックス 牡3 後藤浩輝 4.8(2人) 橋田満

レース結果[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 着差
1 1 2 ヒシミラクル 3.05.9
2 4 7 ファストタテヤマ 3.05.9 ハナ
3 7 14 メガスターダム 3.06.0 1/2馬身
4 2 3 アドマイヤドン 3.06.4 2馬身1/2
5 8 16 バランスオブゲーム 3.06.5 クビ
6 5 9 レニングラード 3.06.6 3/4馬身
7 7 13 バンブーユベントス 3.06.7 3/4馬身
8 4 8 ダンツシェイク 3.07.0 1馬身3/4
9 5 10 ヤマノブリザード 3.07.2 1馬身1/4
10 1 1 ナムラサンクス 3.07.4 1馬身1/2
11 8 18 アドマイヤマックス 3.08.1 4馬身
12 3 5 キーボランチ 3.09.7 10馬身
13 6 11 タイガーカフェ 3.10.1 2馬身1/2
14 8 17 マイネルアムンゼン 3.11.0 5馬身
15 7 15 シンデレラボーイ 3.11.7 4馬身
16 6 12 ローエングリン 3.13.8 大差
17 2 4 ダイタクフラッグ 3.35.5 大差
中止 3 6 ノーリーズン

レース展開[編集]

スタート直後、1番人気ノーリーズン鞍上の武豊が落馬。これで110億円以上の馬券が露と消えた。1番人気の落馬という大波乱で始まったレースは、ローエングリンとダイタクフラッグが逃げる展開。人気のアドマイヤマックス、メガスターダムは後方待機策。3コーナーを曲がるとメガスターダムがまくり、先頭に躍り出る。そして2番手にヒシミラクルとヤマノブリザード。逃げたローエングリンは後退。直線に入ると、徐々にメガスターダムとヒシミラクルが抜け出し、ヒシミラクルが先頭に立ち勝負決したかと思われたが、大外からファストタテヤマが急追。2頭並んで入線した。勝ったのはヒシミラクルだった。

データ[編集]

1000m通過タイム 58.3秒(ローエングリン)
2000m通過タイム 124.7秒(ローエングリン)
上がり4ハロン 48.0秒
上がり3ハロン 35.4秒
優勝馬上がり3ハロン 35.2秒

払戻[編集]

単勝式 2 3660円
複勝式 2 880円
7 2250円
14 330円
枠連 1-4 8390円
馬連 2-7 96070円
ワイド 2-7 20170円
2-14 3680円
7-14 12170円
馬単 2-7 182540円
3連複 2-7-14 344630円

達成された記録[編集]

レースにまつわるエピソード[編集]

  • 大きく離れた17着のダイタクフラッグは鼻出血を発症していた。
  • サッカーボーイ産駒は1999年のナリタトップロードに次ぐ菊花賞2勝目を挙げたが、サッカーボーイ自身はステイヤーではなく、マイルから中距離路線で活躍していた。
  • 1番人気のノーリーズンが落馬した菊花賞当日から10日後の東海菊花賞では、2番人気と同じく人気を集めていた、安藤勝己騎乗のレジェンドハンターも落馬した。
  • 当競走は芝3000mのレースであったが、出走馬の中にはこのレースの後に路線転向し大活躍を収めた馬も多い。アドマイヤドンは当競走から中1週で出走したJBCクラシック圧勝をきっかけにダート路線の頂点に上り詰め、アドマイヤマックスはマイル・短距離路線に転向、2005年の高松宮記念を勝つに至った。他にもGII最多勝記録を更新することになるバランスオブゲームや、8歳で重賞やオープン特別で勝ち鞍を挙げ、息の長い活躍を続けるローエングリン・ファストタテヤマ・タイガーカフェ等がいた。