アサカオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アサカオー
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1965年5月12日
死没 1980年7月29日
ヒンドスタン
ナミノオト
生国 日本(北海道浦河町)
生産 中村吉兵衛
馬主 浅香源二
調教師 中村広(東京)
競走成績
生涯成績 24戦8勝
獲得賞金 8306万5400円
 
勝ち鞍
八大競走 菊花賞 1968年
テンプレートを表示

アサカオーとは日本競走馬である。

1968年に行われた第29回菊花賞の優勝馬で、同年の啓衆社賞年度代表馬である。

主戦騎手は、当時関東ナンバーワン騎手だった加賀武見

父は三冠馬シンザンを出した大種牡馬ヒンドスタンで、近親にはエプソムダービー優勝馬ピンザがいるという血統背景から、「良血」あるいは「貴公子」などと称された。

馬齢は、当時の旧表記(数え年)で統一する。

戦績[編集]

1967年10月中山競馬場でデビューした。

初戦こそ2着だったが、以後2連勝で朝日杯3歳ステークスに出走した。終生のライバルとなるタケシバオーとの初対戦だったが、勝ったタケシバオーから1秒2離された3着という結果だった。

アサカオーが「良血」なのに対し、タケシバオーは、父系及び母系に活躍馬がいなかったことから「野武士」と称されるなど対照的な個性を持っていたことも、これ以降のライバル関係を盛り上げる要因となったといわれる。

明け4歳初戦の京成杯は2着、続くオープン戦を2・1着として弥生賞に向かった。タケシバオー・マーチスという東西の3歳チャンピオンも出走し、後の3強がここで初めて揃っての出走となった。レースでは暴走気味のハイペースでとばすタケシバオーの後方に待機し、直線で抜け出し、初重賞制覇を挙げた。

続く日本短波賞もマーチスをハナ差抑えて勝ったが、スプリングステークスは2強の後塵を拝す3着として、皐月賞は3番人気で迎えた。レースでは後方待機から向こう正面で徐々に進出し、4コーナーでタケシバオーに取り付いた。直線は2頭の激しい叩き合いとなったが、大外から伸びたマーチスに屈し、3着に終わった。しかし、4着馬との差は5馬身ついており、3強の実力が抜きん出ていたことを物語っていた。

この後、出走を予定していたNHK杯を腹痛のため回避、東京優駿(日本ダービー)に向け不安を残す形となった。当日の人気は、マーチス・タケシバオーに続く3番人気だった。レースは中団からレースを進めたが、他の2強を牽制して動けず、その隙を突いて逃げ切ったタニノハローモアの3着という結果だった。

この後休養に入り、秋はセントライト記念から始動。復帰戦を勝利したが、続く京都杯は、またもタニノハローモアの2着となり、菊花賞に出走した。3強の一角タケシバオーはアメリカ遠征のため不在だったため、1番人気の皐月賞馬マーチスとの一騎討ちという前評判で、アサカオーは2番人気だった。レースでは後方待機策を採り直線でタニノハローモア・マーチスを並ぶ間もなく交わし、ダテホーライに1馬身4分の1差をつけ優勝した。

この年の有馬記念では菊花賞制覇の勢いもあり1番人気に推されたが、不良馬場で伸びを欠き、勝利したリユウズキから離れた6着に終わった。

この年の年度代表馬には、天皇賞(春)を18馬身の記録的大差、宝塚記念をレコードで勝ったヒカルタカイは選ばれず、皐月賞3着、東京優駿(日本ダービー)3着、菊花賞1着、有馬記念6着の本馬が選ばれた。

5歳となり、初戦のアメリカジョッキークラブカップは、モンタサンをハナ差抑えて勝利したが、この後は60キロを超える斤量の影響で、京王杯スプリングハンデ大阪杯をそれぞれ3着・2着として、天皇賞(春)に向かった。前年の東京優駿以来の3強対決となったが、タケシバオーから2馬身差の2着に敗れた。

この後、11ヶ月の長期休養を経て6歳時に復帰した。しかし、4戦して1勝も出来ないまま引退することとなった。

引退後[編集]

引退後は、日本中央競馬会に買い上げられ、青森県の扶桑牧場で1971年から種牡馬として供用される事となった。

1979年には、同県の山内牧場に移り、翌年腸捻転のため死亡した。

馬産の中心から外れた青森県が供用地だった事もあり種付け頭数も伸び悩み、生涯で残した産駒は僅かに46頭で、活躍馬を輩出する事は出来なかった。

年度別競走成績[編集]

  • 1967年 (4戦2勝)
    • 3着 朝日杯3歳ステークス
  • 1968年 (12戦5勝)
    • 1着 菊花賞、弥生賞、日本短波賞、セントライト記念
    • 3着 皐月賞、東京優駿
  • 1969年 (4戦1勝)
    • 1着 アメリカジョッキークラブカップ
    • 2着 天皇賞(春)
  • 1970年 (4戦0勝)

血統表[編集]

アサカオー血統ボワルセル系Gainsborough4×5=9.38%、Swynford5×5=6.25%) (血統表の出典)

*ヒンドスタン
Hindostan
1946 黒鹿毛
父の父
Bois Roussel
1935 黒鹿毛
Vatout Prince Chimay
Vasthi
Plucky Liege Spearmint
Concertina
父の母
Sonibai
1939 鹿毛
Solario Gainsborough
Sun Worship
Udaipur Blandford
Uganda

ナミノオト
1958 鹿毛
Borealis
1941 栗毛
Brumeux Teddy
La Brume
Aurora Hyperion
Rose Red
母の母
*ヴエルーラ
Verula
1951 鹿毛
Watling Street Fairway
Ranai
Valasqua Valerian
Pasqua F-No.3-i

外部リンク[編集]