第83回東京優駿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京優駿 > 第83回東京優駿
ゴール板付近の様子
映像外部リンク
2016 日本ダービー
レース映像 jraofficial(JRA公式YouTubeチャンネル)による動画

第83回東京優駿は、2016年5月29日東京競馬場で施行された、競馬競走である[1]

出走馬の状況[編集]

皐月賞を人気薄ながら勝利したディーマジェスティをはじめ、同レース2着で、若駒ステークス弥生賞を勝っていたマカヒキ、また3着になったきさらぎ賞勝ち馬のサトノダイヤモンドや前年の朝日杯フューチュリティーステークスを制したリオンディーズ、そのレースで2着のエアスピネルなどが出走を決めた。

またトライアル競走を勝った馬については、青葉賞勝ち馬ヴァンキッシュランプリンシパルステークス勝ち馬のアジュールローズがいる。これらの馬たちも出走を決めた。トライアル競走ではないが、京都新聞杯を勝ったスマートオーディンも出走した。

トライアル競走の結果[編集]

第76回皐月賞 GI

  • 中山・芝2000mで施行[2]
  • 4着以内に優先出走権が与えられる。
着順 競走馬名 騎手 タイム 着差
1着 ディーマジェスティ 牡3 蛯名正義 1:57.9 レースレコード
2着 マカヒキ 牡3 川田将雅 1:58.1 1馬身1/4
3着 サトノダイヤモンド 牡3 C.ルメール 1:58.3 1馬身1/4
4着 エアスピネル 牡3 武豊 1:58.4 ハナ
5着 リオンディーズ 牡3 M.デムーロ 1:58.4 1/2馬身

※最後の直線でのリオンディーズのエアスピネル及びサトノダイヤモンドに対する進路妨害[注 1]により、リオンディーズは4位入線から5着に降着、エアスピネルは4着となった。

第23回青葉賞 GII

  • 東京・芝2400mで施行。
  • 2着以内に優先出走権が与えられる。
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1着 ヴァンキッシュラン 牡3 内田博幸 2:24.2
2着 レッドエルディスト 牡3 四位洋文 2:24.4 1馬身1/4
3着 レーヴァテイン 牡3 C.ルメール 2:24.9 3馬身

プリンシパルステークス OP

  • 東京・芝2000mで施行。
  • 1着馬に優先出走権が与えられる。
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1着 アジュールローズ 牡3 H.ボウマン 1:59.2
2着 マイネルラフレシア 牡3 柴田大知 1:59.4 1馬身1/4
3着 ゼーヴィント 牡3 石川裕紀人 1:59.5 3/4馬身

その他の主な前哨戦の結果[編集]

第21回NHKマイルカップ GI

  • 東京・芝1600ⅿで施行。
着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1着 メジャーエンブレム 牝3 C.ルメール 1:32.8
2着 ロードクエスト 牡3 池添謙一 1:32.9 3/4馬身
3着 レインボーライン 牡3 福永祐一 1:32.9 クビ

第64回京都新聞杯 GII

着順 競走馬名 性齢 騎手 タイム 着差
1着 スマートオーディン 牡3 戸崎圭太 2:12.6
2着 アグネスフォルテ 牡3 松山弘平 2:12.7 3/4馬身
3着 ロイカバード 牡3 池添謙一 2:12.9 1馬身1/2

出走馬と枠順[編集]

2016年5月29日 第2回東京競馬第12日目 第10競走
天気:晴れ、馬場状態:良、発走時刻:15時40分
枠番 馬番 競走馬名 性齢 騎手 オッズ 人気 馬体重
1 1 ディーマジェスティ 牡3 蛯名正義 3.5倍 1 472
2 マイネルハニー 牡3 柴田大知 175.1倍 14 464
2 3 マカヒキ 牡3 川田将雅 4.0倍 3 502
4 レインボーライン 牡3 福永祐一 155.4倍 12 432
3 5 エアスピネル 牡3 武豊 21.3倍 7 476
6 アグネスフォルテ 牡3 松山弘平 274.5倍 16 430
4 7 ロードクエスト 牡3 岩田康誠 70.0倍 9 450
8 サトノダイヤモンド 牡3 C.ルメール 3.8倍 2 500
5 9 マウントロブソン 牡3 T.ベリー 89.8倍 10 468
10 スマートオーディン 牡3 戸崎圭太 11.7倍 5 480
6 11 アジュールローズ 牡3 H.ボウマン 159.4倍 13 492
12 リオンディーズ 牡3 M.デムーロ 5.5倍 4 496
7 13 レッドエルディスト 牡3 四位洋文 57.8倍 8 504
14 ヴァンキッシュラン 牡3 内田博幸 16.6倍 6 496
15 イモータル 牡3 石川裕紀人 268.6倍 15 514
8 16 ブレイブスマッシュ 牡3 横山典弘 350.6倍 17 476
17 プロフェット 牡3 浜中俊 375.5倍 18 456
18 プロディガルサン 牡3 田辺裕信 104.0倍 11 488

レース結果[編集]

レース内容[編集]

スタートは4番のレインボーラインと9番のマウントロブソンがスタートの出が良くなく、後方からの競馬に。一方で好スタートを切ったのは、マイネルハニー。エアスピネルもなかなかのスタートを切った。

先頭に立ったのはマイネルハニー。2番手にはアグネスフォルテがつけた。前走かかってしまったリオンディーズは前には行かず、後ろに下げた。人気のマカヒキ、サトノダイヤモンド、ディーマジェスティは中団あたりに位置をとった。

向正面では前から4・5番手にエアスピネル、中団やや前にサトノダイヤモンド、その内にマカヒキ、その後ろからディーマジェスティといった展開になった。 前半1000mは約60秒で通過した。 第3コーナーにかけても、依然としてマイネルハニーが先頭のままレースは進んだ。

そして迎えた最後の直線。 マイネルハニーが前で粘るが、エアスピネルが早めにそれをかわし先頭に立った。その後ろにマカヒキ、並んでサトノダイヤモンドが位置し、大外から二冠を狙うディーマジェスティもやってきた。その頃マカヒキはエアスピネルが壁となり出てこられなくなってしまった。だがここでサトノダイヤモンドが外へ膨れたため、マカヒキは間から抜け出すことができ、サトノダイヤモンドに並びかけた。そして残り150mの地点で粘り続けるエアスピネルをサトノダイヤモンドとマカヒキ、その後ろにいたディーマジェスティが交わし、勝負は完全にマカヒキとサトノダイヤモンドの2頭の争いとなった。両者一歩も譲らない激しい叩き合いが続き、並んだままほぼ同時にゴールした。 ゴールしたあと、叩き合いを演じた両馬の騎手が手をつないで健闘をたたえた。 そして、長い写真判定の末、マカヒキに軍配が上がった[1]。2頭の差はわずかに8cmだった[3]

一方、二冠を目指したディーマジェスティは、前の2頭の後方で3着に敗れた[1]

レース着順[編集]

着順 枠番 馬番 競走馬名 タイム 上がり3ハロン 着差
1 2 3 マカヒキ 2:24.0 33.3
2 4 8 サトノダイヤモンド 2:24.0 33.4 ハナ
3 1 1 ディーマジェスティ 2:24.1 33.3 1/2馬身
4 3 5 エアスピネル 2:24.4 34.0 2馬身
5 6 12 リオンディーズ 2:24.5 33.2 1/2馬身
6 5 10 スマートオーディン 2:24.5 33.6 ハナ
7 5 9 マウントロブソン 2:24.6 33.5 1/2馬身
8 2 4 レインボーライン 2:24.7 33.7 クビ
9 7 13 レッドエルディスト 2:24.8 33.7 3/4馬身
10 8 18 プロディガルサン 2:24.9 34.7 クビ
11 4 7 ロードクエスト 2:25.0 34.2 3/4馬身
12 6 11 アジュールローズ 2:25.1 34.7 1/2馬身
13 7 14 ヴァンキッシュラン 2:25.4 34.7 1馬身3/4
14 3 6 アグネスフォルテ 2:25.4 35.4 クビ
15 7 15 イモータル 2:25.8 34.9 2馬身1/2
16 1 2 マイネルハニー 2:25.9 36.1 クビ
17 8 17 プロフェット 2:26.1 36.0 1馬身1/2
18 8 16 ブレイブスマッシュ 2:35.1 42.1 大差

データ[編集]

ハロンタイム 12.6-11.1-11.9-12.1-12.3-12.9-13.1-11.8-12.0-11.6-11.0-11.6
1000m通過タイム 60秒0(マイネルハニー)
上がり4ハロン 46秒2
上がり3ハロン 34秒2
優勝馬上がり3ハロン 33秒3(マカヒキ)
上がり3ハロン最速 33秒2(リオンディーズ)

制裁[編集]

プロフェット騎乗の浜中俊は、第1コーナーで内側に斜行、過怠金30,000円(被害馬:6番 アグネスフォルテ)

払戻[編集]

単勝 3 (3番人気) 400円
複勝 3 (3番人気) 130円
8 (2番人気) 120円
1 (1番人気) 140円
枠連 2-4 (2番人気) 700円
馬連 3-8 (1番人気) 700円
ワイド 3-8 (1番人気) 240円
1-3 (2番人気) 280円
1-8 (3番人気) 310円
馬単 3-8 (3番人気) 1,420円
3連複 1-3-8 (1番人気) 850円
3連単 3-8-1 (5番人気) 4,600円

エピソード[編集]

競走にまつわるエピソード[編集]

  • サトノダイヤモンドは、向正面で左後肢を落鉄するアクシデントに見舞われていた。
  • 上位の3頭は全てディープインパクト産駒であった。
  • 「第83回」東京優駿の勝ち馬の馬番は「3」、2着馬の馬番は「8」であった。

その他[編集]

達成された記録[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ エアスピネルの外側にはサトノダイヤモンドもおり、同馬も不利を受けたが、加害馬に先着したため降着には関係なかった。

出典[編集]

  1. ^ a b c 2016年日本ダービーの結果・払戻 netkeibaより 2016年11月11日閲覧。
  2. ^ 2016年皐月賞の結果・払戻 netkeibaより 2016年11月13日閲覧
  3. ^ a b “【日本ダービー】マカヒキ8センチ鼻差で世代頂点に!川田が泣いた”. スポーツニッポン. (2016年5月30日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2016/05/30/kiji/K20160530012683630.html 2017年3月1日閲覧。