コマツヒカリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コマツヒカリ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1956年2月28日
死没 不明
トサミドリ
イサベリーン
生国 日本の旗 日本青森県七戸町
生産 盛田牧場
馬主 小松重雄
調教師 大久保房松中山
競走成績
生涯成績 35戦6勝
獲得賞金 990万6275円
テンプレートを表示

コマツヒカリ日本競走馬。第26回東京優駿(日本ダービー)優勝馬である。第24回の勝馬ヒカルメイジの異父弟であり東京優駿は兄弟制覇となる。

経歴[編集]

デビュー戦から東京優駿までに10戦3勝、重賞は未勝利だったがトライアル競走NHK杯を3着と好走しており、3番人気で東京優駿に出走した。1番人気は皐月賞優勝馬でNHK杯も制していたウイルデイールだったが、競走数日前より雨が降り続き、当日は同馬が苦手とする不良馬場となっていた。

逆にコマツヒカリは、騎乗する古山良司が「雨が降ったら勝つ」と宣言していたほどの重馬場巧者であり、古山は後に「夢のようだった。内心で小躍りしながら『もっと降れ、もっと降れ』と叫んでいた」と述懐している[1]。レースでも重馬場に苦労するウイルデイールを尻目に第3コーナーで中団から進出、直線入り口から他馬が避ける荒れた馬場内側を付いて鋭く伸び、カネチカラに2馬身半の差をつけ優勝。史上2組目の兄弟ダービー馬となり、古山もダービー初勝利を果たした。

その後は菊花賞ハククラマの6着、有馬記念ガーネツトの5着となかなか勝てなかったが、東京優駿からほぼ1年後の東京杯をレコードで制覇し、2つ目の重賞タイトルを獲得する。その年の有馬記念でスターロツチの3着に敗れ翌年の金杯7着を最後に現役を退いた。

引退後は種牡馬となったが産駒京都4歳特別に優勝したメイセイヒカリ程度で1973年に種牡馬を引退している。

血統表[編集]

コマツヒカリ血統ブランドフォード系 / Dark Ronald4×5=9.38%・母内) (血統表の出典)
父系

トサミドリ 1946
鹿毛 日本
父の父
*プリメロ
Primero 1931
鹿毛 イギリス
Blandford Swynford
Blanche
Athasi Farasi
Athgreany
父の母
*フリッパンシー
Flippancy 1912
鹿毛 イギリス
Flamboyant Tracery
Simonath
Slip Robert le Diable
Snip

*イサベリーン
Isabelline
1944 黒鹿毛
Canon Law 1930
鹿毛 イギリス
Colorado Phalaris
Canyon
Book Law Buchan
Popingaol
母の母
Legal Tender 1928
鹿毛 イギリス
Son-in-Law Dark Ronald
Mother-in-Law
Beloved Beppo
Silesia F-No.10-a
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

脚注[編集]

  1. ^ 『書斎の競馬』第12号(飛鳥新社、2000年)113頁。

外部リンク[編集]