この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

大儀見優季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
永里 優季 Football pictogram.svg
Yūki Nagasato 2012.jpg
名前
本名 永里 優季
カタカナ ナガサト ユウキ
ラテン文字 NAGASATO Yuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1987-07-15) 1987年7月15日(30歳)
出身地 神奈川県厚木市
身長 168cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム アメリカ合衆国の旗シカゴ・レッドスターズ
ポジション FW
背番号 12
利き足 右足
ユース
199?-199? 日本 林SC
199?-1999 日本の旗 FC厚木レディース
2000-2002 日本の旗 日テレ・メニーナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2009 日本の旗 日テレ・ベレーザ 110 (69)
2010-2013 ドイツの旗 トゥルビネ・ポツダム 72 (47)
2013-2014 イングランドの旗 チェルシーLFC 18 (5)
2015 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 9 (5)
2015-2017 ドイツの旗 1.FFCフランクフルト 16 (5)
2017-現在 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・レッドスターズ
代表歴2
2004- 日本の旗 日本 132 (58)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年5月16日現在。
2. 2016年7月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

大儀見 優季(おおぎみ ゆうき、1987年7月15日 - )は、神奈川県厚木市出身の女子サッカー選手。アメリカNWSL、シカゴ・レッドスターズ所属。ポジションはフォワード

実兄の永里源気、実妹の永里亜紗乃は2人共にサッカー選手である。

経歴

兄・永里源気の影響で小学1年生のころ林サッカークラブでサッカーを始める。FC厚木レディースを経て日テレ・メニーナに入団。13歳で最寄りの神奈川県厚木市立荻野中学校に通う。本人が「一生の思い出に残るゴール」という、中学生らしからぬ強く速いシュートで、大学生との試合に勝利したのはこの頃[1]。中学2年時には背番号10を付けてプレーし、同時に日テレ・ベレーザにも登録された。中学3年時にはU-18ユース選手権に出場。チームは優勝し大会最優秀選手賞を受賞した。また、日テレでも2試合に出場し、L・リーグデビューを飾った。

神奈川県立厚木東高校に進学した2003年は足の故障により出場機会に恵まれなかったが、2004年、アテネオリンピック・アジア予選のメンバーとして日本女子代表に初選出され、同年4月22日のタイ戦で代表戦デビューした。この頃から、チームでの練習後に個人的に行う居残り練習を始め、すでにブレ球も習得していた。居残り練習によく付き合っていた小野寺志保は、永里が世界的なストライカーになることを予感していたという[1]

2005年には5月21日キリンチャレンジカップニュージーランド戦で初得点をあげると、続くロシア遠征での2試合(ともにロシア女子代表と対戦)、東アジア女子サッカー大会2005壮行試合 (対戦相手: オーストラリア) で連続して得点をあげ、日本女子代表では最多タイ記録となる国際Aマッチ4試合連続得点を達成した[2]東アジア女子サッカー大会2005にも出場したが、この時は無得点に終わった。

2006年7月にオーストラリアで行われた2006 AFC女子アジアカップではチャイニーズタイペイ戦で5得点を含む合計7得点を挙げ、同じゴール数を上げた韓国代表鄭政淑とともに大会得点王になった[3]。 2007年に中華人民共和国にて開催された2007 FIFA女子ワールドカップに日本代表の一員として出場。グループリーグ第1戦 (対戦相手: イングランド) では後半86分に磯崎浩美と交代する形で出場した[4]。第2戦 (対戦相手: アルゼンチン) では先発出場、後半ロスタイムに決勝点となる得点を挙げた[5]。第3戦 (対戦相手: ドイツ) にも先発出場したが、76分に宮本ともみと交代した[6]。 2010年1月より、女子ブンデスリーガ1部所属のFF USVイェーナの練習に参加[7]していたが、その後同リーグ1部所属の1.FFCトゥルビネ・ポツダムへのプロ契約による加入が発表された[8][9]。日本人史上初のUEFA女子チャンピオンズリーグ決勝戦では、後半21分から試合に出場し、PK戦でも6人目のキッカーを務め優勝に貢献した[10]。2010年3月に東海大学体育学部を卒業。

2011 FIFA女子ワールドカップでは、全試合出場し1得点を挙げるなど、日本の優勝に貢献。アジア人として初の欧州CLとW杯制覇。

2011年7月、メンタルトレーニングコンサルタントの大儀見浩介と入籍したことを、本人のブログで公表した[11]。2012年6月9日に結婚披露宴を行った[12]。これに伴い、日本サッカー協会に対して「大儀見優季」名義での登録名変更申請を行い、ロンドンオリンピックから大儀見名義でサッカー選手活動を行うこととなった[13]

ロンドンオリンピックでは全試合に出場し、チームトップの3得点を挙げるなど銀メダル獲得に大きく貢献した。

オリンピック凱旋パレード(2012年8月19日撮影)

2012-13シーズン、リーグ戦で18得点を挙げる活躍を見せ、初のブンデスリーガ得点王に輝いた[14]

2013年7月、イングランドFA女子スーパーリーグチェルシーLFCへの移籍が発表された。

2015年1月、ドイツブンデスリーガVfLヴォルフスブルクへ移籍[15]

2015年8月、1.FFCフランクフルトへの移籍が発表された[16]

2016年、リオデジャネイロオリンピックのサッカー女子アジア最終予選の日本代表メンバーに選出され、オーストラリア戦で1得点、ベトナム戦で1得点を挙げたが、チームは予選2位以内の可能性がなくなり五輪出場権を逃した[17][18]

同年4月6日、大儀見浩介と離婚したことを自身のブログで報告した[19]

2017年5月、1.FFCフランクフルトを退団し、アメリカNWSLのシカゴ・レッドスターズへと移籍した[20]。同年9月3日に行われたノースカロライナ・カレッジ戦に後半から途中出場し、後半9分に移籍後初得点となるゴールを記録した[21]

個人成績

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 皇后杯 期間通算
2001 日テレ・ベレーザ 25 L・リーグ 0 0 -
2002 23 2 0 -
2003 22 0 0 - 2 0 2 0
2004 20 L・リーグ1部
(L1)
13 3 -
2005 19 21 18 - 5 6 26 24
2006 なでしこ Div.1 16 18 - 3 2 19 20
2007 18 14 2 3 4 1 24 18
2008 20 9 - 3 2 23 11
2009 20 7 - 4 5 24 12
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2009-10 ポツダム 17 ブンデス1部 10 6 - 1 0 11 6
2010-11 21 10 1 3 5 6 27 19
2011-12 19 13 - 2 2 21 15
2012-13 22 18 - 5 2 27 20
イングランド リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2013 チェルシー 7 イングランド1部 5 0 - - 5 0
2014 13 5 - 4 1 17 6
ドイツ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
2014-15 ヴォルフスブルク 19 ブンデス1部 9 5 - 2 1 11 6
2015-16 1.FFCフランクフルト 9 16 5 - 2 3 18 8
通算 日本 1部 110 69 2 3 21 16 133 88
ドイツ 1部 97 57 1 3 17 14 115 74
イングランド 1部 18 5 - 4 1 22 6
総通算 225 131 3 6 42 31 270 168
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
UEFA 女子CL UEFA 女子CL
2009-10 ポツダム 17 5 2
2010-11 8 9
2011-12 6 7
2012-13 4 2
2014-15 ヴォルフスブルク 19 4 0
2015-16 1.FFCフランクフルト 9 5 1
通算 UEFA 女子CL 32 21

タイトル

  • 個人
    • なでしこリーグベストイレブン: 2回(2005,2006
    • なでしこリーグ得点王: 1回(2006
    • ブンデスリーガ得点王: 1回(2012-13)

代表歴

主な経歴

試合数


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2004 1 0
2005 9 6
2006 13 9
2007 12 4
2008 17 9
2009 3 0
2010 3 1
2011 17 3
2012 16 9
2013 12 6
2014 9 5
2015 13 3
2016 7 3
通算 132 58

(2016年7月21日現在)

ゴール

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2005年5月21日 日本の旗 東京 ニュージーランドの旗 ニュージーランド ○ 6-0 キリンチャレンジカップ2005
2.
3. 2005年5月26日 ロシアの旗 モスクワ ロシアの旗 ロシア ○ 4-2 親善試合
4. 2005年5月28日 ○ 2-0
5. 2005年7月23日 日本の旗 東京 オーストラリアの旗 オーストラリア ○ 4-2 東アジア女子サッカー大会2005壮行試合
6.
7. 2006年2月18日 日本の旗 袋井 ロシアの旗 ロシア ○ 2-0 キリンチャレンジカップ2006
8. 2006年7月19日 オーストラリアの旗 アデレード ベトナムの旗 ベトナム ○ 5-0 2006 AFC女子アジアカップ
9. 2006年7月21日 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 11-1
10.
11.
12.
13.
14. 2006年7月30日 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国 ● 2-3
15. 2006年12月10日 カタールの旗 ドーハ 大韓民国の旗 韓国 ○ 3-1 第15回アジア競技大会
16. 2007年7月28日 アメリカ合衆国の旗 サンノゼ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ● 1-4 親善試合
17. 2007年8月4日 ベトナムの旗 ハイフォン ベトナムの旗 ベトナム ○ 8-0 北京オリンピックアジア最終予選
18. 2007年8月12日 日本の旗 東京 タイ王国の旗 タイ ○ 5-0
19. 2007年9月14日 中華人民共和国の旗 上海 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ○ 1-0 2007 FIFA女子ワールドカップ
20. 2008年2月24日 中華人民共和国の旗 重慶 中華人民共和国の旗 中国 ○ 3-0 東アジアサッカー選手権2008
21. 2008年3月12日 キプロスの旗 ラルナカ オランダの旗 オランダ ○ 2-1 キプロス・カップ2008
22. 2008年5月29日 ベトナムの旗 ホーチミン 大韓民国の旗 韓国 ● 1-3 2008 AFC女子アジアカップ
23. 2008年5月31日 チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ ○ 11-0
24. 2008年6月2日 オーストラリアの旗 オーストラリア ○ 3-1
25. 2008年6月8日 ○ 3-0
26. 2008年7月24日 日本の旗 神戸 ○ 3-0 親善試合
27. 2008年7月29日 日本の旗 東京 アルゼンチンの旗 アルゼンチン ○ 2-0 キリンチャレンジカップ2008
28. 2008年8月15日 中華人民共和国の旗 秦皇島 中華人民共和国の旗 中国 ○ 2-0 北京オリンピック
29. 2010年5月24日 中華人民共和国の旗 成都 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国 ○ 2-1 2010 AFC女子アジアカップ
30. 2011年3月4日 ポルトガルの旗 ラゴス フィンランドの旗 フィンランド ○ 5-0 アルガルヴェ・カップ2011
31. 2011年3月7日 ポルトガルの旗 パルシャル ノルウェーの旗 ノルウェー ○ 1-0
32. 2011年6月27日 ドイツの旗 ボーフム ニュージーランドの旗 ニュージーランド ○ 2-1 2011 FIFA女子ワールドカップ
33. 2012年2月29日 ポルトガルの旗 パルシャル ノルウェーの旗 ノルウェー ○ 2-1 アルガルヴェ・カップ2012
34. 2012年3月7日 ポルトガルの旗 ファロ ドイツの旗 ドイツ ● 3-4
35. 2012年4月5日 日本の旗 神戸 ブラジルの旗 ブラジル ○ 4-1 キリンチャレンジカップ2012
36. 2012年6月18日 スウェーデンの旗 ハルムスタッド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ● 1-4 ボルボ・ウィナーズカップ
37. 2012年6月20日 スウェーデンの旗 ヨーテボリ スウェーデンの旗 スウェーデン ○ 1-0
38. 2012年7月11日 日本の旗 東京 オーストラリアの旗 オーストラリア ○ 3-0 キリンチャレンジカップ2012
39. 2012年8月3日 イギリスの旗 カーディフ ブラジルの旗 ブラジル ○ 2-0 ロンドンオリンピック
40. 2012年8月6日 イギリスの旗 ロンドン フランスの旗 フランス ○ 2-1
41. 2012年8月9日 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ● 1-2
42. 2013年3月11日 ポルトガルの旗 ファロ デンマークの旗 デンマーク ○ 2-0 アルガルヴェ・カップ2013
43. 2013年3月13日 中華人民共和国の旗 中国 ○ 1-0
44. 2013年6月20日 日本の旗 鳥栖 ニュージーランドの旗 ニュージーランド △ 1-1 キリンチャレンジカップ2013
45. 2013年6月29日 ドイツの旗 ミュンヘン ドイツの旗 ドイツ ● 2-4 親善試合
46. 2013年7月27日 大韓民国の旗 ソウル 大韓民国の旗 韓国 ● 1-2 東アジアカップ2013
47. 2013年9月22日 日本の旗 諫早 ナイジェリアの旗 ナイジェリア ○ 2-0 親善試合
48. 2014年3月10日 ポルトガルの旗 ファロ スウェーデンの旗 スウェーデン ○ 2-1 アルガルヴェ・カップ2014
49. 2014年5月14日 ベトナムの旗 ホーチミン オーストラリアの旗 オーストラリア △ 2-2 2014 AFC女子アジアカップ
50. 2014年5月16日 ベトナムの旗 ベトナム ○ 4-0
51. 2014年10月25日 カナダの旗 エドモントン カナダの旗 カナダ ○ 3-0 親善試合
52. 2014年10月28日 カナダの旗 バンクーバー ○ 3-2
53. 2015年5月28日 日本の旗 長野 イタリアの旗 イタリア ○ 1-0 キリンチャレンジカップ2015
54. 2015年6月16日 カナダの旗 ウィニペグ エクアドルの旗 エクアドル ○ 1-0 2015 FIFA女子ワールドカップ
55. 2015年7月5日 カナダの旗 バンクーバー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ● 2-5
56. 2016年2月29日 日本の旗 大阪 オーストラリアの旗 オーストラリア ● 1-3 リオ五輪サッカーアジア最終予選
57. 2016年3月7日 ベトナムの旗 ベトナム ○ 6-1
58. 2016年6月2日 アメリカ合衆国の旗 コマースシティ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 △ 3-3 親善試合

テレビ出演

脚注

  1. ^ a b 『なでしこの誓い 世界一の心のきずな物語』ISBN:9784052035203、学研教育出版、2012年10月16日、69-90頁
  2. ^ 同様の記録を、1993年には高倉麻子が、2003年には澤穂希が達成しており、永里は3人目となる。
  3. ^ AFC Women's Asian Cup 2006 Awards(英語)AFC公式サイト 2007.9.14付ニュースリリース
  4. ^ 2007 FIFA Women's World Cup Japan vs. England Match Report (英語) FIFA公式サイト 2010.1.21 05:22 (UTC) 閲覧
  5. ^ Japan leave it late again (英語) FIFA公式サイト 2010.1.21 05:26 (UTC) 閲覧
  6. ^ 2007 FIFA Women's World Cup Germany vs. Japan Match Report (英語) FIFA公式サイト 2010.1.21 05:30 (UTC) 閲覧
  7. ^ 永里優季選手がドイツFF USV Jenaの練習に参加します 日テレ・ベレーザ公式サイト 2010.1.9付ニュースリリース
  8. ^ 永里優季選手移籍のお知らせ 日テレ・ベレーザ公式サイト 2010.1.20付ニュースリリース
  9. ^ Japanische Nationalspielerin Yuki Nagasato spielt zukünftig in Potsdam (ドイツ語) 1.FFCトゥルビネ・ポツダム公式サイト 2010.1.20付ニュースリリース
  10. ^ 永里のポツダムが優勝=サッカー女子欧州CL 時事通信社 2010.5.21付記事
  11. ^ 報告永里優季オフィシャルブログ「über der Spitze」Powered by Ameba
  12. ^ 永里&大儀見氏、挙式!五輪前に絆深める サンケイスポーツ 2012年6月10日閲覧
  13. ^ 「大儀見」で新たな挑戦 時事通信 2012年7月2日閲覧
  14. ^ 大儀見、飛躍のシーズン=初の得点王、プレーに幅-独女子サッカー 時事通信社 2013年5月13日閲覧
  15. ^ 大儀見がドイツ・ウォルフスブルクへ移籍 スポニチアネックス 2015年1月4日閲覧
  16. ^ なでしこ大儀見フランクフルト移籍!2年契約背番9 日刊スポーツ 2015年8月13日付記事
  17. ^ なでしこ、宮間や大儀見ら20人選出 五輪最終予選 日本経済新聞、2016年3月3日閲覧。
  18. ^ なでしこ、ベトナムに快勝も五輪出場ならず アジア最終予選 日本経済新聞、2016年3月8日閲覧。
  19. ^ ご報告 永里優季オフィシャルブログ、2016年4月6日閲覧。
  20. ^ 永里優季がキャリア初のアメリカ挑戦!シカゴ・レッドスターズ加入が決定ゲキサカ.2017.5.25付、2017年9月5日閲覧。
  21. ^ 永里が初得点=米女子サッカー時事通信社.2017.9.4付、2017年9月5日閲覧。

関連項目

外部リンク