1931年のスポーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

できごと[編集]

総合競技大会[編集]

アメリカンフットボール[編集]

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 4月29日の天皇誕生日に、宮城内で天覧相撲がおこなわれ、これを機に、土俵の直径がそれまでの13尺(3.94メートル)から15尺(4.55メートル、現在も同じ)に改められた。
  • 夏場所から土俵の屋根も、入母屋造から神明造に改められた。

幕内総合優勝[編集]

  • 春(1月8日初日、両国国技館):東大関 玉錦三右衛門(9勝2敗)
  • 3月(3月13日初日、京都市東山三条):東大関 玉錦三右衛門(10勝1敗)
  • 夏(5月14日初日、両国国技館):東小結 武藏山武(10勝1敗)
  • 10月(10月9日初日、大阪市中之島):東前頭4枚目 綾櫻由太郎(10勝1敗)

優勝旗手[編集]

  • 春:西関脇 天竜三郎(8勝3敗)
  • 3月:西小結 武蔵山武(10勝1敗)
  • 夏:西前頭3枚目 清水川元吉(10勝1敗)
  • 10月:東前頭4枚目 綾櫻由太郎(10勝1敗)

ゴルフ[編集]

世界4大大会(男子)[編集]

自転車競技[編集]

ロードレース[編集]

テニス[編集]

グランドスラム[編集]

日本[編集]

  • 1月24日 - 全日本学生庭球連盟結成。

野球[編集]

日本[編集]

大学野球[編集]

東京六大学野球[編集]
八十川ボーク事件で明大出場辞退。
  • 秋 - 立大が8勝3敗で初優勝。
その他[編集]

高専野球[編集]

中等野球[編集]

アメリカ大リーグ[編集]

誕生[編集]

死去[編集]