朴セリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg 朴セリ Golf pictogram.svg
Se-ri Pak
2009 LPGA Championship - Se-ri Pak (2).jpg
基本情報
名前 朴セリ
生年月日 (1977-09-28) 1977年9月28日(41歳)
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
経歴
成績
優勝回数 米メジャー:5勝
殿堂表彰者
選出年 2007年
選出部門 LPGA
テンプレートを表示
朴セリ
各種表記
ハングル 박세리
発音: パク・セリ
ローマ字 Pak Seri
テンプレートを表示

朴 セリ(パク・セリ、1977年9月28日 - )は、大韓民国出身の女子プロゴルファーである。 名前のセリ(세리)は、ハングルによる表記のみで本来は漢字表記がない(日本人の仮名表記の名前のようなものである)。ただし、中国語の文章では「世莉」の字が宛てられており、日本でも、これがセリの漢字表記だとして紹介されることがある。

人物・来歴[編集]

身長165cm。13歳の時からゴルフを始める。1998年にプロ入りし、いきなり全米女子オープンにて「20歳9ヵ月」での史上最年少優勝を果たし、韓国人では初の快挙となった。同年、全米女子プロゴルフ選手権でも優勝し、年間2冠を獲得した。2001年全英女子オープンで初優勝、キャリア3冠王となる。2002年に全米女子プロゴルフ選手権で4年ぶり2度目の優勝を果たし、女子ゴルフメジャー大会で通算4勝目を挙げた。

2005年度は不振に悩み、全米女子プロゴルフ選手権で予選落ちしたことから、メジャー大会での連続予選通過記録が「27」で止まった。しかし2006年の全米女子プロゴルフ選手権では最終日に追い上げを見せ、8 アンダーパー(-8, 280ストローク)で並んだカリー・ウェブとのプレーオフを制した。これで朴セリは同選手権で4年ぶり3度目の優勝を飾り、女子ゴルフメジャー大会では5勝目となった。この大会では、1打差の3位に宮里藍が入っている。

朴の活躍に刺激されて韓国ではゴルフブームが巻き起こり、韓国人プロゴルファーも世界的に活躍する選手が増えたとされる[1][2]。朴に影響されてゴルフを始めた選手も多く、特にイ・ボミキム・ハヌル申智愛朴仁妃など、1988年生まれの女子プロゴルファーは「朴セリ・キッズ」と呼ばれる[3]

2016年3月18日、引退を発表した[4]

メジャー大会優勝[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 嶋崎平人 (2017年8月4日). “「韓国女子ゴルフ」が世界で圧倒的に強いワケ”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2019年8月6日閲覧。
  2. ^ 【スポーツ異聞】韓国勢躍進した全米女子オープン テレビ視聴率は前年比40%減「歴史的低さ」のワケ”. 産経ニュース. 産経デジタル (2017年7月30日). 2019年8月6日閲覧。
  3. ^ 慎武宏 (2017年7月30日). “今季初勝利キム・ハヌルが明かした勝負ジンクスとイ・ボミら“朴セリ・キッズ”の共通点”. Yahoo!ニュース 個人. Yahoo! JAPAN. 2019年8月6日閲覧。
  4. ^ 朴セリが今季限りでの引退表明 - GDO News(2016年9月29日)

外部リンク[編集]