ベス・ダニエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg ベス・ダニエル Golf pictogram.svg
Beth Daniel
2009 Solheim Cup - Beth Daniel (1).jpg
基本情報
名前 ベス・ダニエル
生年月日 (1956-10-14) 1956年10月14日(62歳)
身長 180 cm (5 ft 11 in)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サウスカロライナ州チャールストン
経歴
プロ転向 1979年
成績
優勝回数 メジャー:1勝
LPGAツアー:33勝
初優勝 1979年パティ・バーグ・クラシック
賞金王 1980年
賞金ランク最高位 LPGAツアー・1位(1980年・1981年・1990年)
殿堂表彰者
選出年 2000年
選出部門 LPGA
テンプレートを表示

ベス・ダニエルBeth Daniel1956年10月14日 - )はサウスカロライナ州チャールストン出身のアメリカ合衆国の女子プロゴルファー。1979年よりLPGAツアーに参戦し、メジャー1大会を含む33勝をあげている。2000年に世界ゴルフ殿堂入り[1]

トッププロでは珍しいベースボールグリップ(別名テンフィンガーグリップ - 右手と左手の指を重ねたり絡ませたりせず、10本の指全てでクラブを握る野球のバットのような握り方)を採用していることで有名な選手である[2]

アマチュア時代[編集]

ダニエルはファーマン大学でゴルフをプレーし、後のLPGAプレーヤー、ベッツィ・キングシェリー・ターナーと共に1976年の全米選手権チームの1員であった。ダニエルは1975年と1977年の全米女子アマチュアゴルフ選手権に勝利し、1976年と1978年のカーティスカップアメリカチームのメンバーとなった。1978年末にプロに転向し、1979年からLPGAツアーに参戦した[3]

プロ転向後[編集]

1979年のパティ・バーグ・クラシックで初勝利をあげ、この年のLPGAルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。続く5年間はナンシー・ロペスの絶頂期であったが、それでもダニエルは13勝をあげた。1980年には4勝し、プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。1982年、1990年、1994年にはツアー最多勝利選手になっている。年間最少平均スコアのタイトル(ベアトロフィー)も3回ものにしている。特に1989年は年間平均スコアが71.00を下回った、LPGA史上2人目の選手となった[3]

唯一のメジャー大会優勝、全米女子プロゴルフ選手権の勝利を含む7勝をあげた1990年が彼女の競技生活の頂点である。賞金女王、ベアトロフィー、LPGAプレーヤー・オブ・ザ・イヤー、更にはAP通信アスリート・オブ・ザ・イヤー (Associated Press Female Athlete of the Year) も獲得した。ダニエルは2度の大きなスランプに苦しんだ。1986年から1988年まで、そして再度1996年から2002年まで1勝もあげる事ができなかった。2003年にBMOカナディアン女子オープンで復活優勝を遂げた時には、ダニエルの年齢は46歳・8ヵ月と29日に達しており、これは2009年8月現在、ツアー史上最年長優勝記録である。彼女は同時代のキングパティ・シーハンエイミー・オルコットなどの大方の選手たちより長期間LPGAツアーで活躍を続けた[3]

2005年から出場トーナメントを減らしており、2007年には5大会に出場した。同年、ソルハイムカップアメリカツアーチームの副主将を務め、2009年にはイリノイ州のリッチ・ハーベスト・ファーム (Rich Harvest Farms) で開催されたソルハイムカップで主将に指名され、トータル16ポイント対12ポイントでヨーロッパチームを破った。2007年、ザ・ゴルフ・チャンネルのLPGAツアー中継番組で臨時の解説者を務めた。初仕事は2007年のセーフウェイクラシック (Safeway Classic) であった[3]

またダニエルはサウスカロライナ州で最も優れた女子ジュニア・ゴルファーに「ベス・ダニエル・アワード」を授与している。同賞はサウスカロライナ・ジュニア・ゴルフ・アソシエーション (SCJGA) で年間最も多くのポイントを獲得したプレーヤーに与えられる。

LPGAツアーの優勝歴[編集]

通算33勝。太字はメジャートーナメント大会。

LPGAツアー以外の優勝[編集]

LPGAメジャー大会の成績[編集]

トーナメント 1976 1977 1978 1979 1980
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 ... ... ... ... ...
全米女子プロゴルフ選手権 DNP DNP DNP T38 T3
全米女子オープン CUT T24 T53 T20 T10
デュモーリエ・クラシック ... ... ... T16 T5
トーナメント 1981 1982 1983 1984 1985 1986 1987 1988 1989 1990
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 ... ... T2 4 T11 T7 T22 DNP T6 T6
全米女子プロゴルフ選手権 T5 T7 T16 T2 T10 T15 T58 DNP T14 1
全米女子オープン 2 T2 WD T10 CUT T21 T33 T10 T20 T6
デュモーリエ・クラシック T17 2 T63 T6 T14 27 CUT T47 T7 3
トーナメント 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000
ナビスコ・ダイナ・ショア大会 T30 T8 T69 T19 T47 DNP CUT 72 T43 T47
全米女子プロゴルフ選手権 4 T35 T17 T7 T18 T26 DNP T58 CUT T33
全米女子オープン T11 CUT T53 T18 CUT T19 DNP T31 T47 8
デュモーリエ・クラシック DNP WD T17 CUT T45 T36 DNP T54 T13 T23
トーナメント 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007
クラフト・ナビスコ選手権 T55 T14 T5 T40 T9 T13 DNP
全米女子プロゴルフ選手権 T26 2 T3 T39 T54 T39 CUT
全米女子オープン T24 T7 T20 T27 CUT DNP DNP
全英女子オープン ^ CUT T16 T14 T5 T56 T6 T50

† 現在クラフト・ナビスコ選手権として知られているこのトーナメントは1999年までナビスコ・ダイナ・ショア大会であった。2000年にナビスコ選手権になり、2002年に現在の名称となった。
^全英女子オープンは 2001年からデュモーリエ・クラシックの代わりにLPGAメジャー大会に昇格した。
DNP = 出場せず
CUT = 予選落ち
WD = 棄権
DQ = 出場資格無し
... = メジャー大会ではなかった
"T" = 複数の選手と順位を分け合った(タイ)
グリーン地は優勝、黄色地はトップ10入りを表している。

脚注[編集]

  1. ^ World Golf Hall of Fame Profile: Beth Daniel” (英語). World Golf Village.com. 2009年8月31日閲覧。
  2. ^ Holding the Handle - The Three Primary Grips: Ten Finger Grip (a k a Baseball Grip)” (英語). Golf About.com. 2009年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c d Brent Kelley. “Beth Daniel” (英語). about.com. 2009年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]