王子イーグルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王子イーグルス
原語表記 王子イーグルス
愛称 イーグルス
創設年 1925年
所属リーグ アジアリーグ
本拠地 苫小牧市
ホームリンク 苫小牧市白鳥アリーナ
監督 山中武司
公式サイト 公式サイト
Template(ノート 解説)

王子イーグルス(おうじイーグルス)は、北海道苫小牧市に本拠地を持ち、アジアリーグアイスホッケーに所属するアイスホッケーチームである。母体は王子製紙

歴史[編集]

1925年、王子製紙苫小牧工場職員による王子スケート同好会「王子イーグル」として設立。

1931年、同好会から「王子製紙アイスホッケー部」に変更。

1932年開催の第3回全日本アイスホッケー選手権大会で初出場初優勝を果たす。以後2013年までに史上最多の35度の優勝。

1966年、この年創設された日本アイスホッケーリーグにに参戦し、第3回で初優勝を果たす。以後2004年にリーグが廃止されるまで優勝13回。

1993年、社名変更に伴い「新王子製紙アイスホッケー部」に変更。

1996年、社名変更に伴い「王子製紙アイスホッケー部」に再変更。

2003年アジアリーグアイスホッケーに参戦。2007-08シーズンに初優勝。2013年現在優勝2回。

2008-09シーズンから「王子イーグルス」にチーム名を変更。

ホームアリーナは1956年に完成した王子スポーツセンター(現王子製紙スケートセンター)、1996年からは現在の苫小牧市白鳥アリーナ。ペットマークは鷲で、2006-07年度シーズンからは鷲のマスコットキャラクター「「鷲斗(しゅうと)」も登場。[1]

獲得タイトル[編集]

  • 日本リーグ : 13回
    1968-69、1969-70、1973-74、1979-80、1981-82、1982-83、1983-84、1984-85、1986-87、1987-88、1989-90、1990-91、1993-94
  • アジアリーグ : 2回
    2007–082011–2012
  • 全日本選手権 : 35回
    1931-32、1934-35、1946-47、1949-50, 1950-51, 1951-52, 1953-54、1954-55、1955-56、1956-57、1957-58、1963-64、1965-66、1967-68、1968-69、1972-73、1975-76、1976-77、1979-80、1980-81、1982-83、1983-84、1984-85、1985-86、1986-87、1988-89、1991-92、1992-93、1993-94、1994-95、1995-96、1999-2000、2001-02、2004-05、2012-2013

選手 [編集]

ゴールキーパー
# 選手名 キャッチ 登録年 出身地
30 日本の旗 荻野順二 大阪, 日本
39 日本の旗 成澤優太 2010 日本
61 日本の旗 春名真仁 日本
ディフェンダー
# 選手名 ハンド 登録年 出身地
5 日本の旗 橋場亮 2009 日本
6 日本の旗 川島誠 日本
20 日本の旗 山下敬史 2006 日本
23 日本の旗 芳賀陽介A 2009 日本
28 日本の旗 ハリントン・クリス 2008 アメリカ合衆国
34 日本の旗 橋本僚 2011 日本
44 日本の旗 アーロン・キャラー カナダ
88 日本の旗 佐々木一正 2008 日本
フォワード
# 選手名 ポジション ハンド 登録年 出身地
3 日本の旗 小川勝也 W 2008 日本
7 日本の旗 百目木政人C C/W 日本
8 日本の旗 今洋祐 C 2009 日本
9 日本の旗 佐藤翔 W 日本
10 日本の旗 三田村康平 W 2010 日本
13 日本の旗 小川将史 C 2005 日本
14 日本の旗 大澤勇斗 2012 日本
16 日本の旗 斉藤哲也 C 釧路, 日本
17 日本の旗 高田航太 W 2012 日本
18 日本の旗 金子亮介 C 2010 日本
19 日本の旗 斉藤毅 W 釧路, 日本
21 日本の旗 久慈修平A W 2010 日本
32 日本の旗 マーク・カヴォシー C アメリカ合衆国
48 日本の旗 高橋聖二 W 2011 日本
53 日本の旗 寺尾裕道 W 2012 日本

過去に所属した主な選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 都市対抗野球大会においては、王子製紙硬式野球部の応援にも登場する。

外部リンク[編集]