ベラ・チャスラフスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベラ・チャスラフスカ Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Bundesarchiv Bild 183-F0528-0048-001, Amsterdam, Turn-EM der Frauen, Zuchold, Caslavska, Janz.jpg
1967年欧州選手権にて(表彰台中央)
選手情報
フルネーム Věra Čáslavská
愛称 オリンピックの名花
国籍 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキアチェコの旗 チェコ
生年月日 1942年5月3日
生誕地 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア プラハ
没年月日 2016年8月30日(満74歳没)
引退 1968年
 
獲得メダル
オリンピック
1964 東京 個人総合
1964 東京 跳馬
1964 東京 平均台
1968 メキシコシティ 個人総合
1968 メキシコシティ 跳馬
1968 メキシコシティ 段違い平行棒
1968 メキシコシティ ゆか
1960 ローマ 団体総合
1964 東京 団体総合
1968 メキシコシティ 団体総合
1968 メキシコシティ 平均台
世界選手権
1962 プラハ 跳馬
1966 ドルトムント 個人総合
1966 ドルトムント 団体総合
1966 ドルトムント 跳馬
1958 モスクワ 団体総合
1962 プラハ 団体総合
1962 プラハ 個人総合
1966 ドルトムント
1966 ドルトムント 平均台
1962 プラハ ゆか
テンプレートを表示

ベラ・チャスラフスカチェコ語: Věra Čáslavská [ˈvjɛra ˈtʃaːslafskaː] 1942年5月3日 - 2016年8月30日[1])は、旧チェコスロバキアプラハ出身の女子体操選手。実際の発音はヴィェラ・チャースラフスカーに近い。

略歴[編集]

1967年のヨーロッパ選手権で平均台の競技をするチャスラフスカ。

1964年東京オリンピックで、チャスラフスカは人気選手となった。平均台跳馬個人総合の金メダルに加え、団体でも銀メダルを手にした。優美な演技は日本において「オリンピックの名花」「体操の名花」と讃えられた。

しかし、チャスラフスカのメキシコオリンピック参加は政治的事情のため非常に危ぶまれていた。チャスラフスカは1968年のチェコスロバキアの民主化運動(「プラハの春」)の支持を表明して「二千語宣言」に署名しており、同年8月のワルシャワ条約機構による軍事介入、プラハ侵攻によって身を隠さざるを得なかったのである。

1968年メキシコオリンピックはプラハ侵攻の直後であり、チャスラフスカはオリンピック直前にようやく出国を許可された。チャスラフスカはこのとき、祖国であるチェコスロバキアの屈辱をはね返すために最高の演技を誓い競技に臨んだと後に語っている。五輪本番は、抗議の意を示すため濃紺のレオタードで競技を行った。チャスラフスカは不十分な準備の中、圧倒的な強さを見せるが床競技の判定において、この政治的事情の影響か金メダルは微妙な判定によってソ連の選手とダブル受賞となった。種目別で唯一優勝を逃した平均台のメダル授与式においては、金メダルを獲得したソ連のナタリア・クチンスカヤの受賞の間、チャスラフスカも顔を背けることで抗議の意を示したが、後述する2008年のインタビューにおいて内心は「かわいそうだと思いました」と振り返っている。チャスラフスカは最終的に跳馬、段違い平行棒ゆかと個人総合で金メダル、平均台と団体種目で銀メダルと、女子体操の6種目すべてでメダルを獲得した。

メキシコオリンピックでの競技が終了してまもなく、チャスラフスカは同じ旧チェコスロバキアの国籍で東京オリンピック男子陸上1500m銀メダリストのヨゼフ・オドロジル陸軍中尉と結婚する。2人のなれそめは、東京オリンピックの報告会で一緒になっているうちであり、メキシコオリンピックに参加前、オドロジル中尉はチャスラフスカの両親に会って話しをした[2]

その後もチャスラフスカは「二千語宣言」への署名撤回を拒否し続けたので、チェコスロバキアの「正常化体制」時代、チャスラフスカは非常に困難な状況に置かれ続けた。1989年11月、ビロード革命によって共産党体制が崩壊すると、チャスラフスカはハベル大統領のアドバイザー及びチェコ・日本協会の名誉総裁に就任した。大統領府を辞した後には、チェコオリンピック委員会の総裁も務めている。

チャスラフスカの引退後から、女子体操界はより若年で小柄な選手たちによるアクロバット的な演技が主流となったが、チャスラフスカはこれに苦言を呈することが多かった[3]

しかし、1987年に離婚したオドロジルが次男とのトラブルの末に死亡するという事件が起きた。この事件によりチャスラフスカは鬱状態となり、プラハの施設で治療を受けるようになった[4]

2008年8月においてチェコ主要紙のイドネスiDNES.cz)のインタビューに応じ、同年の南オセチア紛争におけるロシアの対応を批判した。

2016年8月30日、74歳で没した[1]

日本とのつながり[編集]

チャスラフスカは東京オリンピックに出場した際に日本のファンが体操競技に詳しいことに驚き、また、滞在中に多くの日本人ファンから扇子、浴衣や日本刀などをプレゼントされたことに感激したことを語っている。それらの贈り物は2013年の時点でも自宅に保管していた[5][6]

2010年、日本国の秋の叙勲(外国人叙勲)にて旭日中綬章を受章している。

チャスラフスカは死去の1か月ほど前に朝日新聞のインタビューに応じており、余命宣告を受けていたことを告白していた。

日本のテレビ番組出演[編集]

著書[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b “「五輪の名花」チャスラフスカさん死去 女子体操で金”. 朝日新聞. (2016年8月31日16時36分). http://www.asahi.com/articles/ASJ8053Y5J80UTQP021.html 2016年8月31日閲覧。 
  2. ^ こだま 読売新聞 1968年9月30日朝刊 10ページ
  3. ^ “元女王も嘆く体操の“曲芸化””. 朝日新聞. (1992年8月3日) 
  4. ^ Past Olympics Athletes”. ESPN. 2015年9月27日閲覧。
  5. ^ 『64年の東京、運営完璧だった』 ベラ・チャスラフスカさん 朝日新聞 2013年9月10日付朝刊 19面参照
  6. ^ “2020へ翔べ東京五輪上 おもてなし 日本の知恵に期待”. 朝日新聞. (2013年12月28日). http://www.asahi.com/articles/DA2S10902446.html 2013年12月28日閲覧。 [リンク切れ]
    このときの贈り物はトラック1台分にもなったと語っている。また、扇子や浴衣が社会主義国では見たことの無いような包装紙で包まれていて、これも長い間とっていたと語っている。

外部リンク[編集]