ラリサ・ラチニナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラリサ・ラチニナ Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Larysa Latynina.jpg
ラリサ・ラチニナ(2000年
生年月日 (1934-12-27) 1934年12月27日(83歳)
種目 女子体操競技
引退 1966
テンプレートを表示

ラリサ・ラチニナロシア語: Лари́са Семёновна Латы́нина[1]1934年12月27日 - )は、ソビエト連邦(現ウクライナ)出身の体操選手。

経歴[編集]

最初はバレエをしていたが、振付師が引っ越してしまったため、体操に転向。

1954年の世界選手権で19歳で国際大会デビューし、団体で金メダルを獲得。

1956年メルボルン、1960年ローマ、1964年東京と、3度の夏季オリンピックに出場。金メダル9個、銀メダル5個、銅メダル4個を獲得した。

金メダル9個は水泳マイケル・フェルプスの23個に次ぎ、陸上パーヴォ・ヌルミ水泳マーク・スピッツ、陸上のカール・ルイス、陸上のウサイン・ボルトと並ぶ2位タイ記録。

1966年世界選手権後に引退。1977年までソ連ナショナルチームのコーチを務めた。

1998年に国際体操殿堂入り。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ロシア語ラテン翻字: Larisa Semyonovna Latynina

外部リンク[編集]