青地清二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 スキージャンプ
オリンピック
1972 札幌 70m級

青地 清二(あおち せいじ、1942年6月21日 - 2008年8月14日)は、北海道小樽市出身のスキージャンプ選手。

経歴・人物[編集]

1942年6月21日北海道小樽市出身。

小樽緑陵高校(現・小樽商業高校)から明治大学を経て雪印乳業(現・雪印メグミルク)に所属。

1967年全日本スキー選手権大会ジャンプ90m級で優勝。

1970年3月には宮の森ジャンプ競技場の当時のバッケンレコード85.5mを記録している。

1968年グルノーブルオリンピックで五輪初出場。90m級で26位に終わる。(4年後の札幌オリンピックの開催が決まっていた日本は、この大会に過去最高の62選手を送り込んだが、メダルはおろか6位入賞すら果たせなかった。)

1972年札幌オリンピックで2度目の五輪出場を果たし、70m級で銅メダルを獲得。金メダル笠谷幸生銀メダル金野昭次と共に日本人3人で表彰台を独占し「日の丸飛行隊」と呼ばれた。
この時の2本目のジャンプは、空中でバランスを崩しかけた完全な失敗ジャンプであったが、そこから立て直し、驚異的な粘りを見せて77.5mまで飛距離を伸ばし、関係者を驚嘆させた。
このジャンプについて笠谷幸生が「青地さん以外ならみんな墜落していた」と評している。

現役引退後は雪印の社業に専念し、スキー界から離れたものの、選手OBとしてジャンプ界を応援し続けていた。また、原田雅彦が入社した際にも、原田が配属されたアイスクリーム課の課長として、原田に社会人としての心構えを教えたのも青地であった。

2008年8月14日10時26分、胃癌の為、札幌市内の病院で死去。66歳没 。晩年はガンとの闘病が続いていたものの、退院後にジャンプについての本を書き、売り上げを青少年ジャンパーのための基金にする構想を描いていたが、志半ばでの逝去であった[1]

日本国内での主な競技成績[編集]

※記録は「北海道新聞縮刷版」各年版に依る

関連項目[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道新聞2008年8月20日朝刊 伊藤龍治「追悼 青地清二さん 天国へ美しく"ジャンプ"」より)

外部リンク[編集]