蒲池猛夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蒲池 猛夫
個人情報
国籍日本の旗 日本
生誕 (1936-03-20) 1936年3月20日
満洲国の旗 満洲国
死去 (2014-12-04) 2014年12月4日(78歳没)
日本の旗 日本
スポーツ
競技射撃
種目ラピッドファイアピストル
獲得メダル
射撃
オリンピック
1984 ロサンゼルス 男子ラピッドファイアピストル

蒲池 猛夫(かまち たけお、1936年3月20日 - 2014年12月4日)は、日本の射撃競技選手。日本ライフル射撃協会コーチを務めた。

1984年ロサンゼルスオリンピック男子ラピッドファイアピストル英語版金メダリスト。現時点において、オリンピックの射撃競技における唯一の日本人金メダリストであり、2022年北京オリンピック終了時点においても、オリンピックのメダルを獲得した時の年齢が最高齢の日本人選手である。

概要[編集]

1936年3月20日、旧満州国生まれ。第二次世界大戦における日本の敗戦のため、家族で宮崎県西諸県郡高原町引き揚げ、そこで少年時代を送った。

高原町立高原中学校卒業後、自衛隊に入隊。1962年東京オリンピックに備えて開設された自衛隊体育学校に入校。

稀に見る才能の持ち主として知られ、メキシコシティーオリンピックでは金メダル確実と期待された。練習では、蒲池の動向を探ろうとライバルの外国人選手が大挙して押しかけて見守る中、蒲池も600点満点中599点をマークしてその意気を沮喪させたが、本番では全くの不調で12位に終わった。

雪辱を期したミュンヘンオリンピックも普段の調子はでなかったが、それでもメダル圏内で最終4秒射を迎えた。ここで満点なら蒲池の銅メダルだったが、最後の5発目が痛恨の遅射で無得点となり順位を下げた。モントリオールオリンピックでは12位に終わった。日本が不参加となったモスクワオリンピックでは4度目の代表となった後、いったん引退。しかし、その才能を惜しむ外国人選手コーチに復帰を促され現役に復帰、ロサンゼルスオリンピックの代表となった。

ロサンゼルスオリンピックでは、射撃競技で上位を独占してきた東欧勢が不参加となったことや、周囲からの注目度も以前ほどではなく気楽にやれたのがよかったのか出場4回目にして金メダルに輝いた。このとき、蒲池は48歳で2021年東京オリンピック終了時点でも日本の最年長金メダリストの記録となっている。また、蒲池は戦前生まれ最後のオリンピックメダリストでもあった[1]。蒲池はロサンゼルスオリンピックでの日本選手の最初の金メダリストであり、期待された選手が不振で金メダルを逃す中、全くノーマークですでに孫もいる中年の蒲池が初の金メダルを獲得したことは、多くの国民の関心を呼んだ。

自衛隊体育学校教官を経て、1989年(平成元年)に定年退官した。最終階級は1等陸尉。

2014年12月4日脳梗塞のため死去した[2]。78歳没。

脚注[編集]

  1. ^ 戦前生まれ最後のオリンピック日本代表選手は2012年ロンドンオリンピックに出場した馬術競技法華津寛である。
  2. ^ ロス五輪金の蒲池猛夫氏が死去 78歳 日刊スポーツ 2014年12月8日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]