第93回全国高等学校ラグビーフットボール大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第93回全国高等学校ラグビーフットボール大会2013年12月27日から2014年1月7日まで近鉄花園ラグビー場と東大阪市多目的広場にて開催された全国高校ラグビー大会である。平成25年度全国高等学校総合体育大会を兼ねて開催。優勝は大阪府の東海大仰星高校(3回目)。

概要[編集]

  • 今大会から小島瑠璃子が大会ポスターに起用されている。また県立浦和が54年ぶりに出場したが、これは大会史上最大のブランクである。

日程[編集]

出場校[編集]

※シード校については、校名の後ろに(A)(B)と記載。
北海道
  • 北北海道代表 - 遠軽(4年連続9回目)
  • 南北海道代表 - 札幌山の手(14年連続14回目)
東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄

試合結果[編集]

  • 時刻はすべて日本標準時 (UTC+9)
  • 括弧内は前半終了時のスコアを示す。
  • 太字は勝利校を示す。

1回戦[編集]

2013年12月27日 12:30 大分舞鶴 12-21 (7-13) 仙台育英 第1グラウンド
2013年12月27日 13:50 土佐塾 5-27 (5-15) 関商工 第1グラウンド
2013年12月27日 12:00 名護 79-7 (36-7) 浜松工 第2グラウンド
2013年12月27日 13:20 尾道 46-0 (15-0) 朝明 第2グラウンド
2013年12月27日 14:40 倉敷工 0-19 (0−0) 日本航空石川 第2グラウンド
2013年12月27日 12:00 三島 53-0 (31-0) 富山第一 第3グラウンド
2013年12月27日 13:20 高鍋 5-15 (0−5) 札幌山の手 第3グラウンド
2013年12月27日 14:40 城北 0-63 (0-31) 東京 第3グラウンド
2013年12月28日 10:00 坂出第一 0-113 (0-61) 明和県央 第3グラウンド
2013年12月28日 11:20 19-12 (12-70) 岡谷工 第1グラウンド
2013年12月28日 10:00 若狭 12-14 (12-0) 平工 第2グラウンド
2013年12月28日 11:20 倉吉北 0-121 (0-72) 春日丘 第3グラウンド
2013年12月28日 11:20 九州学院 80-0 (26-0) 山形中央 第2グラウンド
2013年12月28日 12:40 光泉 22-12 (12-7) 県立浦和 第1グラウンド
2013年12月28日 14:00 熊野 3-36 (3-10) 黒沢尻北 第1グラウンド
2013年12月28日 12:40 石見智翠館 43-7 (29-7) 青森北 第2グラウンド
2013年12月28日 12:40 佐賀工 17-13 (0−3) 新潟工 第3グラウンド
2013年12月28日 14:00 大津緑洋 18-13 (12-8) 遠軽 第2グラウンド
2013年12月28日 14:00 鹿児島工 7-55 (0-21) 國學院栃木 第1グラウンド

2回戦[編集]

2013年12月30日 15:15 東海大仰星 69-5 (38−0) 仙台育英 第3グラウンド
2013年12月30日 14:00 関商工 5-28 (0−14) 名護 第3グラウンド
2013年12月30日 12:45 東福岡 35-0 (7−0) 尾道 第3グラウンド
2013年12月30日 11:30 日本航空石川 5-34 (5−12) 日川 第3グラウンド
2013年12月30日 10:15 大阪朝鮮 72-7 (34−0) 三島 第3グラウンド
2013年12月30日 09:00 札幌山の手 22-47 (5-26) 目黒学院 第1グラウンド
2013年12月30日 14:30 天理 22-12 (10−12) 東京 第1グラウンド
2013年12月30日 14:30 明和県央 5-39 (5−7) 流通経済大柏 第2グラウンド
2013年12月30日 13:15 桐蔭学園 57-5 (27−5) 第2グラウンド
2013年12月30日 13:15 平工 0-46 (0−27) 春日丘 第1グラウンド
2013年12月30日 12:00 長崎南山 56-15 (36−3) 九州学院 第2グラウンド
2013年12月30日 10:45 光泉 7-57 (0−19) 秋田工 第2グラウンド
2013年12月30日 12:00 報徳学園 55-0 (38−0) 黒沢尻北 第1グラウンド
2013年12月30日 10:45 石見智翠館 21-12 (7−7) 茗溪学園 第1グラウンド
2013年12月30日 09:30 佐賀工 76-3 (26-0) 大津緑洋 第2グラウンド
2013年12月30日 09:30 國學院栃木 15-20 (3-10) 大阪桐蔭 第1グラウンド

3回戦[編集]

2014年01月01日 10:30 東海大仰星 63-0 (29−0) 名護 第3グラウンド
2014年01月01日 10:30 東福岡 42-19 (27−5) 日川 第1グラウンド
2014年01月01日 11:50 大阪朝鮮 36-7 (14−7) 目黒学院 第1グラウンド
2014年01月01日 13:10 天理 12-10 (5−10) 流通経済大柏 第1グラウンド
2014年01月01日 14:30 桐蔭学園 41-10 (19−0) 春日丘 第1グラウンド
2014年01月01日 11:50 長崎南山 12-14 (0−7) 秋田工 第3グラウンド
2014年01月01日 13:10 報徳学園 20-20[3] (8−6) 石見智翠館 第3グラウンド
2014年01月01日 14:30 佐賀工 17-34 (3−19) 大阪桐蔭 第3グラウンド

準々決勝[編集]

2014年01月03日 10:30 東福岡 30-24 (12−7) 大阪朝鮮 第1グラウンド
2014年01月03日 11:50 天理 14-26 (7−12) 桐蔭学園 第1グラウンド
2014年01月03日 13:10 報徳学園 17-66 (17−33) 東海大仰星 第1グラウンド
2014年01月03日 14:30 大阪桐蔭 41-3 (17−3) 秋田工 第1グラウンド

準決勝[編集]

2014年01月05日 13:00 東福岡 12-27 (0−15) 東海大仰星 第1グラウンド
2014年01月05日 14:25 大阪桐蔭 0-43 (0−17) 桐蔭学園 第1グラウンド

決勝[編集]

2014年01月07日 14:00 東海大仰星(7年ぶり3回目) 19-14 (7−7) 桐蔭学園 第1グラウンド

入場者数[編集]

当大会の10万9434人で、第94回大会までは過去最多の入場者数であったが、第95回大会の入場者数が2016年1月7日の時点で11万3625人となり、当大会の入場者数を上回った[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b “大阪桐蔭、東海大仰星などAシード=全国高校ラグビー”. 時事通信社. (2013年11月25日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201311/2013112500719&g=spo 2013年11月28日閲覧。 
  2. ^ 出場回数は、統合前の大津19回、山口水産8回との合算。前回は大津として出場。
  3. ^ 試合終了時点で報徳学園が3トライ、石見智翠館が2トライを上げた。結果トライ数で報徳学園が上回り勝利した。
  4. ^ 高校ラグビー入場者過去最多に W杯活躍の影響かNHK NEWS WEB(2016年1月7日20時48分配信)2016年1月7日閲覧。

関連試合 [編集]

U18花園女子セブンズ~花園からオリンピックへ~[編集]

  • 高校3年生以下の女性選手を40人に選抜してそれぞれ20人ずつをハイパフォーマンスの部と普及の部の2つに分けて、それぞれ東西2チーム作って、試合を実施された。
  • 2013年12月27日 花園ラグビー場 第1グラウンド
  • 第1試合(普及の部)11:20開始 結果 西軍 24-5 東軍
  • 第2試合(ハイパフォーマンスの部)11:50開始 結果 東軍 17-0 西軍

第6回U18合同チーム東西対抗戦~もうひとつの花園~[編集]

 2014年1月7日 花園ラグビー場 第1グラウンド 12:30開始試合結果西軍 31-0東軍

関連項目[編集]

  • 小島瑠璃子(大会ポスターに起用され、またハイライト番組でメインキャスターを務めた。)

外部リンク[編集]