デニス・キプルト・キメット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デニス・キプルト・キメット Portal:陸上競技
Dennis Kipruto Kimetto 2013.jpeg
選手情報
フルネーム デニス・キプルト・キメット
ラテン文字 Dennis Kipruto Kimetto
国籍 ケニアの旗 ケニア
種目 長距離走マラソン
生年月日 (1984-01-22) 1984年1月22日(32歳)
生誕地 ケニア
身長 176cm
体重 58kg
自己ベスト
10000m 28分30秒0(2011年)
ハーフマラソン 59分14秒(2012年)
25km 1時間11分18秒(2011年) 世界記録
30km 1時間27分38秒(2014年)
マラソン 2時間02分57秒(2014年) 世界記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

デニス・キプルト・キメット(Dennis Kipruto Kimetto、1984年1月22日 - )は、ケニアの長距離選手。男子。専門種目はマラソン。デニス・キメットとも[1]

経歴[編集]

競技生活を開始したのが遅く、それまでは目立った実績はあまりなかったが2012年にブレイク。2012年にベルリンマラソンでマラソンデビューをすると、ジョフリー・ムタイに続く2位に入った。

2013年には、東京マラソンシカゴマラソンでそれぞれ優勝を果たす。

2014年には、ベルリンマラソンで世界記録を更新する、2時間2分57秒をマーク。30~35kmのラップが14分9秒、後半のハーフは1時間1分12秒と驚異的なスプリットを刻んだ。

2015年、ロンドンマラソンに初出場。元世界記録保持者のウィルソン・キプサング・キプロティチとの直接対決だったが、マラソン連勝中のエリウド・キプチョゲが優勝。2時間4分42秒。キプサングが2位、キメットは3位に終わった。その後、世界陸上北京大会福岡国際マラソンに出場するが、故障により、両レースとも途中棄権に終わっている。

2016年、再びロンドンマラソンに出場。まだ、故障が完治しておらず2時間11分44秒の9位に終わる。その結果、リオ五輪代表からも漏れた。

世界記録を樹立後、故障等により、芳しい結果を残せていない。

キメットのマラソン世界記録[編集]

5km 10km 15km 20km ハーフ 25km 30km 35km 40km ゴール
タイム 14:42 29:24 44:10 58:36 1:01:45 1:13:08 1:27:38 1:41:47 1:56:29 2:02:57
スプリット 14:42 14:42 14:46 14:26 14:32 14:30 14:09 14:42 6:28

マラソン成績[編集]

年月 大会名 タイム 順位 備考
2012.09 ベルリンマラソン 2:04:16 2位 世界歴代5位(当時)
2013.02 東京マラソン 2:06:50 優勝 大会記録
2013.09 シカゴマラソン 2:03:45 優勝 世界歴代3位(当時)
2014.09 ベルリンマラソン 2:02:57 優勝 世界記録
2015.04 ロンドンマラソン 2:05:50 3位
2015.08 世界陸上北京大会 ----------- (DNF)
2015.12 福岡国際マラソン ----------- (DNF)
2016.04 ロンドンマラソン 2:11:44 9位

脚注[編集]

  1. ^ 史上初!ベルリン・マラソンで2時間2分台日テレNEWS・2014年9月29日、2014年9月29日観覧

外部リンク[編集]