半保護されたページ

日高逸子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日高逸子
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県串間市
生年月日 (1961-10-07) 1961年10月7日(59歳)
身長 155cm
体重 49kg
血液型 A型
競艇選手情報
所属 福岡支部
登録番号 3188
登録期 56期
級別 B2級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1985年5月
記念優勝 2 回
GI/PGI優勝 2 回
GII優勝 1 回
GIII優勝 24 回
一般戦優勝 54 回
通算優勝 73 回
通算勝利 2000勝[1]
(2018年10月14日現在)
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

日高 逸子(ひだか いつこ、1961年10月7日 - )は、宮崎県串間市出身、福岡県福岡市在住の競艇選手。本拠は福岡競艇場

56期生、登録番号は3188。夫である日高邦博との間に2人の子供がいる。ニックネームは「グレートマザー」。2021年現在は競艇の現役女子選手としては最年長[2]

経歴

宮崎県都城市生まれ。両親の離婚後、同県串間市で祖父母に育てられた[3]。高校を卒業後、信用金庫に就職したが1年で退職[3]。その後東京へ行き、製菓学校や旅行専門学校に通ったり、旅行会社や喫茶店で働いたりしていたが[3]、そこで競艇選手募集のテレビCMを目にして受験し[4]、本栖研修所での訓練を経て、1985年にデビューした。

成績

通算優勝回数

  • 73回(2018年10月14日現在、女子王座決定戦及び賞金女王決定戦競走での優勝含む)

G1優勝

SG競走記録

  • SG出場回数:41回(2019年5月21日現在・女子歴代1位)
  • 同一SG出場:20回(笹川賞・女子歴代1位)
  • 同一SG連続出場:17年連続(2003年2019年・笹川賞・女子歴代1位)
  • SG準優出:4回(女子歴代1位タイ)

その他タイトル

  • JAL女子王座決定戦競走(1989年・多摩川競艇場)

表彰

テレビ出演

著書

日高逸子を取り上げた作品

関連項目

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 住之江クイーンズクライマックス@cafe(最終日12/31決定戦版)、賞金女王は日高選手”. Boat Race blog (2015年1月1日). 2015年1月1日閲覧。
  2. ^ a b 選手生命の危機…「再逆転」に懸ける59歳 ボートレーサー日高逸子 - 西日本新聞・2021年1月8日
  3. ^ a b c チャレンジナビ ロールモデル(個人)日高逸子さん”. 福岡県男女共同参画センター あすばる. 2013年8月13日閲覧。
  4. ^ 獲得賞金8億円!ボート界の「グレートマザー」 日高逸子”. MSN産経ニュース (2012年12月23日). 2013年8月13日閲覧。
  5. ^ 平成26年獲得賞金順位について”. Boat Race official web (2015年1月1日). 2015年1月1日閲覧。
  6. ^ 登録第3188号 日高逸子選手(福岡)2,000勝達成 - BOAT RACE OFFICIAL WEB
  7. ^ Queen's File12 Vol.01 日高逸子”. ボートレース大村. 2013年8月13日閲覧。
  8. ^ 「平成26年優秀選手」各表彰者を決定!”. Boat Race Official web (2015年1月8日). 2015年1月8日閲覧。
  9. ^ 収録1時間半後のレース(オールレディース優勝戦)で落水事故を起こし、選手生活初の救急搬送で入院。番組では、最後に退院後のインタビューと復帰戦勝利の模様が放送された。

外部リンク