小野生奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野生奈
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県古賀市
生年月日 (1988-10-02) 1988年10月2日(30歳)
身長 155cm
体重 46kg
血液型 B型
競艇選手情報
所属 福岡支部
登録番号 4530
登録期 103期
級別 A1級
師匠 吉田弘文(3899)
特徴 自在
選手実績
デビュー日 2008年11月
GI/PGI優勝 1
GIII優勝 3
一般戦優勝 13
通算優勝 17
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

小野 生奈(おの せいな、1988年10月2日 - )は、日本の女子競艇選手である。

福岡県古賀市出身、所属支部は福岡支部。

妹は同じ女子競艇選手の小野真歩(112期、登録番号4770)。かつての師匠は吉田弘文だったが、吉田の引退後は不明。ペラグループは「我勝手隊」に所属。

来歴[編集]

東海大学第五高等学校(現・東海大学付属福岡高等学校)卒業。やまと競艇学校103期。同期には清水沙樹古澤光紀深谷知博らがいる。

登録番号は4530。2008年11月、芦屋競艇場でデビュー。しばらく勝てないレースが続いたが、2010年5月にデビュー場の芦屋で初勝利を挙げた。

その後は2011年11月30日住之江競艇場において開催された「男女ダブル優勝戦第6回森下仁丹杯」で初の優勝戦出場を達成。2013年12月26日蒲郡競艇場において開催された男女W優勝戦のレースの女子の部で初優勝(3コースから松本晶恵を捲っての優勝)。

2014年前期より初のA1級昇格となり、直後に福岡競艇場において開催された第41回笹川賞にもファン投票で選ばれSG初出場となった。

2017年、地元にしてデビュー水面の芦屋競艇場で開催されたGI第31回女子王座決定戦において、GI初優勝を成し遂げる。この年は女子選手としては1996年以降初となるSG3連勝(第44回笹川賞2日目~3日目)や、SGで2回の準優出(笹川賞オーシャンカップ)をしており、好調の波に乗ったままでの参戦で優勝となった(優勝戦当日は台風の影響で安定板装着、7Rまでは2周で開催されていた)。

2019年4月より、地元古賀市の「水の特命大使」に就任している[1]

脚注[編集]

  1. ^ 小野生奈が福岡・古賀市の「水の特命大使」に就任 - 日刊スポーツ。2019年4月5日16時35分発信、同年7月15日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]