鵜飼菜穂子

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

鵜飼菜穂子
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市
生年月日 (1959-10-04) 1959年10月4日(62歳)
身長 162cm
体重 45kg
血液型 O型
選手情報
所属 愛知支部
登録番号 2983
登録期 48期
特徴
選手実績
デビュー日 1981年11月5日
選手引退日 2020年10月29日
通算優勝 56
通算勝率 5.78
通算勝利 1692
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

鵜飼菜穂子(うかい なほこ、1959年10月4日[1][2] - )は、愛知県名古屋市出身[2]岐阜県立長良高等学校卒業の元ボートレーサー。登録第2983号。血液型O型。48期。愛知支部所属。師匠は沢田菊司。

来歴

父親は銀行員で転勤が多く、宇都宮市岐阜市高山市豊橋市など中部地方を転々とした[3]岐阜県立長良高等学校を在学中に奈良女子大学を受験したが不合格となり、卒業後は名古屋市で浪人生活を送るがまたも奈良女子大学の受験に失敗する[4]。2年目の浪人生活中に父親に誘われて訪れた蒲郡競艇場で「男女募集」「平均年収1200万円」と書かれた競艇選手募集のポスターを目にし、生来のスピードへの憧れと「女子大を出ても社会で役に立たない」という思いも手伝い、またこれと相前後して当時9年ぶりの女性選手としてデビューしていた田中弓子に憧れたこともあり、競艇選手を志すようになり、本栖研修所に入所した[5]

研修所を卒業し、デビュー前に蒲郡競艇場で練習している際に大時計に激突する事故を起こし[6][7]、他の同期よりも半年遅れてのデビュー戦を迎えることとなった。

1989年に、優勝回数・勝率・獲得賞金の3部門で女子選手最高の成績を収め[8]、1990年代は 1990年から1992年にかけて女子王座決定戦を3連覇、ファンの人気投票によって選出されるSG笹川賞にも1990年以降通算9回出場。施行者による推薦による出場するSGモーターボート記念や勝率上位選手が出場するSG全日本選手権など、当時女子選手がSGに出る機会が少なかった頃から女子選手のパイオニアとしてSGに出場しており、強豪相手に2度の準優進出を果たしている。

2010年10月の選手登録更新時に視力検査をクリアできず、選手登録を抹消される。この時は引退することを考えたというが[7]、同期の今村豊から(選手辞めても)何もすることないじゃないか。選手やっとけ」と叱咤され[7]レーシック手術を受け視力検査をクリアし、翌月に再登録された[9]

2015年頃から父親の介護のため出走回数の減少を余儀なくされ、4期連続で規定勝率を達成することができずに2020年10月29日限りで引退した。通算成績7077戦1692勝[10]。今村も同年10月8日に引退しており、男女のレジェンドレーサーが同時期に去ることとなった。

2022年2月20日より、ボートレースとこなめ公式Youtubeチャンネル「にゃんこの目」において、講談師旭堂南鷹と番組の司会進行を務める[11]

戦歴

人物・エピソード

  • 蒲郡でのデビュー戦ではいきなりセンターの3コースに入った。本来新人選手はデビューしてすぐは事故防止のため大外の6コースからレースを覚えていくのが不文律であることから、鵜飼の3コース進入は前代未聞の出来事であった。本人は「他の選手からは何も言われなかったけど、レース後に競技委員長に呼び出されてむちゃくちゃ怒られた(笑)」と当時を振り返っている[7]
  • 上瀧和則西島義則と同様に典型的なイン屋として知られる。特に女子戦ではかつて前付けから高確率で1コースを奪っていたが、その後1号艇=枠主張の波に押されて2・3コースで折り合うケースがかなり増えてきている。
  • 海野ゆかり永井聖美が競艇場で鵜飼のレースを見て競艇選手を志した。
  • ワイン好きである。ワインセラーが宝物で、「ワインを飲むこと」が健康法と語っている。2006年女子王座決定戦でのチャリティーオークションではワインセラーをサイン入りで出品した。また、2008年11月に名古屋ワイン文化大使に任命された。
  • 趣味は手芸とゲームである[7]
  • 実況アナウンサーからは「インの鬼姫」(北嶋興[22]・「東海の女王蜂」(内田和男)などと呼ばれている。

主なタイトル

戦績

  • 出走回数:7077回
  • 1着回数:1692回
  • 優出回数:196回
  • 優勝回数:56回
  • フライング(F)回数:49回
  • 出遅れ(L)回数:3回
  • 通算勝率:5.78
  • 2連対率:42.65
  • 3連対率:57.07
  • 生涯獲得賞金:732,298,248円

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 女子王座決定戦では優勝を3回しているが、グレードレース改正がありG1競走となった2000年以降、初のG1優出となり、結果として最初にして最後のG1優出となった。

出典

  1. ^ 蛭子能収『競艇入門』、ポケットブック社、1992年11月、P174。
  2. ^ a b 木村1992、112頁。
  3. ^ 木村1992、112-113頁。
  4. ^ 木村1992、113頁。
  5. ^ 木村1992、113-114頁。
  6. ^ 鵜飼菜穂子、有終の1着「スタートは行こう」/常滑日刊スポーツ 2020年10月29日 2020年10月31日閲覧
  7. ^ a b c d e インの鬼姫 鵜飼菜穂子さんが登場! ボートレース ウィークリーJLCレジャーチャンネル 2020年11月16日配信
  8. ^ 木村1992、106頁。
  9. ^ 東京スポーツ・2010年3月3日付
  10. ^ 選手生活39年“インの鬼姫”鵜飼菜穂子が引退サンスポZBAT!競馬 2020年10月29日 2020年10月31日閲覧
  11. ^ インの鬼姫・鵜飼菜穂子と講談師・旭堂南鷹がレース解説&予想!】『にゃんこの目』~スポーツニッポン杯争奪第38回英傑戦 初日~【BRとこなめ公式】2022年2月20日配信
  12. ^ 木村1992、115頁。
  13. ^ レディースチャンピオン 記録集”. BOATRACE OFFICIAL. 2021年8月11日閲覧。
  14. ^ レディースチャンピオン 記録集”. BOATRACE OFFICIAL. 2021年8月11日閲覧。
  15. ^ レディースチャンピオン 記録集”. BOATRACE OFFICIAL. 2021年8月11日閲覧。
  16. ^ 日本モーターボート選手会長杯争奪戦 6日目 最終日 第10R 結果”. 艇国データバンク. 2021年8月11日閲覧。
  17. ^ 女子王座決定戦 6日目 最終日 第12R 優勝戦 結果”. BOATRACE OFFICIAL. 2021年8月11日閲覧。
  18. ^ 日本モーターボート選手会会長杯争奪戦 5日目 最終日 第12R 優勝戦 結果”. 艇国データバンク. 2021年8月11日閲覧。
  19. ^ 艇友ニュースアダムスキーカップ争奪男女W優勝戦 3日目 第3R 結果”. 艇国データバンク. 2021年8月11日閲覧。
  20. ^ ヴィーナスシリーズ第15戦常滑シンデレラカップ 6日目 最終日 第8R 結果”. BOATRACE OFFICIAL. 2021年8月11日閲覧。
  21. ^ ボート・鵜飼が引退 61歳 通算1692勝目で有終の美西日本スポーツ 2020年10月30日 2020年10月31日閲覧
  22. ^ 森且行トークショー&撮影会 大山加奈&狩野舞子も来場 常滑G1は6・2開幕/来社PR”. 日刊スポーツ (2022年5月29日). 2022年5月29日閲覧。

参考文献

  • 蛭子能収 『競艇入門』ポケットブック社〈Pocket book 38〉、1992年。ISBN 978-4-341-14038-0 
  • 木村幸治 『水上の格闘者たち』講談社、1992年。ISBN 978-4-06-204715-9 

外部リンク