内田和男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内田 和男(うちだ かずお、1960年9月12日-)は日本フリーアナウンサー。主に競艇関係の番組を担当している。また、株式会社メディアターナーの社長を務めている。関西大学社会学部卒業。大阪府生まれ。本名は内田宏和。

人物[編集]

競艇実況の第一人者として有名なアナウンサーである。以前は尼崎競艇場を担当していたほか、「植木VS中道・伝説の名勝負」と呼ばれる1995年賞金王決定戦住之江競艇場)をはじめとして、1990年代から数々のSGの優勝戦の実況を担当した。2000年代後期からは自らが代表を務めるメディアターナーに所属する後輩に実況を任せる機会が多くなり、2010年代に入ると内田自身が実況を担当することはほぼなくなった。

また実況以外でも、日本レジャーチャンネルの番組や、ピットレポート、選手インタビューなどにも広く出演している。またサンテレビ尼崎競艇中継の司会もしている。過去には植木通彦の結婚式の司会を務めたこともある。

近年の実況実績[編集]

括弧内は開催場・優勝者

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

実況パターン[編集]

SGの優勝戦では、3周目バックストレッチあたりからトップを走る選手のニックネームを交えての実況をし出す場合が多い。

  • 「内2(3)艇○号艇○号艇(○号艇)が好スタートでしょうか、1周第1ターンマークの攻防に入る」
  • 「イン戦速攻体勢は○号艇の○○○○」
  • 「○号艇の○○はもんどりうって後退し、~」(ターンマークの旋回で後続艇に差された選手に対して使う)
  • 「上位隊形は◇番△番、◇△隊形!」
  • 「ゴールまであと50メートル、30メートル、先頭○番の○○、優勝のゴールイン!」

選手のニックネーム[編集]

前述の通り実況の中で、選手のニックネームを言うことが多いことでも知られる。

など

外部リンク[編集]