鳴門競艇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳴門競艇場
Naruto-kyotei-707713.jpg
施設
所在地 鳴門市撫養町大桑島字辷岩浜48[1][2][3]
座標 北緯34度11分26.5秒
東経134度36分33.9秒
座標: 北緯34度11分26.5秒 東経134度36分33.9秒
開場 1953年4月24日
施行者 鳴門市・松茂町ほか二町競艇事業組合
コース
水面 [2](小鳴門海峡)
水質 海水[2][3]
モーター 減音 (ヤマト331型・大型吸気サイレンサー)
外向発売所
外向発売所 エディウィン鳴門
場外発売場
場外発売場
実況
担当 桃井雄也・小林習之・橋本理佳・平山信一など
テンプレートを表示
鳴門競艇場

鳴門競艇場(なるときょうていじょう)は、徳島県鳴門市にある競艇場である[4][2][3]

通称は、BOAT RACE鳴門(ボートレースなると)。

概要[編集]

施行者は鳴門市と松茂町ほか二町競艇事業組合(松茂町・北島町板野町による一部事務組合。かつては藍住町も参加しており「松茂町ほか三町競艇事業組合」という名称だった。)。

SG級の全国規模の名選手を多数抱える割には、施設の規模の小ささもあってか、SGの開催は草創期に現在の笹川賞競走の前身にあたる全国地区対抗競走が1度開催されたのみであったが、初の全国発売レースとして2009年4月14日 - 19日まで競艇名人戦競走が開催されたあと、施設改修後の2016年7月13日~18日に初めてのSGオーシャンカップ競走が開催された。[5]なお場内に設置されている大型映像装置の大きさは住之江に次ぐ。

傘下の場外発売場ボートピア土佐高知県香南市)・オラレ美馬(徳島県美馬市、2009年10月14日オープン)がある。また、尼崎ボートの主催者の1つである伊丹市が管理するミニボートピア洲本兵庫県洲本市)でも一部レースを場外発売する。さらに、2011年11月には本場に隣接して従来あった外向前売発売所を改装した外向発売所「エディウィン鳴門」がオープンした。

レース実況は桃井雄也、小林習之が中心に担当。たまに橋本理佳や平山信一、鈴木佳文も担当する。(以前は2012年3月までを岸本恵子と梅本真由美が担当。澤村美加と嵐みずえは2013年9月上旬で引退している。) SGは男子アナ(主に小林習之[† 1](小林大[† 2])、桃井雄也)が担当している。 2010年3月10日初日の開催より、大型吸気サイレンサー付き減音型のモーターが採用されている[6]

マスコットキャラクターはの「なるちゃん」である。

2014年2月19日から2月23日に開催される「60年ありがとう競走」を最後として、2016年4月27日までは南海地震津波対策として防御柵の設置工事を行うため、開催を実施しなかった。なおこの期間中も、外向き発売所・エディウィン鳴門と、ボートピア土佐、オラレ美馬での他場の相互場間場外の発売は実施を行った[7]。そして、2016年4月28日に新スタンド完成とともに開催を再開した。

コース概要[編集]

競走水面は海[2]で、水質は海水[2][3]。競走水面の幅は第1ターンマークのホーム側が45m、バック側が80mで、日本の競艇場の中でもかなり狭い[8]

四国本土と大毛島の間にある小鳴門海峡上に水面がある競艇場なので、潮の流れが速く、イン逃げが決まりやすいと言われている。水面にうねりが出て乗りにくいともいわれている[3]。立地上天候の影響を受けやすく、2009年1月12日の一般競走最終日が8R以降打ち切り開催中止になったり、2009年大晦日の松竹杯競走3日目が打ち切り順延になったり、翌2010年元旦も中止日程短縮になった。

主要開催競走[編集]

周年記念 (GI) のタイトルは「大渦大賞」。企業杯(GIII)として、大塚製薬の主力商品の名前を冠したオロナミンCカップ競走が行なわれている。

女子リーグ戦の名称は渦の女王決定戦競走。正月には松竹杯競走、ゴールデンウィークには日本モーターボート選手会会長杯競走、お盆には渦王杯競走が行なわれている。

2010年6月からは「ドーンと勝負!鳴門の3段ロケットレース!!」として、企画レースを開始した。

休止中の主要開催競走は2014年から2016年までは他場開催の予定で、丸亀競艇場宮島競艇場で開催された。

SG開催実績[編集]

年度 競走名 優勝者 登番 出身
2016 第21回オーシャンカップ 石野貴之 4168 大阪
2017 第27回グランドチャンピオン

SG開催予定[編集]

徳島支部の主な選手[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ こばやし しゅうしと読む。
  2. ^ 90年代までは、小林大名義で活動をしていた。

出典[編集]

  1. ^ 施設案内” (日本語). 鳴門競艇場. 2012年3月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 蛭子1992、201頁。
  3. ^ a b c d e 藤野2006、223頁。
  4. ^ ボートレース鳴門ホームページ 交通アクセス
  5. ^ ボートレースオフィシャルWEB・ニュース&トピックス2015年6月19日
  6. ^ ボートレースオフィシャルWEB・ニュース&トピックス2009年3月9日
  7. ^ ボートレース鳴門休催のお知らせ(2013年11月4日 2014年2月5日閲覧)、鳴門大戦ファイナル(掲載・閲覧日同文)
  8. ^ 水面特性&潮見表” (日本語). データ. 鳴門競艇場. 2012年3月19日閲覧。
  9. ^ a b c 無料送迎バス” (日本語). アクセス. 鳴門競艇場. 2016年5月13日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]