2012年のバレーボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

< 2012年 | 2012年のスポーツ

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

  • 1日 - この日までイランの旗 テヘランで行われていた第9回アジアユース男子選手権大会は、イランが優勝し大会5連覇。上位4チーム(イラン、中国、日本、韓国)が来年の世界ユース選手権の参加権を得た[74]
  • 29日 - JTサンダーズ久保義人監督が体調不良のため休養すると発表。休養期間中は徳元幸人コーチが指揮を執る[75]

12月[編集]

国際大会[編集]

国内大会[編集]

日本[編集]

韓国[編集]

  • Vリーグ優勝決定戦(5戦3勝先勝式)
    • 男子:サムソン火災ブルーファングス(3勝1敗)- 大韓航空ジャンボス(1勝3敗)
    • 女子:KGC人参公社(3勝2敗)- 現代建設ヒルステート(2勝3敗)

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【お知らせ】チャレンジリーグ女子・ひたちなか大会の入場について 日本バレーボールリーグ機構プレスリリース 2011年12月21日付告示
  2. ^ 東京ヴェルディバレーボールチーム. “本日の試合について”. 2012年1月8日閲覧。
  3. ^ Vリーグ機構. “没収試合のお知らせ(チャレンジリーグ男子)”. 2012年1月8日閲覧。
  4. ^ Vリーグ機構. “故・松平康隆氏の偉業を偲び全会場で黙祷”. 2012年1月8日閲覧。
  5. ^ ゲツバレ.net 春の高校バレーExpress 2012. “結果速報”. 2012年1月9日閲覧。
  6. ^ 日本バレーボール協会. “男子のチュニジアが2012年ロンドンオリンピックの出場権を獲得!”. 2012年1月24日閲覧。
  7. ^ Vリーグ機構. “準加盟チーム 『JAぎふ』 のV・チャレンジリーグ昇格の内定について”. 2012年1月24日閲覧。
  8. ^ J-cast. “韓国スポーツ界「八百長」拡大の恐れ プロ野球に波及すれば大打撃”. 2012年2月17日閲覧。
  9. ^ 時事ドットコム. “女子バレーでも八百長疑惑=「前例ない」と報道、検察が捜査”. 2012年2月17日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ 日本バレーボール協会. “女子のアルジェリアが2012年ロンドンオリンピックの出場権を獲得”. 2012年2月7日閲覧。
  11. ^ Vリーグ機構. “チャレンジリーグ男子最終結果”. 2012年3月4日閲覧。
  12. ^ Vリーグ機構. “プレミアリーグ女子レギュラーラウンド結果”. 2012年3月4日閲覧。
  13. ^ 毎日jp. “バレーボール:貝塚ドリームス解散へ”. 2012年3月9日閲覧。
  14. ^ 日本バレーボール協会. “故松平康隆氏お別れの会”. 2012年3月9日閲覧。
  15. ^ Vリーグ機構. “2011/12V・チャレンジリーグ女子最終結果”. 2012年3月11日閲覧。
  16. ^ Vリーグ機構. “プレミアリーグ男子レギュラーラウンド結果”. 2012年3月12日閲覧。
  17. ^ Vリーグ機構. “復興支援元気バレーボール教室”. 2012年3月19日閲覧。
  18. ^ 日本バレーボール協会. “2012年度全日本女子バレーボールチーム登録メンバー発表”. 2012年3月19日閲覧。
  19. ^ Vリーグ機構. “東レアローズが優勝(女子ファイナル)”. 2012年3月25日閲覧。
  20. ^ Vリーグ機構. “パナソニックパンサーズが2年ぶり3回目の優勝”. 2012年3月26日閲覧。
  21. ^ Vリーグ機構. “【プレスリリース】三洋電機レッドソアの解散について”. 2012年3月30日閲覧。
  22. ^ 日本バレーボール協会. “2012年度全日本男子チーム登録メンバー27名、ワールドリーグエントリーメンバー25名 発表”. 2012年4月2日閲覧。
  23. ^ Vリーグ機構. “【プレスリリース】健祥会レッドハーツの解散について”. 2012年4月3日閲覧。
  24. ^ パナソニックパンサーズ. “清水選手の怪我による全日本男子チーム離脱について”. 2012年4月10日閲覧。
  25. ^ 毎日jp. “ビーチバレー:日本バレーボール協会、藤沢市を功労表彰 大会開催尽力で−−きょう”. 2012年4月29日閲覧。
  26. ^ 「参加チームは、その時点における最高の状態、最強のメンバーをもって、Vリーグ機構における公式試合に臨まなければならない」としており、メンバーを落とすような行為は当該条項違反となる。
  27. ^ Vリーグ機構. “Vリーグ機構規約第19条違反に関する制裁について”. 2012年4月17日閲覧。
  28. ^ 日本バレーボール協会. “ワールドグランプリ全日本メンバー”. 2012年4月20日閲覧。
  29. ^ デンソー・エアリービーズ. “櫻井由香選手の現役引退について(2012.4.23)”. 2012年4月23日閲覧。
  30. ^ 時事ドットコム. “東レは2位=アジアクラブ女子バレー”. 2012年4月30日閲覧。
  31. ^ FIVB. “NORCECA's women's Olympic Qualification Tournament”. 2012年5月7日閲覧。
  32. ^ 大阪府バレーボール協会. “5月6日 女子決勝・男子決勝”. 2012年5月6日閲覧。
  33. ^ CEV. “8000 cheer as Turkey makes it to the Olympics for first time in history”. 2012年5月7日閲覧。
  34. ^ Vリーグ機構. “Befcoビービースターズの休部について”. 2012年5月9日閲覧。
  35. ^ 日本バレーボール協会. “男子のアルゼンチンがロンドンオリンピックの出場権を獲得”. 2012年5月14日閲覧。
  36. ^ 朝日新聞 2012年5月30日朝刊13版 21ページ
  37. ^ FIVB President statement on Women’s World Olympic Qualification Tournament FIVB Press Release 2012-5-29
  38. ^ 朝日新聞 2012年6月23日朝刊14版 22ページ
  39. ^ JOC. “ビーチ男子、五輪出場枠を獲得 アジア大陸カップ”. 2012年6月25日閲覧。
  40. ^ 日本バレーボール協会. “女子日本代表選手12名決定! 第30回オリンピック競技大会(2012/ロンドン)”. 2012年6月25日閲覧。
  41. ^ バレー五輪サオリンら12人 メグ外れる 日刊スポーツ 2012年6月25日閲覧
  42. ^ FIVB. “LIVE SCOREBOX”. 2012年7月2日閲覧。
  43. ^ 全日本大学バレーボール連盟. “2012年度 第31回東日本バレーボール大学選手権大会”. 2012年7月2日閲覧。
  44. ^ 日本バレーボール協会. “朝日健太郎/白鳥勝浩ペアがロンドンオリンピック男子ビーチバレー競技日本代表に決定”. 2012年7月4日閲覧。
  45. ^ 日本バレーボール協会. “優勝はポーランド FIVBワールドリーグ201”. 2012年7月9日閲覧。
  46. ^ Vリーグ機構. “2012アジア男子クラブ選手権大会試合結果”. 2012年7月12日閲覧。
  47. ^ 木村沙織 トルコ1部の強豪へ移籍「自分自身に一番驚いてます」 スポーツニッポン 2012年7月10日閲覧
  48. ^ 東レ・アローズ. “木村沙織選手のトルコ1部リーグへの移籍について”. 2012年7月10日閲覧。
  49. ^ 朝日新聞 2012年7月11日朝刊13版 24ページ
  50. ^ 越谷章選手勇退について 東レ・アローズ活動トピックス 2012年7月10日付
  51. ^ Vリーグ機構. “2012/13V・チャレンジリーグ男子 阪神デルフィーノ チーム名変更のお知らせ”. 2012年7月25日閲覧。
  52. ^ Vリーグ機構. “2012/13V・チャレンジリーグ 昇格内定チーム JAぎふのニックネーム及びロゴ決定のお知らせ”. 2012年7月25日閲覧。
  53. ^ 月刊バレーボール 2012年9月号 97ページ
  54. ^ 日本シッティングバレーボール協会. “女子日本代表愛称決定!! 「煌めきJapan」”. 2012年8月26日閲覧。
  55. ^ 日本バレーボール協会. “愛知・星城高校が優勝! インターハイ男子”. 2012年8月8日閲覧。
  56. ^ 日本バレーボール協会. “神奈川・川崎市立橘高校が優勝! インターハイ女子”. 2012年8月8日閲覧。
  57. ^ 日本バレーボール協会. “日本がベスト4進出! ロンドンオリンピック”. 2012年8月8日閲覧。
  58. ^ london2012.com. “Gold Medal Match”. 2012年8月9日閲覧。
  59. ^ 日本バレーボール協会. “日本が銅メダル 第3回アジアカップ男子大会”. 2012年9月10日閲覧。
  60. ^ Vリーグ機構. “2012V・サマーリーグ決勝リーグ最終日”. 2012年9月10日閲覧。
  61. ^ 日本バレーボール協会. “日本、出場権を逃す FIVBワールドリーグ2013予選”. 2012年9月10日閲覧。
  62. ^ 日本バレーボール協会. “日本は5位 第3回アジアカップ女子大会”. 2012年9月18日閲覧。
  63. ^ グラサ新会長選出 国際バレーボール連盟 日刊スポーツ 2012年9月22日閲覧
  64. ^ 日本バレーボール協会. “朝日健太郎選手 引退記者会見”. 2012年9月25日閲覧。
  65. ^ Vリーグ機構. “第7期定時社員総会について”. 2012年9月25日閲覧。
  66. ^ 五輪銅の女子バレー真鍋監督が続投 日刊スポーツ 2012年10月3日閲覧
  67. ^ 日本バレーボール協会. “全日本男子バレーボールチーム監督 公募のご案内”. 2012年10月5日閲覧。
  68. ^ 日本バレーボール協会. “日本が大会2連覇! 第16回アジアジュニア男子選手権大会”. 2012年10月10日閲覧。
  69. ^ 日本バレーボール協会. “日本が銅メダル 第16回アジアジュニア女子選手権大会”. 2012年10月10日閲覧。
  70. ^ 日本バレーボール協会. “日本が大会4連覇! 第9回アジアユース女子選手権大会”. 2012年10月24日閲覧。
  71. ^ サオリン、デビュー戦で7点 日刊スポーツ 2012年10月24日閲覧
  72. ^ Vリーグ機構. “Vリーグ新テーマソングを下野ヒトシ氏がプロデュース”. 2012年10月29日閲覧。
  73. ^ Vリーグ機構. “2012/13Vリーグオフィシャル応援アンバサダーに若狭みなとさんを任命”. 2012年10月29日閲覧。
  74. ^ 日本バレーボール協会. “日本は銅メダル 第9回アジアユース男子選手権大会”. 2012年11月5日閲覧。
  75. ^ JTサンダーズ. “チームスタッフの一時的変更について”. 2012年11月30日閲覧。
  76. ^ 全日本大学バレーボール連盟. “試合結果”. 2012年12月9日閲覧。
  77. ^ 日本バレーボール協会. “FIVBワールドリーグ2013 日本とエジプトの出場が決定”. 2012年12月24日閲覧。
  78. ^ Скончалась вице-президент НОК Узбекистана Вера Дуюнова 12UZ 2012-3-3
  79. ^ 日本バレーボール協会. “【訃報】日本バレーボール協会元専務理事 小山勉さん(75歳)逝去”. 2012年7月2日閲覧。
  80. ^ オフチニコフ氏が死去 ロンドン五輪ロシア女子監督 産経新聞 2012年8月29日閲覧
  81. ^ 月刊バレーボール 2012年11月号 118ページ