2007年のバレーボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 2007年 | 2007年のスポーツ

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 1日 - 「月刊バレーボールマガジン」(オフィス美輪)が2月1日発売の2007年3月号をもって休刊[1]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

  • 23日 - 女子アジアクラブ選手権でカザフスタンのラハトが3年ぶりの優勝。日本の久光製薬スプリングスは3位[17]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

  • 2日 - 日本で開催された第11回ワールドカップ男子大会でブラジルが2連覇[36]。日本は9位。

国際大会[編集]

国内大会[編集]

日本[編集]

韓国[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月刊誌「バレーボールマガジン」一時休刊&リニューアル復刊予定のお知らせ”. バレーボールマガジン. 2010年8月29日閲覧。
  2. ^ BERGAMO WIN CHAMPIONS' LEAGUE FOR FIFTH TIME!”. CEV (2007年3月25日). 2010年8月31日閲覧。
  3. ^ a b 現代キャピタル(男子)、興国生命(女子)が2連覇 - 韓国vリーグ”. Vリーグ (2007年4月5日). 2010年8月29日閲覧。
  4. ^ GERMAN FRIEDRICHSHAFEN WITH SENSATIONAL CHAMPIONS' LEAGUE VICTORY!”. CEV (2007年4月1日). 2010年8月31日閲覧。
  5. ^ IN MEMORIAM: SERBIAN NATIONAL TEAM PLAYER PETROVIC”. CEV (2007年4月5日). 2010年8月29日閲覧。
  6. ^ サントリーが3シーズンぶりに王座奪還”. Vリーグ (2007年4月14日). 2010年8月29日閲覧。
  7. ^ 久光製薬が5シーズンぶりに優勝”. Vリーグ (2007年4月15日). 2010年8月29日閲覧。
  8. ^ 荒木田裕子さんOCA理事選出について”. JVA (2007年4月17日). 2010年9月1日閲覧。
  9. ^ 2007全日本女子バレーボールチーム登録メンバー”. JVA (2007年4月19日). 2010年9月1日閲覧。
  10. ^ 現代キャピタルが優勝”. Vリーグ (2007年4月22日). 2010年8月29日閲覧。
  11. ^ 久光製薬が大会2連覇”. Vリーグ (2007年4月30日). 2010年8月29日閲覧。
  12. ^ 江藤直美選手、朝倉香苗選手、平山恵選手が勇退”. JTマーヴェラス (2007年5月). 2010年8月29日閲覧。
  13. ^ バレー井野亜季子が仏リーグのカンヌ移籍”. ニッカンスポーツ (2007年5月13日). 2010年8月29日閲覧。
  14. ^ Sisley Treviso Campione d'Italia 2006/07”. Legavolley (2007年5月17日). 2010年9月1日閲覧。
  15. ^ 2007アジアクラブ選手権(男子)”. Vリーグ (2007年6月6日). 2010年8月31日閲覧。
  16. ^ Despar Perugia: campione d'Italia per la terza volta”. Legavolley femminile (2007年6月13日). 2010年9月1日閲覧。
  17. ^ 2007アジアクラブ選手権(女子)”. Vリーグ (2007年6月23日). 2010年8月31日閲覧。
  18. ^ Brazil wins its seventh FIVB World League”. FIVB (2007年7月15日). 2010年8月29日閲覧。
  19. ^ 落合選手退団のお知らせ (PDF)”. 久光製薬スプリングス (2007年). 2010年8月29日閲覧。
  20. ^ Netherlands land first title at the FIVB World Grand Prix in style”. FIVB (2007年8月26日). 2010年8月29日閲覧。
  21. ^ 松平康隆名誉会長、名誉都民に内定”. JVA (2007年9月11日). 2010年9月1日閲覧。
  22. ^ 名誉都民に松平氏ら3人”. MSN産経ニュース (2007年10月3日). 2010年9月1日閲覧。
  23. ^ Australia Win Title, Thailand Beat Japan At Asian Men's VolleyballChampionship”. AVC (2007年9月10日). 2010年8月31日閲覧。
  24. ^ Campeonato Sudamericano Masculino de Adultos: Brasil el mejor del Continente”. CSV (2007年9月9日). 2010年8月31日閲覧。
  25. ^ Kenya Wins the trophy and secured World Cup Berth”. CAVB (2007年9月11日). 2010年8月31日閲覧。
  26. ^ Japan Land Asian Title for the First Time in 24 Years”. AVC (2007年9月14日). 2010年8月31日閲覧。
  27. ^ 柴田・勝野選手、海外チームへの移籍のお知らせ”. 東レアローズ (2007年9月14日). 2010年8月29日閲覧。
  28. ^ SPAIN SURPRISINGLY CLAIM 2007 INDESIT EUROPEAN CHAMPIONSHIP TITLE”. CEV (2007年9月16日). 2010年8月31日閲覧。
  29. ^ USA Men Captured NORCECA Gold Against Puerto Rico”. NORCECA (2007年9月21日). 2010年8月31日閲覧。
  30. ^ Cuba edged USA in five sets to win NORCECA Women's”. NORCECA (2007年9月22日). 2010年8月31日閲覧。
  31. ^ Egypt won the second consecutive victory and clinched the World Cup Berth”. CAVB (2007年9月23日). 2010年8月31日閲覧。
  32. ^ Campeonato Sudamericano Femenino de Adultos: Brasil conquista su 15º título Sudamericano”. CSV (2007年9月30日). 2010年8月31日閲覧。
  33. ^ ITALY CELEBRATE FIRST INDESIT EUROPEAN CHAMPIONSHIP TITLE”. CEV (2007年9月30日). 2010年8月31日閲覧。
  34. ^ Six International Greats Receive Volleyball's Highest Honor at Volleyball Hall of Fame”. Volleyball Hall of Fame (2007年10月22日). 2010年9月1日閲覧。
  35. ^ FIVB Women's World Cup 2007: gold medal for Italy. Italy, Brazil and U.S.A. qualified for Beijing Olympic Games”. FIVB (2007年11月16日). 2010年8月29日閲覧。
  36. ^ FIVB Volleyball World Cup 2007: Gold medal for Brazil, qualified for Beijing Olympics with Russia and Bulgaria”. FIVB (2007年12月2日). 2010年8月29日閲覧。