2022年のバレーボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

< 2022年 | 2022年のスポーツ

2022年のバレーボール(2022ねんのバレーボール)では、2022年バレーボール関連の出来事をまとめる。

2021年のバレーボール - 2022年のバレーボール - 2023年のバレーボール

できごと[編集]

1月[編集]

3月[編集]

  • 1日 - 【FIVB】国際バレーボール連盟(FIVB)はこの日、今夏に開催予定の男子世界選手権について、ロシアの開催剥奪を決定[4][5]。また、VFRとベルラーシの国際大会の出場権も剥奪。

4月[編集]

5月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

12月[編集]

結果[編集]

国内大会[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “日本航空が逆転勝ち 山梨県勢初の優勝 エース前嶋悠仁が38得点/春高バレー”. サンスポ. (2022年1月9日). https://www.sanspo.com/article/20220109-ML5TRBFEXJKFDDQ53LKUA2S3WM/  2022年1月9日閲覧。 
  2. ^ “就実が3―1で2大会連続4度目の優勝 双子の深沢姉妹がけん引/春高バレー”. サンスポ. (2022年1月9日). https://www.sanspo.com/article/20220109-JQ47X2H2M5NUNBKMODPNKWB5Z4/ 2022年1月9日閲覧。 
  3. ^ “「事実を隠蔽した」嶋岡健治会長に解職処分 ビーチバレー診断書偽造問題”. 日刊スポーツ. (2022年1月13日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202201130000962.html 2022年1月13日閲覧。 
  4. ^ “FIVB Volleyball Men’s World Championship 2022 To Be Removed From Russia” (HTML) (プレスリリース), Fédération internationale de volley-ball, (2022年3月1日), https://www.fivb.com/en/about/news/fivb-volleyball-men%E2%80%99s-world-championship-2022-to?id=96822 2022年3月1日閲覧。 
  5. ^ バレーボール男子世界選手権、開催地をロシアから変更 - スポーツ報知、2022年3月1日配信、3月2日閲覧
  6. ^ “Vリーグ、16日の「JT-久光」プレーオフ女子決勝第2戦は中止 両チームからコロナ陽性者”. 日刊スポーツ. (2022年4月15日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202204150000284.html 2022年4月15日閲覧。 
  7. ^ “サントリーが連覇 9度目のリーグV”. 月バレcom. (2022年4月17日). https://www.getsuvolley.com/220417_suntory_win 2022年4月17日閲覧。 
  8. ^ “【バレー】女子は東レ、男子はサントリーが連覇/黒鷲旗全日本選抜大会詳細”. 日刊スポーツ. (2022年5月5日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202205050000005.html 2022年5月5日閲覧。 
  9. ^ HOSTS PEYKAN DOMINATE 2022 ASIAN MEN’S CLUB CHAMPIONSHIP TO SECURE BERTH FOR CLUB WORLDS” (2022年5月21日). 2022年12月30日閲覧。
  10. ^ サマーリーグ女子東部大会 PFUが2連覇を達成” (2022年7月4日). 2022年12月30日閲覧。
  11. ^ サマーリーグ女子西部大会 JTマーヴェラスが優勝” (2022年7月4日). 2022年12月30日閲覧。
  12. ^ Italy sweep Brazil to triumph as first-time VNL champs” (2022年7月17日). 2022年12月30日閲覧。
  13. ^ Paola Egonu’s fantastic performance crowned with MVP award” (2022年7月17日). 2022年12月30日閲覧。
  14. ^ France win spectacular final to snatch historic VNL gold” (2022年7月24日). 2022年12月30日閲覧。
  15. ^ Earvin Ngapeth earns yet another MVP award” (2022年7月24日). 2022年12月30日閲覧。
  16. ^ “【四国インターハイ2022】金蘭会が全国の頂点に! 2度目の制覇! 古川学園を3-0で下し、優勝を果たす”. 月刊バレーボール. (2022年8月1日). https://www.getsuvolley.com/220801_ih2022_03  2022年8月1日閲覧。 
  17. ^ “【四国インターハイ2022】東山 歓喜の初優勝”. 月刊バレーボール. (2022年8月7日). https://www.getsuvolley.com/220808_ih2022_men_final_photo 2022年8月7日閲覧。 
  18. ^ “イタリア、24年ぶり優勝 バレー・男子世界選手権”. 朝日新聞デジタル. (2022年9月13日). https://www.asahi.com/articles/DA3S15414211.html?iref=ogimage_rek 2022年12月6日閲覧。 
  19. ^ 2022女子世界選手権”. 日本バレーボール協会. 2022年12月6日閲覧。
  20. ^ “【バレー】ジェイテクト天皇杯V、圧巻3-0で東レ倒す スパイク決定率驚異の60・9%”. 日刊スポーツ. (2022年12月18日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202212190000275.html 2022年12月18日閲覧。 
  21. ^ “【バレー】NEC初V、27得点の古賀紗理那「個人技ではなくチーム全体の勝利」個々の力高まる”. 西日本スポーツ. (2021年12月19日). https://www.nikkansports.com/sports/news/202212190000267.html 2022年12月18日閲覧。