バレーボールペルー女子代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Volleyball (indoor) pictogram.svgバレーボールペルー女子代表
国または地域 ペルーの旗 ペルー
大陸連盟 南米バレーボール連盟
協会 ペルーバレーボール連盟
監督 ペルーの旗 ナタリア・マラガ
国名コード PER (Peru)
FIVBランキング 26位(2017年8月版)[1]
オリンピック
出場回数 7回
初出場 1968 メキシコ
最高成績 2位銀メダル(1988)
世界選手権
出場回数 12回
初出場 1960 世界選手権
最高成績 2位銀メダル(1982)
ワールドカップ
出場回数 8回
初出場 1973 ワールドカップ
最高成績 4位(1973)
南米選手権
出場回数 27回
最高成績 1位優勝(1964、1967、1971、1973、1975、1977、1979、1983、1985、1987、1989、1993)
テンプレートを表示

バレーボールペルー女子代表(バレーボールペルーじょしだいひょう)は、バレーボールの国際大会で編成されるペルーの女子バレーボールナショナルチームである。

1955年国際バレーボール連盟へ加盟[2]

歴史[編集]

南米選手権での優勝回数はブラジルにひけをとらない。しかし近年はブラジルに押されている傾向が強い。

1960年代に加藤明が監督に就任して以来力を付け、1980年代に最も強さを見せた。1982年世界選手権で準優勝すると1986年の世界選手権でも3位に入った。そして1988年にはソウルオリンピックで銀メダルを獲得した。

だが、1990年代に入ると徐々にブラジルが南米チャンピオンを不動のものにしてくると、国際舞台での成績が後退してくる。2000年のシドニー五輪を最後に世界三大大会に不参加となった。2006年世界選手権に出場し、予選ラウンド敗退ながらも同大会銅メダルのセルビア・モンテネグロ(当時)や強豪のキューバトルコらとフルセットで接戦を演じるなど復活をアピールした。2007年南米選手権では決勝でブラジルに敗れるも、準優勝でワールドカップ出場を決めた。しかし、同年末に地元のペルーで開催された北京五輪南米予選でベネズエラに2-3で敗戦を喫し、3大会ぶりの五輪出場はならなかった。

2009年南米選手権アルゼンチンの復活などもあり、銅メダルと一歩後退するも、来年に日本で開催される世界選手権の出場権を獲得した。2010年、パン・アメリカンカップでキューバに次ぐ準優勝を果たし、1994年以来となるワールドグランプリの出場を決めた。同年10-11月の世界選手権で1次ラウンドで2勝3敗で4位通過した。2次ラウンドでは勝ち星を挙げることができず、15位タイで大会を終えた。

2011年モントルーバレーマスターズに初出場した。同年のワールドグランプリにも1994年以来の出場を果たすが、勝ち星を得られず最下位に終わった。9月の南米選手権は3位でメダルは死守したがワールドカップ出場を逃した。 2012年世界最終予選ケニアの出場辞退により参加したが、4大会ぶりの五輪出場はならなかった。

過去の成績[編集]

オリンピックの成績[編集]

世界選手権の成績[編集]

ワールドカップの成績[編集]

南米選手権の成績[編集]

現在の代表[編集]

リオデジャネイロオリンピックバレーボール競技 女子世界最終予選兼アジア予選に登録されたメンバー[3][4]

監督 ブラジルの旗 マウロ・マラシウロ
No. 選手名 シャツネーム 身長 所属 P 備考
1 ディアナ・デラペーニャ De La Peña 187 Club Deportivo Geminis MB
2 ミルタ・ウリベ Uribe 182 Club Deportivo Jaamsa MB 主将
3 カルラ・ルエダ Rueda 184 Club Deportivo Géminis WS
4 アレクサンドラ・マカド Machado 178 Club Regatas Lima
5 バネッサ・パラシオス Palacios 167 Club Univ. Cesar Vallejo L
6 アレクサンドラ・ムニョス Muñoz 177 Club Deportivo Geminis S
7 スサン・エゴアビル Egoavil 162 Club Sporting Cristal L
8 マギラウラ・フリアス Frias 180 Club Univ. San Martin De Porre OP
9 カテリネ・レハラド Regalado 190 Club Alianza Lima OP
10 カテリネ・オレマル Olemar 174 Club Sporting Cristal WS
11 クラリベト・イエスカス Yllescas 183 Club Univ. Cesar Vallejo MB
12 アンヘラ・レイバ Leyva 180 U. San Martín de Porres WS
13 シアマラ・アルメイダ Almeida 172 Club Sporting Cristal S
14 アンドレア・ウルティア Urrutia 183 Club Univ. San Martin de Porre MB
15 ヒラリー・パルマ Palma 169 Club Sporting Cristal WS
16 ナタリー・サンドバル Sandoval 178 Club Deportivo Géminis
17 ディアナ・マガジャネス Magallanes 181 Club Sporting Cristal S
18 コライマ・ゴメス Gomez 177 Club Alianza Lima WS
19 エスメラルダ・サンチェス Sanchez 162 Club Alianza Lima
20 ミリアム・パティーニョ Patiño 167 Club Regatas Lima

歴代代表選手[編集]

★マークはバレーボール殿堂入りのプレーヤー。

脚注[編集]

  1. ^ FIVB. “FIVB Senior World Ranking - Women”. 2017年8月22日閲覧。
  2. ^ Confederación Sudamericana de Voleibol (CSV)”. FIVB. 2010年8月3日閲覧。
  3. ^ TEAM ROSTER
  4. ^ 『2016リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選』公式プログラム 36-37ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]