アンヘラ・レイバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンヘラ・レイバ
María Ángela Leyva Tagle
 No.12
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 ペルーの旗 ペルー
生年月日 (1996-11-22) 1996年11月22日(20歳)
出身地 ペルーの旗 リマ
ラテン文字 María Ángela Leyva Tagle
身長 182cm[1]
体重 70kg[1]
選手情報
所属 ウニベルシダ・サン・マルティン
ポジション WS
スパイク 312cm[1]
ブロック 291cm[1]
 
獲得メダル
南米選手権
2015 コロンビアの旗カルタヘナ
テンプレートを表示

アンヘラ・レイバ(María Ángela Leyva Tagle、女性、1996年11月22日 - )は、ペルーバレーボール選手である[1]リマ出身。

14歳でペルーのU-16、U-18(ユース)代表、U-20(ジュニア)代表はおろかシニア代表入りを果たした[2]逸材。2012年のバレーボール南米ユース選手権において、主将としてチームを32年ぶりの優勝に導き、全世代を含めると19年ぶりの優勝をペルーにもたらした[3]国際バレーボール連盟公式サイトでは「ペルーのライジングスター」と紹介されている[1]

選手キャリア[編集]

2010-2011年[編集]

レイバはペルー国内リーグ(英語版)のクラブチームであるCamino de Vidaでバレーボール競技者となった。14歳にして翌年開催予定の南米U-16女子バレーボール選手権代表に選出され、かつ主将に抜擢された。翌2011年のモントルーバレーマスターズではシニアチーム入りしている。

所属していたCamino de Vidaが解散の憂き目にあうが、セナイダ・ウリベ英語版ソウルオリンピック銀メダリスト)が創設したウニベルシダ・サン・マルティン女子バレーボールチームに加わり、同年の国内リーグで健闘し2位に食い込んだ。

ウルグアイカネローネスで開催された南米U-16女子バレーボール選手権では、19年ぶりにブラジルを破る大金星をあげ、主将としてチームを準優勝に導いた。この大会でレイバはベストスコアラー並びにベストスパイカーの栄誉に浴している。

レイバは2012年パンアメリカンカップのシニア代表に招集され、シニア大会及びU-22大会のメンバーに名を連ねた。その後出場した南米ジュニア選手権では準優勝を果たし自らもベストサーバーに輝いた[4]

2012年[編集]

主将としてレイバは2012年ユース選手権に臨み、実に32年ぶりとなる優勝を果たす。全世代カテゴリーを通じても南米選手権では19年ぶりとなる快挙であった。レイバはこの大会で、MVP、ベストスコアラー及びベストスパイカーを獲得した[5]

2013年[編集]

この年レイバは二つのアンダーエイジ世界選手権に出場している。6月にチェコブルノで開催された世界ジュニア選手権では12位に沈んだが[6]ベストスコアラー部門で第3位の好成績を残した[7]

7月にタイナコーンラーチャシーマーで開催された世界ユース選手権では、予選ラウンドを2位で通過し「ダークホース」と目された[8]ペルーチームは準々決勝でティヤナ・ボシュコビッチ率いるセルビアと激突し、フルセットの大接戦の末に勝利し準決勝進出を果たした[9]。これは「ペルーの復活」と謳われる20年ぶりの快挙であった[8]。翌日に行われた準決勝では中国と対決した。2セットアップしたがここから中国が盛り返し、またもやフルセットになだれ込む。ペルーはマッチポイントを10度も握りながら、21-23で最終セットを失った[10]。力尽きたペルーチームは銅メダルマッチでもブラジルに完敗し4位となったが、レイバはベストオポジットの栄誉に浴した[11]

2015年[編集]

6月に自国開催となったパンアメリカンカップに出場しペルーチームは9位となったが[12]、レイバはベストオポジットに選出された[13]

9月にコロンビアカルタヘナで開催された南米選手権では銀メダルに輝き[14]、自らもベストアウトサイドヒッターに選出された[15]

2016年[編集]

1月にアルゼンチンサン・カルロス・デ・バリローチェで開催されたリオデジャネイロオリンピック南アメリカ予選に出場したレイバは、チームを準優勝に導き世界最終予選に駒を進めるとともに、自らもベストアウトサイドヒッターに輝いた[16]

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

受賞歴[編集]

  • 2011年
    • 南米U-16女子バレーボール選手権 - ベストスコアラー、ベストスパイカー
  • 2012年
    • ペルー国内ジュニアリーグ - ベストスコアラー、ベストスパイカー
    • 南米ジュニア女子バレーボール選手権 - ベストサーバー、ベストスパイカー
    • 南米ユース女子バレーボール選手権 - MVP、ベストスパイカー
  • 2013年
  • 2014年
    • 南米バレーボールクラブ選手権 - ベストアウトサイドスパイカー
    • 南米U-22選手権(英語版)- MVP
    • ファイナルフォーカップ(英語版) - ベストレシーバー
  • 2015年
    • 南米バレーボールクラブ選手権 - ベストアウトサイドスパイカー
    • ペルー国内リーグ - ベストアウトサイドスパイカー、ベストスパイカー
    • ラティーナ杯U-20(英語版) - MVP、ベストオポジット
    • ワールドカップ南米予選 - ベストオポジット
    • パンアメリカンカップ - ベストオポジット
    • 南米選手権 - ベストアウトサイドヒッター
  • 2016年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f FIVB. “Players”. 2015年10月5日閲覧。
  2. ^ Habla la cápitana del equipo infantil (In Spanish)
  3. ^ Oro Peruano” (Spanish). Voleibol.pe. 2015年10月5日閲覧。
  4. ^ voleibol.pe. “Brasil, Perú y Colombia al Mundial” (Spanish). 2012年10月22日閲覧。
  5. ^ Oro Peruano” (Spanish). Voleibol.pe (2012年11月27日). 2015年10月4日閲覧。
  6. ^ 2013 FIVB Women's U20 Final Ranking
  7. ^ 2013 FIVB Women's U20 Best Scorers
  8. ^ a b FIVB. “Peru claim a historic win over resurgent Serbia”. www.fivb.org. 2015年10月9日閲覧。
  9. ^ FIVB. “VOLLEYBALL • Match result”. 2015年10月9日閲覧。
  10. ^ FIVB. “VOLLEYBALL • Match result”. 2015年10月9日閲覧。
  11. ^ China claim fourth historic gold at Girls' U18 World Championship”. Nakhon Ratchasima, Thailand: FIVB (2013年8月4日). 2015年10月4日閲覧。
  12. ^ Peru overcomes Mexico for ninth place”. Lima, Peru: NORCECA (2015年6月20日). 2015年6月21日閲覧。
  13. ^ Krista Vansant named MVP of the Pan Am Cup”. Lima, Peru: NORCECA (2015年6月21日). 2015年6月21日閲覧。
  14. ^ “Brasil vence o Peru e conquista o Sul-Americano de vôlei pela 19ª vez [Brazil beats Peru and conquer the South American volleyball for the 19th time]” (Portuguese). Lance!. Terra. (2015年10月4日). http://esportes.terra.com.br/lance/brasil-vence-o-peru-e-conquista-o-sul-americano-de-volei-pela-19-vez,2f455019efe96167896de0f9e9aa5d35zf60xuxf.html 2015年10月4日閲覧。 
  15. ^ “Sudamericano F: I premi individuali. Gabi MVP [South American Female Championship: The individual awards. Gabi MVP]” (Italian). volleyball.it. (2015年10月4日). http://www.volleyball.it/notizie.asp?n=106671&l=0 2015年10月4日閲覧。 
  16. ^ CSV. “PREOLÍMPICO FEMENINO: LA SELECCIÓN ARGENTINA SE QUEDÓ CON LA PLAZA OLÍMPICA PARA RÍO 2016”. 2016年1月11日閲覧。