清水邦広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水 邦広
Kunihiro Shimizu
パナソニックパンサーズ  No.1[1]
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Volleyball attack and triple block-pjt.jpg
2011年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-08-11) 1986年8月11日(35歳)[2]
出身地 福井県福井市品ヶ瀬町
(旧足羽郡美山町品ヶ瀬)[3]
ラテン文字 Kunihiro Shimizu
身長 193cm[4]
体重 94kg[5]
血液型 B型
選手情報
所属 パナソニックパンサーズ
愛称 ゴリ
ポジション OP[6]
指高 260cm[7]
利き手
スパイク 348cm[8]
ブロック 330cm[9] 
獲得メダル
日本の旗 日本
アジア大会
2010 男子
2014 男子
アジア選手権
2009 男子
2015 男子
テンプレートを表示

清水 邦広(しみず くにひろ、1986年8月11日 - )は、日本の男子バレーボール選手。福井県福井市品ヶ瀬町出身。ポジションはオポジットV.LEAGUE DIVISION1のパナソニックパンサーズ所属[10]。愛称はゴリ

来歴[編集]

ママさんバレーをしていた母親の影響で、上宇坂小学4年(上宇坂スポーツ少年団)よりバレーボールを始める[11]福井工業大学附属福井高等学校を経て、東海大学に進学。

2007年、大学在学中の20歳で、全日本代表オポジットに選出。2007年ワールドリーグ東京大会に緊急招集され、翌日の試合でいきなり代表デビューを飾った。2007年ワールドカップでは、初戦の勝利に貢献するなど活躍した。12月16日に青山記念体育館で行われた全日本インカレ大会では、全日本監督の植田辰哉が駆けつけて激励の演説をした。

2008年北京オリンピック世界最終予選を経て、福澤達哉とともに最年少の21歳で北京オリンピック代表に選出され出場。

2009年4月パナソニックパンサーズに入団。11月に開催されたワールドグランドチャンピオンズカップでは全日本男子32年ぶりの国際大会の銅メダル獲得に貢献し、ベストスコアラー賞を獲得。Vプレミアリーグではパナソニックの2年ぶりの優勝に貢献し、最高殊勲選手賞、スパイク賞、ベスト6を獲得した。

2010年、黒鷲旗大会のパナソニックの3連覇に貢献し、2年連続黒鷲賞を獲得した。

左手甲を負傷中のため、2013年ワールドリーグのメンバー(22名)には選出されなかった[12]。その後、同年9月の2014年世界選手権アジア最終予選のメンバー(12名)には選ばれた。

2013/14Vプレミアリーグにおいて、パナソニックの2年ぶり優勝に大きく貢献し、自らも二度目となるMVPとベスト6、スパイク賞を受賞した[13]

2015年8月に開催された第18回アジア選手権で優勝に大きく貢献し、自らもMVPに輝いた[14]

2018年2月18日に行われたVファイナルステージ・対JT戦の第一セットで、アタックし着地した際に右膝を捻り、右膝前十字靱帯および内側側副靱帯の断裂に加え、半月板損傷軟骨損傷で全治12か月という大怪我を負う[15][16]。その後手術を数度繰り返すこととなるが、リハビリを重ねて復帰を果たし、2019-20シーズンより2シーズン連続でV.LEAGUEの敢闘賞を受賞している。

2021年、東京オリンピックで、若きエース・西田有志の控えではあったが、試合に出場して日本代表の準々決勝進出に貢献[17][18]。準々決勝でブラジルに敗退。この試合をもって日本代表を引退する意向をInstagramで発表したが、現役続行の意向も示した[19]

人物[編集]

球歴[編集]

  • 日本代表 - 2007年-2021年
    • オリンピック - 2008年、2021年(東京2020)
    • ワールドカップ - 2007年、2011年、2015年、2019年
    • ワールドリーグ - 2007年、2008年、2009年
    • ワールドグランドチャンピオンズカップ - 2009年、2013年

受賞歴[編集]

所属チーム[編集]

参考文献[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『2011/12 V・PREMIER/V・CHALLENGE LEAGUE MEN OFFICIAL PROGRAM』2011年12月発売
  2. ^ 『2011/12 V・PREMIER/V・CHALLENGE LEAGUE MEN OFFICIAL PROGRAM』2011年12月発売
  3. ^ 『2011/12 V・PREMIER/V・CHALLENGE LEAGUE MEN OFFICIAL PROGRAM』2011年12月発売
  4. ^ Vリーグ 公式プロフィール
  5. ^ Vリーグ 公式プロフィール
  6. ^ 『2011/12 V・PREMIER/V・CHALLENGE LEAGUE MEN OFFICIAL PROGRAM』2011年12月発売
  7. ^ 『2011/12 V・PREMIER/V・CHALLENGE LEAGUE MEN OFFICIAL PROGRAM』2011年12月発売
  8. ^ スポーツナビ その他 バレーボール 選手プロフィール、2011年7月18日閲覧
  9. ^ 同上
  10. ^ 選手・スタッフ紹介”. パナソニックパンサーズ. 2018年8月21日閲覧。
  11. ^ 「月刊バレーボール」2017年12月号臨時増刊 46ページ
  12. ^ スポーツナビ 石島、越川らを選出、負傷の清水は外れる、2013年5月1日
  13. ^ Vリーグ機構. “2013/14 V・プレミアリーグ 男子表彰選手”. 2014年4月14日閲覧。
  14. ^ worldofvolley.com. “ACH M: Kunihiro Shimizu won the MVP award”. 2015年8月9日閲覧。
  15. ^ 清水選手の怪我による離脱について”. パナソニックパンサーズ. 2018年2月25日閲覧。
  16. ^ 諦めかけた清水邦広を支えた名医。バレー界に信頼される「荒木先生」。(米虫紀子)” (日本語). Number Web - ナンバー. 2021年9月21日閲覧。
  17. ^ 結果 - 男子予選ラウンド - プールA 日本対イラン”. TOKYO 2020. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2021年8月9日閲覧。
  18. ^ “清水邦広のバレーボール日本男子、29年ぶり準々決勝進出 東京五輪1次リーグでイラン破り3勝2敗”. 福井新聞. (2021年8月1日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1369498 2021年8月9日閲覧。 
  19. ^ “清水邦広が日本代表引退、初選出から14年間「かけがえのない経験」 SNSで報告”. 福井新聞. (2021年8月6日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1373003 2021年8月9日閲覧。 
  20. ^ nikkansports.com. “中島美嘉がクリスマス結婚”. 2014年12月25日閲覧。
  21. ^ 中島美嘉、元バレー日本代表・清水と離婚…東京と大阪拠点「心の距離まで離れ」”. スポニチアネックス (2018年2月3日). 2018年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]