コンテンツにスキップ

トーマス・エドガー (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
トーマス・エドガー
Thomas Edgar
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 (1989-06-21) 1989年6月21日(35歳)
出身地 クイーンズランド州の旗 クイーンズランド州バンダバーグ
ラテン文字 Thomas Edgar
身長 212cm
体重 106kg
選手情報
ポジション OP
利き手
スパイク 360cm
ブロック 341cm
テンプレートを表示

トーマス・エドガー(Thomas Edgar、1989年6月21日 - )は、オーストラリアバレーボール選手[1]オーストラリア代表[2]

来歴

[編集]

クイーンズランド州バンダバーグ出身[2]。2004年に地元の高校でバレーボールを始め、クイーンズランド州や全国高校大会の出場経験を持つ。フルタイムのトレーニングを受けるべくオーストラリア国立スポーツ研究所の申し出に応じて、キャンベラの高校に転校した。

2008年にスウェーデンのクラブチームに入団し、国内選手権で優勝に貢献。同年には初めてナショナルチーム代表に選出され[2]、2010年にイタリアで開催された世界選手権に出場した。

2010年にはポーランドのトレフル・グダニスク英語版に移籍。さらに2011年からはイタリアのクラブチームに移籍した。2012年のロンドンオリンピック世界最終予選ではエースとしてオリンピック出場に大きく貢献し、本戦でも強豪のポーランドを破るなど健闘した[1]

2015年からオーストラリア代表チームの主将に就任した[2]

2017年、日本V・プレミアリーグ(当時のVリーグ1部)に所属するJTサンダーズ(現・JTサンダーズ広島)に入団[3]2017-18シーズン、得点王とベスト6を受賞[3]2018-19シーズンはチームの準優勝に貢献し、自身も敢闘賞とベスト6を受賞した[3]

2019年、アジア選手権でもオーストラリア代表を準優勝に導き、準優勝ながらMVPを受賞した[4]

2022年5月31日付でJTを退団した[3]

人物

[編集]
  • 2017年から5シーズンに渡りJTサンダーズ広島でプレーしチームに貢献。チームメイトに気遣い、新人セッター・金子聖輝の自主練に休日返上して付き合うこともあった[5]

球歴

[編集]

受賞歴

[編集]

所属クラブ

[編集]

脚注

[編集]
  1. ^ a b 『2016年リオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選』 公式プログラム 52ページ
  2. ^ a b c d fivb. “Player - THOMAS EDGAR”. 2016年5月28日閲覧。
  3. ^ a b c d トーマス・パトリック・エドガー選手、陳建禎選手退部のお知らせ”. JTサンダーズ広島 (2022年4月26日). 2022年4月29日閲覧。
  4. ^ Daily Bulletin #10” (PDF). AVC. p. 13 (2019年9月21日). 2022年4月29日閲覧。
  5. ^ 田中夕子「黒鷲旗がJT広島ラストマッチ。豪州の大エース、トーマス・エドガーが語る日本バレー、育成年代、Vリーグ」『Yahoo!ニュース個人』2022年4月28日、2022年4月29日閲覧 

外部リンク

[編集]