川浦博昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川浦 博昭
Hiroaki Kawaura
豊田合成トレフェルサ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1975-11-13) 1975年11月13日(42歳)
出身地 群馬県高崎市
ラテン文字 Hiroaki Kawaura
身長 200cm
体重 82kg
血液型 B型
選手情報
所属 豊田合成トレフェルサ
愛称 カワウラ
役職 チームスタッフ
指高 260cm
利き手
スパイク 357cm
ブロック 340cm
テンプレートを表示

川浦 博昭(かわうら ひろあき、1975年11月13日 - )は、日本の元・男子バレーボール選手。群馬県高崎市出身。現役時代のポジションはミドルブロッカー。現在はVプレミアリーグ豊田合成トレフェルサの元チームスタッフ。

来歴[編集]

箕郷中学1年生からバレーボールを始める。

1994年、全日本ジュニア代表に選出。1997年及び1999年、ユニバーシアード代表として同大会に出場した。

全日本代表としては、1999年ワールドカップ2002年世界選手権のほか、ワールドリーグに5大会、アジア選手権に3大会出場した。

2002年に、所属していた富士フイルム・プラネッツが廃部となり、移籍先がなかなか見つからず、一度は引退を覚悟したという。しかし、豊田合成トレフェルサに入団し、9年間プレーを続けた。Vプレミアリーグ2006-2007シーズンではスパイク賞・ベスト6を受賞した。2011年5月、黒鷲旗大会終了後に引退。引退後はチームスタッフに就任。[1]

球歴・受賞歴[編集]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川浦選手引退のご挨拶”. 豊田合成トレフェルサ公式サイトトピックス (2011年5月16日). 2012年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]