小林敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 敦
Atsushi Kobayashi
東レ・アローズ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1974-03-10) 1974年3月10日(47歳)
出身地 埼玉県深谷市
ラテン文字 Atsushi Kobayashi
身長 194cm
体重 92kg
選手情報
所属 東レ・アローズ
愛称 コバ
役職 ゼネラルマネージャー
ポジション MB
指高 248cm
利き手
スパイク 330cm
ブロック 328cm
テンプレートを表示

小林 敦(こばやし あつし、1974年3月10日 - )は、日本の元男子バレーボール選手、指導者。埼玉県深谷市出身。現役時代のポジションはミドルブロッカー。現在はV.LEAGUE Division1の東レ・アローズゼネラルマネージャー。

来歴[編集]

深谷高校から筑波大学へ進学し、大学卒業後の1996年東レ・アローズに入団。1998年の第4回Vリーグ(現在のV.LEAGUE Division1に相当)でスパイク賞を受賞した。東レでは2000年から5年間キャプテンを務め、2005年の東レ悲願のリーグ初優勝に貢献した。

2002年全日本に選出され、2002年世界選手権、2003年ワールドカップに出場。2004年アテネオリンピック世界最終予選では全日本キャプテンを務めた。

2006年の第55回黒鷲旗大会の優勝を最後に現役引退。東レ・アローズのコーチに就任した。

2012年4月、秋山監督の勇退に伴い暫定監督に就任した。6月正式に監督に就任した。最初の2シーズンは3位と4位でまずまずの成績を残すが、2014/15シーズンは12月にチーム所属選手が窃盗容疑で逮捕されたことを受け、シーズン終了まで活動停止することとなった[1]

2015/16シーズンに復帰しチームは3位。そして、2016/17シーズンには、チームを8シーズンぶりの優勝に導いた。

2017/18シーズンは4位に留まる。2018/19シーズンに再度優勝を目指そうと意気込んだが3位で終わり、自身の力不足が原因だと話し退任し、ゼネラルマネージャーに就任した[2]

球歴・受賞歴[編集]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東レアローズ男子バレーボール部選手の不祥事について”. 東レ・アローズ (2014年12月16日). 2019年11月5日閲覧。
  2. ^ 小林監督勇退コメントについて”. 東レ・アローズ (2019年5月9日). 2019年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]