徳元幸人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
徳元幸人
Yukito Tokumoto
JTサンダーズ
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-10-09) 1976年10月9日(42歳)
出身地 沖縄県国頭郡恩納村
ラテン文字 Yukito Tokumoto
身長 186cm
体重 83kg
血液型 A型
選手情報
所属 JTサンダーズ
愛称 トク
役職 コーチ
ポジション WS
指高 245cm
利き手
スパイク 323cm
ブロック 310cm
テンプレートを表示

徳元 幸人(とくもと ゆきと、1976年10月9日 - )は、日本の男子バレーボール選手。沖縄県国頭郡恩納村出身。ポジションはウイングスパイカーVプレミアリーグJTサンダーズコーチ。

来歴[編集]

実兄の影響で、恩納小4年 (恩納クラブ) よりバレーボールを始める。その後、恩納中、石川高と進学。1993年高2時に国体出場、1994年高校3年次にはインターハイおよび国体出場する。1995年、中央大へ進学、1996年大学2年次には全日本インカレ優勝を飾る。1998年大学4年次には栗生澤淳一の指導を受けている。

1999年、JTサンダーズに入団。Vリーグ初出場は1999年2月19日対旭化成スパーキッズ[1]。2000年入団2年目からレギュラーを獲得[1]、2002年全日本代表に初選出された。第7回(2000-01)Vリーグでベスト6を受賞。第12回(2005-06)Vリーグではサーブレシーブ賞を受賞した。2009年、引退した前田悟の後を受けチームキャプテンに就任した[2]

2010年1月30日対サントリーサンバーズ戦にて、リーグ戦通算230試合出場達成、同年にVリーグ栄誉賞を受賞した。ちなみに、栄誉賞受賞はJTでは平野信孝以来2人目[1]

2012年を以て現役引退し、JTコーチに就任した[3]。同年11月、久保義人監督が体調不良のため休養したことから、監督代行に就任した[4]。その後、ヴェセリン・ヴコヴィッチ監督就任に伴いコーチに復帰した[5]

球歴・受賞歴[編集]

  • 全日本代表 - 2002年
  • 受賞歴
    • 2001年 第7回Vリーグ ベスト6
    • 2006年 第12回Vリーグ サーブレシーブ賞

所属チーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c JT徳元にVリーグ栄誉賞 通算230試合出場達成”. 中国新聞 (2010年2月4日). 2010年2月4日閲覧。
  2. ^ 2009/10シーズンより徳元幸人選手が新キャプテンになりました”. JT公式 (2009年7月2日). 2010年9月16日閲覧。
  3. ^ JTの徳元が引退 小川ら退部”. 中国新聞 (2012年5月18日). 2012年5月18日閲覧。
  4. ^ “JT久保監督が休養 徳元コーチが代行”. 中国新聞. (2012年11月30日). http://www.chugoku-np.co.jp/sports/Sp201211300102.html 2012年11月30日閲覧。 
  5. ^ “JT新監督にブコビッチ氏 若手育成に定評”. 中国新聞. (2013年5月9日). http://www.chugoku-np.co.jp/sports/Sp201305090091.html 2013年5月9日閲覧。 

外部リンク[編集]