ミハウ・クビアク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミハウ・クビャク
Michał Jarosław Kubiak
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Michał Kubiak.jpg
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1988-02-23) 1988年2月23日(31歳)
出身地 ヴァウツポーランド語版
ラテン文字 Michał Jarosław Kubiak
身長 192cm
体重 87kg
選手情報
ポジション WS
利き手
スパイク 340cm
ブロック 320cm
 
獲得メダル
ポーランドの旗 ポーランド
男子バレーボール
世界選手権
2014 ポーランド
2018 ポーランド
ワールドカップ
2011 日本
2015 日本
欧州選手権
2011 オーストリア/チェコ
ワールドリーグ
2012 ソフィア
2011 グダニスク
テンプレートを表示

ミハウ=ヤロスワフ=クビアク(Michał Jarosław Kubiak, 1988年2月23日 - )は、ポーランドの男子バレーボール選手である[1]ヴァウツポーランド語版出身。ポジションはウィングスパイカーポーランド代表。身長は192cmとそれほど高くないが、攻守共に優れたオールラウンダーである。

来歴[編集]

ポーランド代表では2014年2018年世界選手権2連覇に貢献し、2018年大会では主将を務めた。

2016 - 2017年シーズンからVリーグパナソニック・パンサーズでプレーしている。

球歴[編集]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『FIVB VOLLEYBALL WORLDCUP JAPAN 2015』公式プログラム 88ページ

外部リンク[編集]