直弘龍治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
直弘 龍治
Ryuji Naohiro
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-10-01) 1978年10月1日(40歳)
出身地 広島県広島市
ラテン文字 Ryuji Naohiro
身長 198cm
体重 84kg
血液型 AB型
選手情報
所属 ビーチバレー
愛称 ナオ
指高 254cm
利き手
スパイク 355cm
ブロック 350cm
テンプレートを表示

直弘 龍治(なおひろ りゅうじ、男性、1978年10月1日 - )は、日本ビーチバレー選手。広島県広島市出身。グランビーズ広島所属。元インドアバレーボール選手であり当時のポジションはオポジット

来歴[編集]

広島市立落合中学校卒業[1]広島県立広島工業高等学校入学後、野球部に入部するもすぐに退部する。その後、バレーボール部に入部した。バレーを始めたのはこのときからである[2][3]

1997年、東亜大学へ進学。1999年3年の時、ユニバーシアードパルマ・デ・マヨルカ大会)に出場[2]し、準優勝に貢献した。

2001年、JTサンダーズに入団。同期に宮下雅寛[4]同年のワールドリーグ広島大会で初の全日本代表入り[2]。2006年、全日本代表に選出され、2006年世界選手権に出場。2006/07シーズンには日本人最多タイ記録となる455得点を叩きだした[5]。2007年の黒鷲旗大会ではベスト6に選出。同年の天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会制覇に貢献した[6]。2010年にJTを退団[5]

2013年、安芸郡坂町を拠点にビーチバレーおよびバレーのジュニア世代を育成する「グランビーズ広島」を設立、以降ビーチバレーJBVツアーに参入している。

球歴・受賞歴[編集]

  • 全日本代表 - 2001年、2004-2007年
    • 世界選手権 - 2006年
    • ワールドリーグ - 2001年、2005年、2007年
  • 受賞歴
    • 2007年 - 第56回黒鷲旗全日本男女選抜大会 ベスト6

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ チームトピックス”. JTサンダーズ公式(Internet Archive). 2014年8月12日閲覧。
  2. ^ a b c JT直弘、初の代表/広島で男子バレーWリーグ”. 中国新聞(Internet Archive) (2001年5月30日). 2014年8月12日閲覧。
  3. ^ インタビュー”. JTサンダーズ公式(Internet Archive). 2014年8月12日閲覧。
  4. ^ 直弘・宮下両選手 JTが内定を発表”. 中国新聞(Internet Archive) (2000年10月28日). 2014年8月12日閲覧。
  5. ^ a b JT男子の直弘・尾上ら退部”. 中国新聞 (2010年5月8日). 2014年8月12日閲覧。
  6. ^ 第51回中国スポーツ大賞”. 中国新聞. 2010年8月27日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]