清水克彦 (バレーボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
清水 克彦
Katsuhiko Shimizu
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-10-21) 1969年10月21日(49歳)
出身地 日本の旗 山梨県塩山市(現甲州市
ラテン文字 Katsuhiko Shimizu
身長 188cm[1]
体重 84kg[1]
血液型 A型
選手情報
所属 倉敷翠松高等学校
愛称 ニオミ[1]
役職 監督
指高 249cm[1]
利き手
スパイク 335cm[1]
テンプレートを表示

清水 克彦(しみず かつひこ、1969年10月21日 - )は、日本の元バレーボール選手、現指導者。日本人男子初のイタリアプロリーグ選手。

来歴[編集]

山梨県塩山市(現甲州市)出身[1]。中学卒業後は山梨県より単身で東海大四高校にバレーボール留学し、成田貴志南由紀夫らと共に春の高校バレーで2年連続決勝進出、1987年の第18回大会では同校史上初めての優勝を果たす。この年の東海大四は総体・国体も制しており、高校三冠を達成。

卒業後は東海大学に進学。4年間レギュラーで関東一部リーグで3度優勝。全日本ジュニア選抜メンバーにも選ばれ世界大会にて準優勝。

1992年、富士フイルムに入社[1]。6年間、富士フイルム・プラネッツでプレーした後、退社。

退職後、イタリアプロリーグのトライアウトに挑戦。イタリアカフエモタ・サレルノチームとプロ契約。日本人男子初のイタリアプロリーグへの挑戦はニュースステーションテレビ朝日・Sports Graphic Number(スポーツ グラフィック ナンバー)文藝春秋にて特集された。

帰国後、日立国分トルメンタで2年間活躍。バレーボール第7回Vリーグで日立国分をV1リーグからVリーグ昇格にも貢献。現役引退後は教員となり、石川県の日本航空第二高校(現 日本航空石川)男子バレーボール部監督となり、鎮西高等学校男子バレーボール部監督を経て[2]ルーテル学院高校の女子バレーボール部監督を務める[3][4]

所属チーム[編集]

受賞歴[編集]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 月刊バレーボール1998年1月号臨時増刊 第4回Vリーグ観戦ガイドブック 42ページ
  2. ^ 日本文化出版. “男子出場校詳細”. 2015年2月26日閲覧。
  3. ^ 2014年8月現在。
  4. ^ T1パーク. “ルーテル学院高等学校 女子バレーボール部”. 2015年2月26日閲覧。