熊田康則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊田 康則
Yasunori Kumada
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1963-03-18) 1963年3月18日(54歳)
出身地 神奈川県
ラテン文字 Yasunori Kumada
選手情報
ポジション レフト
テンプレートを表示

熊田 康則(くまだ やすのり、1963年3月18日[1] - )は日本の元バレーボール選手、指導者。神奈川県出身。

来歴[編集]

横浜市立末吉中で当初野球部に所属するが、2年次にバレーボール部に転部。法政二高に進学し、2年までセッターを務めたが3年からアタッカーに転向。 高校3年で全日本に呼ばれ、法政大学に進学し4年次には大学主要タイトル4冠を達成。

1985年、大学卒業とともに富士フイルム入社。1年目から日本リーグでの21試合全勝優勝[2]を経験するなど富士フイルム黄金時代を支え、同チームの主将も務めた。川合俊一(中学からの顔見知り)、井上謙(高2の練習試合で出会う)と共に[3]、「バレーボール界のビッグ3」と言われ、大砲として日本バレーボール界をリード。第13回ユニバーシアード大会(1985年)で金メダルを獲得。1988年ソウル五輪出場。

1987年には第1回ビーチバレージャパンに富士フイルムのチームメイトで後に日本ビーチバレーボール連盟会長となる川合俊一とのペアで参加し、接戦の決勝を制した直後にはバック宙も披露。初代王者として名を刻んだ。同大会では1991年の第5回大会でも松本聡と組んで優勝。また、ビーチバレーが国体に初採用された1997年なみはや国体でも桑原稔と組んで優勝を果たした。

富士フイルムでは1992年からコーチ兼任となり、1994年度を最後に現役引退し社業に専念。

バレーボール指導者として、1999年神奈川県の小学生バレーボールクラブチーム・大和ベアーズのコーチに就任、2000年に同クラブ監督に就任。2002年全日本小学生大会で、全国大会初勝利を挙げる。高校バレーの強豪である八王子実践中学校・高等学校バレー部コーチとしても指導した[4]。 大和ベアーズは2010年に座間ハンドタイガースと合併し SAMURAI Legend(女子:タイガース / 男子:ベアーズ)と改組、同クラブチーム総監督に就任。

2011年9月に富士フイルムを早期退社[5][6]2014年8月、博多ジュニアバレーボールクラブのスーパーアドバイザーに就任。

娘の熊田美愛もビーチバレー選手。

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム履歴
法政二高法政大学富士フイルム

関連書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]