三橋栄三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三橋 栄三郎(みつはし えいざぶろう、1960年1月5日[1][2] - )は日本の元バレーボール選手。元バレーボール全日本青森県出身。青森弘前工業高校日本体育大学卒業。

来歴・人物[編集]

1982年富士フイルムに入社、日本リーグでは優勝5回、最高殊勲選手賞3回、スパイク賞2回と活躍。全日本では1984年ロサンゼルス五輪、1988年ソウル五輪に出場し超高速Bクイックを武器に全日本の中心選手として活躍した。

1987年の第1回ビーチバレージャパンでは、岩島章博と組んで出場。決勝で川合熊田ペアと対戦し準優勝となった(ちなみに4人とも富士フイルムの選手だった)。

1992年3月29日大阪城ホールで行われた日本リーグ最終順位決定リーグ対新日鉄戦の第四セットのプレー中、右足アキレス腱を部分断裂した。

1992年5月18日発売の週刊ポストによって、二人の女性と入籍をしていたという重婚スキャンダルが報道され波紋を広げた。その後は離婚、和解はしたものの肉体的(右足アキレス腱にも違和感が残り)・精神的にもバレーボールを続けることは出来ず、バレー界の表舞台から姿を消すことになった。

その後、富士フイルム社会教育課に所属し活躍した。

2015年より日本ウェルネススポーツ専門学校男子バレーボール部監督に就任。

球歴・受賞歴[編集]

  • 所属チーム
  • 受賞歴
    • 1986年 - 第19回日本リーグ 殊勲賞、スパイク賞
    • 1987年 - 第20回日本リーグ 殊勲賞、スパイク賞
    • 1988年 - 第21回日本リーグ 殊勲賞

参考文献[編集]

  • 小泉志津男『聖火に向かって緑が燃える─ソウル五輪に賭けた青春群像』(徳間書店) 1988年 ISBN 4194637461
  • 週刊新潮 2008年8月14・21日号(「重婚騒動」バレーの三橋栄三郎はいまだ再婚せず)

脚注[編集]