古川靖志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古川 靖志(ふるかわ やすし、1961年5月28日 - )は、東京都新宿区出身の元バレーボール選手、現指導者。

現役時代はセッターとして活躍した。181cm、74kg。

来歴[編集]

川崎市立生田中学校でバレーボールを始める。

1979年、藤沢商業高等学校(現:藤沢翔陵高等学校)2年のとき、春の高校バレーで優勝。1980年順天堂大学に進学し、3年のときに全日本入り。

1982年世界選手権代表。翌1983年のアジア選手権ではベスト6に選ばれ、セッター賞も獲得した。

1984年、大学卒業後、日本鋼管に入社。同年のロサンゼルスオリンピックに出場した。

2008年より尚絅学院大学女子バレーボール部コーチを務め、2011年に仙台ベルフィーユのコーチを兼任[1]。 2012年4月に仙台を退部。

その他[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]