井上謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 謙(いのうえ ゆずる、1963年2月15日 - )は元バレーボール全日本の選手。身長195cm。体重88kg。

広島県広島市生まれ。大手製紙会社に勤務した父親の転勤が多く、長野県岡谷市静岡県由比町(現・静岡市清水区)などで育つ。

来歴[編集]

岡谷工業高等学校順天堂大学を経て、1985年日本鋼管(現JFE)に入社。同年全日本入りし、1985年神戸ユニバーシアード優勝に貢献。

サウスポーの高い打点からの重いスパイクを武器に、1985年ワールドカップ1988年ソウル五輪などで大車輪の活躍を見せた。しかし自身の試合中の怪我もあり、ソウルでの順位は、全日本バレーのオリンピック史上最悪(当時)の10位に終わった。

1990年椎間板ヘルニアを手術。

1994年NKKナイツの廃部で1995年退任。

1996年日立国分トルメンタへコーチ兼任で移籍。

1998年、引退。

現役時代は熊田康則川合俊一と共に「バレーボール界のビッグ3」と言われ、日本バレーボール界をリード、笑顔が可愛いと女性からの人気も高かった。

2008年日立ハイテクノロジーズに入社、その後は人事総務本部部長代理と共に女子バスケットボール日立ハイテククーガースWJBL)の部長、副部長に就任している。

FNS春高バレーコーチングキャラバン[編集]

FNS春高バレーコーチングキャラバンには、第2回~第8回に参加。

主な球歴[編集]

  • 主な個人賞
    • 1985年 第19回日本リーグ 敢闘賞
    • 1987年 第21回日本リーグ ベスト6
    • 1988年 第22回日本リーグ ベスト6

関連書籍[編集]

  • 虹色のVロード 熊田康則、井上謙、川合俊一 全日本男子バレーボールビッグスリー物語、山崎征治著、日刊スポーツ出版社、1986年10月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]