青山繁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青山 繁
Shigeru Aoyama
ジェイテクトSTINGS
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-04-27) 1969年4月27日(49歳)
出身地 愛知県名古屋市
ラテン文字 Shigeru Aoyama
身長 188cm
血液型 B型
選手情報
所属 ジェイテクトSTINGS
役職 チームアドバイザー兼コーチ
ポジション WS
利き手
テンプレートを表示

青山 繁(あおやま しげる、1969年4月27日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。元バレーボール全日本代表愛知県名古屋市出身。ポジションはレフト

来歴[編集]

中京高等学校及び法政大学出身。経営学士。富士フイルムバレー部に入部。1992年バルセロナオリンピック全日本代表として出場、長きにわたり世界選手権・ワールドカップといった国際舞台で活躍した。

2002年富士フイルム・プラネッツが廃部になると、東レ・アローズに移籍し、活躍の幅を広げた。攻撃面では巧みにブロックアウトを狙ったスパイクや、時間差攻撃のタイミングのうまさなど、器用な技を得意とし、サーブレシーブの安定感の高さからレシーバーやリベロもこなした。

2006年の第55回黒鷲旗全日本バレーボール選手権大会を最後に現役を引退した。引退後、東レのチームスタッフを務めた。

2007年Vリーグ40回大会記念特別表彰において、Vリーグ栄誉賞・Vリーグ日本記録賞を受賞した。

2009年中京大学の職員となり、バレーボール部のコーチを務める。 2010年、監督に就任[1]

2011年11月には、ワールドカップ男子大会のCS中継で、解説者を務めた[2]

2012年10月、VチャレンジリーグジェイテクトSTINGSのチームアドバイザー兼コーチに就任[3]

球歴・受賞歴[編集]

  • 主な個人賞(リーグ受賞歴)
    • 最高殊勲選手賞 - 1992年
    • レシーブ賞 - 1992年、1995年、1997年、1999年、2001年
    • ベスト6賞 - 1992年、1993年、1996年
    • 敢闘賞 - 1993年

所属チーム[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]