由比町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
由比町
Yui Shizuoka chapter.JPG
由比町章
1950年2月18日制定
廃止日 2008年11月1日
廃止理由 編入合併
由比町静岡市清水区
現在の自治体 静岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
庵原郡
団体コード 22383-2
面積 23.03km²
総人口 9,085
推計人口、2008年10月1日)
隣接自治体 静岡市富士川町芝川町
町の木 モクセイ
町の花 サクラ
町の鳥 ウグイス
由比町役場
所在地 421-3104
静岡県庵原郡由比町北田110番地1
外部リンク 由比町(閉鎖)
座標 北緯35度06分23秒
東経138度33分42秒

由比町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
歌川広重「東海道五十三次・由比」

由比町(ゆいちょう)は、静岡県の中部、庵原郡に位置していた2008年(平成20年)11月1日静岡市に編入合併した。

概要[編集]

東海道親不知」と呼ばれる断崖に位置し、歴史地理学的には関東政権(江戸鎌倉小田原)と東海政権(駿府)の境界となってきた。

江戸時代には東海道由比宿宿場町であった。江戸時代の絵師・歌川広重による由比の浮世絵には、難所を越える旅人や、帆掛け船の浮かぶ駿河湾、駿河湾越しの富士山などが描かれている。

現在では、サクラエビシラスの漁業基地としても有名である。

2006年3月31日静岡市庵原郡蒲原町を編入したことにより、東西両隣を静岡市に挟まれる形となった。由比町も「静岡市・由比町合併協議会」において、2008年11月1日に静岡市清水区へ編入されることで合意に達した。

地理[編集]

  • 川:由比川、和瀬川

隣接していた自治体・行政区[編集]

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)10月1日 - 町村制施行に伴い、庵原郡由比宿・北田村・町屋原村・今宿村・寺尾村・東倉沢村・西倉沢村・東山寺村・阿僧村・入山村・西山寺村が合併し、由比町となる。
  • 2008年(平成20年)11月1日 - 静岡市に編入、同市清水区の一部となる。

行政[編集]

  • 町長:望月俊明

産業[編集]

漁業[編集]

東海道線由比駅のホームの山側に「日本一桜えびのまち由比へようこそ」という看板が目につくが、サクラエビが漁獲される町として知られている。1960年代まで、東海道線の車窓から、天日で干される真っ赤な桜えびを見ることができたが、現在は東名高速道路バイパスなどができたため、見ることができなくなった。

交通[編集]

富士川以東と富士川以西の間を往来するには、由比の断崖を海岸線に沿って進まねばならないため、古くから東海道最大の難所として、新潟県糸魚川市親不知と列び称されてきた。国道1号は海抜に近い低さに位置し、東名高速道路は海上を通っている。高速道路の下り線は海側に面しているので、台風などによる高波を被ると富士IC清水ICの間(波が高い場合は上下線とも)が通行止めになる。東海道本線・東名高速道路・国道1号が並行しており、町の東端と西端ではすべての交通機関(この区間をトンネルで貫く東海道新幹線を除く)が一点で交差している。主要な大動脈が一箇所に集中することから東海道のアキレス腱とも称され、実際、1996年平成8年)8月27日に発生した大型トレーラーによる事故では、横転したトレーラーから落下した積荷が東名高速道路を走行中の車に衝突。積み荷は止まらず並走する国道1号寺尾交差点で停車中の車の上に落ち大勢死者が出た・また、修復のため長時間通行止めによる大渋滞を引き起こした。[1] また、2010年2月27日に発生したチリ地震による津波警報発令に伴う東名高速道路・国道1号の同区間の通行止めにより、周辺道路は大渋滞を引き起こした。

なお、2012年4月14日に開通した新東名高速道路は、由比地区の内陸側を通るため、開通後は上記の問題が大幅に緩和される事が予想されている。

鉄道路線[編集]

道路[編集]

教育[編集]

小・中学校[編集]

幼稚園・保育園[編集]

  • 町立
    • 由比幼稚園
    • 由比保育園(旧由比・三葉・西保育園を合併し新設)
    • 入山保育園

名所・旧跡・観光スポット[編集]

名産品[編集]

出身有名人[編集]

  • 由井正雪の出身地と言われており、正雪の生家とされる紺屋が現存している。
  • 和錦克年:昭和の幕内力士

その他[編集]

  • 庵原郡三町(由比町、富士川町、旧蒲原町)で合併交渉が行われてきたが、由比町と旧蒲原町が離脱し、静岡市と1市2町の合併交渉が行われた。
  • 静岡市との合併協定書に調印するものの、町議会で合併関連5議案を5対5の賛否同数となり議長(安部庄太郎議長)裁決で否決、望月俊明町長は合併関連5議案を町議会に再提出するも、再び5対5の賛否同数となり議長裁決で否決され、当面単独の道を選択した。
  • セブン銀行CMでは、歌川広重の浮世絵「由井」と同じ場所から撮影された現在の映像が入っていた。また、この場所からの画像はGoogle Earthからでも見ることができる。
  • ゆるキャラグランプリ2011にエントリーしている、さくらゆいちゃんという同地区のキャラクター着ぐるみが存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]