サクラエビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サクラエビ
Sergia lucens by OpenCage.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 軟甲綱 Malacostraca
: 十脚目 Decapoda
亜目 : 根鰓亜目 Dendrobranchiata
: サクラエビ科 Sergestidae
: Lucensosergia
: サクラエビ
L. lucens
学名
Lucensosergia lucens
(Hansen1922)[1]
シノニム
英名
Sakura shrimp[2]
さくらえび 素干し[3]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 1,305 kJ (312 kcal)
0.1 g
4.0 g
飽和脂肪酸 0.59 g
一価不飽和 0.63 g
多価不飽和 0.75 g
64.9 g
ビタミン
チアミン (B1)
(15%)
0.17 mg
リボフラビン (B2)
(13%)
0.15 mg
ナイアシン (B3)
(37%)
5.5 mg
パントテン酸 (B5)
(23%)
1.16 mg
ビタミンB6
(16%)
0.21 mg
葉酸 (B9)
(58%)
230 μg
ビタミンB12
(458%)
11.0 μg
ビタミンE
(48%)
7.2 mg
ミネラル
ナトリウム
(80%)
1200 mg
カリウム
(26%)
1200 mg
カルシウム
(200%)
2000 mg
マグネシウム
(87%)
310 mg
リン
(171%)
1200 mg
鉄分
(25%)
3.2 mg
亜鉛
(52%)
4.9 mg
(167%)
3.34 mg
他の成分
水分 19.4 g
コレステロール 700 mg

ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[4]。殻つき
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

サクラエビ(桜海老、学名:Lucensosergia lucens)はサクラエビ科に属するエビの一種。深海に生息する小型のエビである。

特徴[編集]

成体体長40mm前後。体は透明だがい色素を多く保持し、生体は透き通ったピンク色に見える。「海老」の和名はここに由来する。2対の触角のうち第2触角は体長以上の長さがあるが、額角は短い。5対の歩脚のうち、第2・第3歩脚が鋏脚に変化し、第4・第5歩脚が短い。体表には約160個の発光器官が並んでいる。

産卵期はで、メス交尾後に1700 - 2300個程の海中に放出する。寿命は15ヶ月ほどで、孵化後1年で成熟し、産卵後2-3ヶ月でぬとされる[5]

シラエビ Pasiphaea japonica は外見・生態・利用法までサクラエビに似るが、エビの分類上では全く別の系統に分けられる。

分布[編集]

日本では駿河湾および近接の東京湾相模灘に分布するが、漁獲対象となっているのは駿河湾のみである[5]。また、台湾東方沖、西南沖にも生息し、中国語で「櫻花蝦」、「發光(正)櫻蝦[6]台湾語で「花殼仔」[7]の名で呼ばれ、近年は漁獲対象となっている。

深海の中層を群れで遊泳する[5]。昼間は水深200-300mほどにいるが、夜には水深20-50mぐらいまで浮上する日周鉛直運動を行う[5]。海中を浮遊するプランクトンデトリタスを捕らえて食べる。一方、天敵は人間の他、外洋性のハダカイワシイカなどがいる。

漁業[編集]

日本国内の水揚げ量の100%は駿河湾産で、主要な漁期4月から6月までと10月から12月6月11日から9月30日までは繁殖期にあたり禁漁、冬はエビが深くにいるため休漁である[5]

サクラエビ漁の歴史は浅く、1894年(明治27年)に由比漁師が、アジ網引き漁をしていたときに網が深く潜ってしまい、そのとき偶然にも大量のサクラエビが捕れたことが始まりとされている[5]。由比港漁協の由比・蒲原(42組84隻)と大井川港漁協の大井川(18組36隻)、計3ヶ所の基地に100隻の許可証を持つ漁船がある[5]

由比漁港静岡県静岡市清水区
期間限定で、漁港内でかき揚げ丼などが食べられる。サクラエビ・シラスなどの関連商品を取り扱う直売所も併設され、毎年5月3日にサクラエビ祭りが行われる[8]
大井川港(静岡県焼津市
1940年(昭和15年)、蒲原町(現静岡市清水区)の加工業者が大井川町(現:焼津市)に工場を建設。

地域団体商標として、由比サクラエビと駿河湾サクラエビが登録されている。

輸送中、水槽酸欠になりやすい」「輸送ストレス有毒アンモニアを発生しやすい」などの理由で、静岡県外などで生きたサクラエビを入手するのは困難だったが、「酸素ナノバブルを水中に増やす」、また「アンモニア分解して窒素を取り除く微生物を利用する」などの対策によって、試験段階ではあるが、数日間程度なら生かしたまま輸送することが近年では可能になってきている。

台湾でも小規模な漁がされている[5]。1980年代に日本で不漁となったことから、代替産地を探した結果、漁獲対象となった。主に台湾南西の屏東県小琉球周辺海域と東部の宜蘭県亀山島周辺海域、台東県大武郷沖の3ヶ所が漁場となっている。

利用[編集]

産地近くでは、軽く塩ゆでした釜揚げサクラエビとして鮮魚店に出ることもある。一般には生サクラエビ(冷凍)や干しエビ(干物)として流通する。 生でワサビ醤油で食べたり、釜揚げ素揚げかき揚げ(かき揚げ丼・天丼)などで食べる。干しエビには独特の食感と味わいがあり、お好み焼きかき揚げなどに使われる。また、干しサクラエビをかき揚げなどの具に使う際、使用前にフライパンで軽く炒ると格段に香りが増すといわれる。サクラエビの漁が行われる漁師町近辺では「沖あがり」と呼ばれるサクラエビと豆腐ネギすき焼き風に煮た漁師料理がある。なお、一般に安価で出回っている干しエビの多くはアキアミなど、別の種が多い。

台湾の屏東県東港鎮では、クロマグロアブラソコムツの魚卵のからすみ風(「油魚子」)と合わせて「東港三宝」と称する名産品のひとつに挙げられており[9]、地元の料理としては、干しエビに加工したものを使ったサクラエビ炒飯(「櫻花蝦炒飯」)が名物となっている他、「肉粿」と呼ばれるで作る点心の一種の具の一つとして欠かせず、白菜の煮物に加えたり[10]、焼きビーフン焼きそばに加えたりもする。他に、ゴマ海苔アーモンドなどと合わせたスナック菓子やふりかけに加工されて流通している。

脚注および参考文献[編集]

  1. ^ Vereshchaka, Alexander L., Jørgen Olesen, and Anastasia A. Lunina. (2014). “Global diversity and phylogeny of pelagic shrimps of the former genera Sergestes and Sergia (Crustacea, Dendrobranchiata, Sergestidae), with definition of eight new genera”. PloS one 9 (11): e112057. doi:10.1371/journal.pone.0112057. 
  2. ^ a b c Sergia lucens”. ITIS. 2011年5月4日閲覧。
  3. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  4. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  5. ^ a b c d e f g h Uchida and Baba (2008)
  6. ^ 發光(正)櫻蝦”. 台灣物種名錄. 2012年5月13日閲覧。
  7. ^ 調味櫻花蝦/包”. 東港區魚會. 2012年5月13日閲覧。
  8. ^ 静岡県/由比港漁協直売所”. 2013年5月7日閲覧。
  9. ^ 東港三寶”. 2014年3月4日閲覧。
  10. ^ 李嘉亮、「櫻花蝦」『台灣魚達人的海鮮第一課』pp191-197、2007年、如果出版社、台北、ISBN 978-986-83313-5-8

外部リンク[編集]