プライドフィッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
滋賀県の夏のプライドフィッシュ「ビワマス

プライドフィッシュ(PRIDE FISH)は、全国漁業協同組合連合会(全漁連)が中心となり、各都道府県の漁業協同組合連合会(漁連)・漁業協同組合(漁協)が選定した、漁師が自信をもって推奨する魚介類[1][2]。都道府県を単位として季節ごとにを迎える魚介類を選定し、消費者へ訴求している[1]

経緯[編集]

21世紀初頭の現今、日本では鮮魚店の減少などを背景に[1]消費者が「本当においしい魚」に接する機会が減少している[1][2]。実際に魚介類の1人当たり消費量は2001年の110 g/日をピークに2013年には74 g/日まで減少している[3]。これに対して水産庁では2012年に「魚の国のしあわせ」と銘打ったプロジェクトを企画し、学校教育を活用した魚食普及や「ファストフィッシュ」と称する手軽に食べられる魚の認定活動を開始した[4][5]。全漁連では、水産物の真価を知ってもらおうとする主旨でプライドフィッシュプロジェクトを開始した[1][2][5]。ファストフィッシュが家庭での簡便な魚食を推進するのに対し、プライドフィッシュはおいしい魚を食べることによる感動体験を推進しており、ファストフィッシュとプライドフィッシュの取り組みは表裏一体の関係にある[5]

プライドフィッシュプロジェクト企画委員会の初代会長には料理評論家服部幸應が就任した[1][5]。これまでの魚食普及活動とは異なり、プライドフィッシュサポート協議会を設立し、漁業・水産業関係者だけでなく、小売業外食産業生活協同組合調理師養成施設観光業の協力をも得ている[5]2014年6月3日に全漁連がプライドフィッシュプロジェクトの公式サイトを開設し、情報発信を開始した[2]。ここで発信される情報には、プライドフィッシュそのもののだけでなく、プライドフィッシュを販売する店舗や食べることのできる店舗も含まれる[5][6]PRイベントして、2014年8月7日東京六本木の「HAL YAMASHITA東京」にて青森県マグロ三重県アワビなど夏のプライドフィッシュ8種を使った「プライドフィッシュPR試食会」が開催された[1]。また同年11月2日には築地市場まつりで全漁連主催の「Fish-1グランプリ」を開催し、プライドフィッシュとファストフィッシュを使った料理コンテストを開催した[7]。初代グランプリには、「伊豆の地キンメ」を使った静岡県のいとう漁業協同組合「金のだし茶漬け」が選ばれた[7]

プロジェクト開始から1年が経過した2015年7月には34都道府県が110種のプライドフィッシュを制定していた[6]。また京北スーパー[8]魚喜では一部の店舗でプライドフィッシュの取り扱いを開始し、おいしい魚を求める消費者から評価を得た[3]。しかしながらこれまでの販売店舗は中小事業者が中心であったため、「プライドフィッシュ」の語の認知度はまだ低かった[5]。そこで2015年11月15日からイオン本州四国の全店でプライドフィッシュの販売を開始することになったことで認知度の向上が期待された[5]。イオンはその後も2018年恵方巻商戦に「千葉のつりきんめ」などの7種のプライドフィッシュを使用した「日本のPRIDE海鮮太巻き」を投入するなど販売に努めている[9]

選定基準[編集]

プライドフィッシュという名称であるが、魚類に限定せず、海藻類など魚介類全般を対象に選定している[6]。消費者に選択の目安を示すことが目的であるため、数ある「おすすめの魚」の中から魚種数をあえて絞っている[6]。選定作業そのものは管轄する都道府県の漁連・漁協が行い[2]、全漁連が情報を発信するという体制を取っている[6]。選定基準は以下の通りである[5]

  1. 本当においしい漁師自慢の魚であること
  2. 地元で水揚げされたものであること
  3. 旬を明確にした魚であること
  4. 各会員が独自に設けている基準(サイズ、水揚げ海域等)をクリアしている魚であること

都道府県によってはすべての季節のプライドフィッシュをまだ選定していない場合がある[10]。また、内陸県でプライドフィッシュを制定しているのは滋賀県のみである[10]。佐賀県では海域別のプライドフィッシュを、福岡県は県域のプライドフィッシュと有明海のプライドフィッシュを制定している[10]

選定に当たっては地元での知名度や消費量、観光客が気軽に食べられることを重視している[8]。例えば、静岡県ではサクラエビカツオなどの日本国内での認知度の高い魚種が選外になった一方で、あえて他の産地の方がよく知られている「仁科のヤリイカ」を選定した[8]。中には現地でしか入手できないものを選定している場合があり[3]、消費者に対し現地訪問を促している[8][3]

一覧[編集]

2018年8月現在[10]

番号 都道府県
1 北海道 日高の真つぶ 厚岸カキ 小樽石狩しゃこ 函館のごっこ(ホテイウオ)
2 青森県 陸奥湾ほたて 青森のもずく 青森ひらめ 青森のホッキガイ(ウバガイ
3 岩手県 岩手のわかめ 陸前高田エゾイシカゲ貝 岩手の秋さけいくら 岩手のあわび
4 宮城県 みやぎのワカメ ホヤ(マボヤ) (未定) みやぎの殻付カキ
5 秋田県 北限のとらふぐ (未定) (未定) 秋田ハタハタ
6 山形県 (未定) 庄内浜もずく 庄内おばこサワラ 紅エビ
7 福島県 (未定) 小名浜カツオ 小名浜の秋刀魚 メヒカリ(アオメエソ
8 茨城県 茨城のこうなご 茨城のあわび 茨城のしらす 茨城あんこう
12 千葉県 初カツオ 船橋の瞬〆スズキ 千葉のイセエビ 江戸前千葉海苔
13 東京都 東京大島)のトコブシ (未定) (未定) (未定)
14 神奈川県 湘南しらす 平塚シイラ 松輪サバ 横須賀市東部漁協のワカメ
15 新潟県 佐渡のナガモ(アカモク 新潟のノドグロ(アカムツ 越後の柳かれい 南蛮エビ
16 富山県 富山湾マイワシ 富山湾のシロエビ 富山湾のフクラギ 富山湾のゲンゲ
17 石川県 石川のアカガレイ スルメイカ 石川の甘えび 天然能登寒ぶり
18 福井県 (未定) 若狭ぐじ 越前がれい 越前がに
22 静岡県 伊豆さざえ 仁科の真イカ 仁科のヤリイカ 伊豆の地きんめ
23 愛知県 愛知のコウナゴ 愛知のウナギ 愛知のスズキ 愛知ノリ
24 三重県 (未定) 三重の海女獲りあわび 伊勢まだい 伊勢あさくさ海苔
25 滋賀県 コアユ ビワマス (未定) フナ
26 京都府 活〆京のあかがれい 丹後とり貝 京鰆 京の寒ぶり
27 大阪府 魚庭のイカナゴ 魚庭のマダコ 岸和田祭りのわたりがに(ガザミ 大阪のマダイ
28 兵庫県 兵庫のハタハタ 淡路島の生しらす 明石浦のもみじ鯛 兵庫の赤ガレイ
30 和歌山県 ケンケン釣りカツオ 銀鱗の太刀 和歌山県産 しらす 和歌山県産 イセエビ
31 鳥取県 鳥取のハタハタ 夏輝(天然の岩ガキ) 鳥取のサワラ 松葉がに(ズワイガニ)
32 島根県 (未定) コビル(アカアマダイ ノドグロ(アカムツ) 隠岐松葉ガニ
33 岡山県 下津井とらふぐ(おおぶく)白子持ち 流瀬のかつお(まながつお わたりがに(がざみ) 岡山かき
34 広島県 広島桜ダイ 三原やっさタコ チヌ(クロダイ 広島かき
35 山口県 まふぐ 山口のまだこ 山口ののどぐろ とらふぐ
36 徳島県 鳴門わかめ とくしまのはも 阿波とくしまのアオリイカ とくしまのスジアオノリ
37 香川県 讃岐のサワラ 香川県産いりこ ハマチ三兄弟 "初摘み"香川県産ノリ
38 愛媛県 愛育フィッシュ愛鯛 松山沖のマダコ 釣りタチウオ 愛育フィッシュ マハタ
39 高知県 土佐さが日戻り鰹 土佐沖どれキンメダイ 直七真鯛 定置獲れたて室戸ブリ
40 福岡県 筑前海の天然マダイ 一本槍(釣ヤリイカ/ケンサキイカ・ヤリイカ) カナトフグ(シロサバフグ) 筑前海の真かき
40 福岡県(有明海 (未定) (未定) (未定) 福岡有明のり(有明海産 一番摘み)
41 佐賀県玄海 玄海灘の桜鯛(マダイ) 唐津の赤うに(アカウニ (未定) (未定)
41 佐賀県(有明海) (未定) (未定) (未定) 佐賀海苔🄬有明海一番
42 長崎県 真あじ(ごんあじ・野母んあじ) 長崎のイサキ (未定) 長崎とらふぐ(養殖トラフグ)
43 熊本県 熊本アサリ 川口産大和蛤 (未定) 熊本のり
44 大分県 かぼすヒラメ 銀たち「くにさき銀たち」「臼杵たちうお」 豊後別府湾ちりめん かぼすブリ
45 宮崎県 日南のかつお 宮崎メヒカリ(アオメエソ 宮崎イセエビ e-かんぱち
46 鹿児島県 トッピー(トビウオ キビナゴ 秋太郎(バショウカジキ タルメ(メダイ)
47 沖縄県 沖縄モズク 沖縄美ら海まぐろ「キハダマグロ 沖縄県産車海老 沖縄美ら海まぐろ「メバチマグロ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 魚介類の消費拡大を目指す「プライドフィッシュ」プロジェクト 魚の“真のおいしさ”を知ってほしい―”. 特集1 水産日本の復活!(6) - aff(あふ)2014年9月号. 農林水産省 (2014年9月1日). 2018年8月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e 漁師自慢の魚≪プライドフィッシュ≫プロジェクト ホームページ開設について”. 全国漁業協同組合連合会 (2014年6月3日). 2018年8月4日閲覧。
  3. ^ a b c d 平沢裕子 (2015年7月17日). “漁師お墨付き「プライドフィッシュ」 34道府県110種、消費拡大に期待(3/4ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞社. 2018年8月4日閲覧。
  4. ^ 平沢裕子 (2015年7月17日). “漁師お墨付き「プライドフィッシュ」 34道府県110種、消費拡大に期待(4/4ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞社. 2018年8月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i イオンが11月15日から取り扱い開始する「プライドフィッシュ」とは?”. 流通スーパーニュース. 商人舎 (2015年11月9日). 2018年8月4日閲覧。
  6. ^ a b c d e 平沢裕子 (2015年7月17日). “漁師お墨付き「プライドフィッシュ」 34道府県110種、消費拡大に期待(1/4ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞社. 2018年8月4日閲覧。
  7. ^ a b suzuki (2014年11月11日). “"プライドフィッシュ"と"ファストフィッシュ" 2つの「フィッシュ」コンテストのグランプリが決定!”. Web料理通信. 2018年8月4日閲覧。
  8. ^ a b c d 平沢裕子 (2015年7月17日). “漁師お墨付き「プライドフィッシュ」 34道府県110種、消費拡大に期待(2/4ページ)”. 産経ニュース. 産経新聞社. 2018年8月4日閲覧。
  9. ^ <流通・小売>イオンが「プライドフィッシュ恵方巻」”. 日刊水産経済新聞 (2018年1月16日). 2018年8月4日閲覧。
  10. ^ a b c d 全国のプライドフィッシュ”. 全国漁業協同組合連合会. 2018年8月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]