酸欠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

酸欠(さんけつ)は、酸素欠乏の略語ないしは通称であり、空気中の酸素の不足を表す言葉である[1]水中溶存酸素量に対しても用いられる[2]

空気中の酸素量は、通気の悪い場所においては通常の状態を下回る場合がある。原因としては物の燃焼や動植物の呼吸のほか、有機物酸化化学分解硫化鉄を含む岩漿水のような空気に触れたことのない水の作用があげられる。また空気中の酸素が他の気体に置換されることによっても発生する[1]

地下工事現場などにおいては、酸欠空気を生じることがある。これは鉄分の多い砂礫層から地下水が汲上げられた際、空気で置換されることによって鉄分と酸素が反応するためであり、酸欠事故の原因の一つとなっている[3]

また水の停滞による底沼の嫌気化や赤潮の発生による酸素消費などが原因となり、無酸素水塊が形成されて魚介類が斃死することがある。この現象は酸欠死と称される[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b 世界大百科事典 第2版『酸欠』 - コトバンク
  2. ^ 大辞林 第三版『酸欠』 - コトバンク
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『酸欠空気』 - コトバンク
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『酸欠死』 - コトバンク

関連項目[編集]