播磨灘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

播磨灘(はりまなだ)は、瀬戸内海東部の海域兵庫県南西部(旧播磨国)の南側に位置し、東は淡路島、西は小豆島、南は四国で区切られて西北部に家島諸島がある。

面積約2500 km2。深さ40 m前後であるが、海峡部では100 mを越えるところもある。近畿地方から中国地方・四国地方・九州地方方面への重要な航路が横断する。

岩礁が多く、などの好漁場。イカナゴもよく獲れ、イカナゴの釘煮(佃煮)は播州の特産品であったが、海砂の採取によってイカナゴの生息地が打撃を受けたことから減産している[1]

ランドサット7号 (Landsat 7) が撮影した播磨灘。
※表示環境によっては文字がずれることがあります。

播磨灘に流れ込む主な川[編集]

播磨灘にある港町[編集]

工業港湾[編集]

播磨灘に面する島[編集]

播磨灘に面する自治体[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]