大竹壱青

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大竹 壱青
Issei Ōtake
パナソニック・パンサーズ  No.4
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1995-12-03) 1995年12月3日(22歳)
出身地 日本の旗神奈川県横浜市
ラテン文字 Issei Ōtake
身長 201cm
体重 100kg
選手情報
所属 パナソニック・パンサーズ
ポジション OP
スパイク 338cm
テンプレートを表示

大竹 壱青(おおたけ いっせい、1995年12月3日 - )は、日本バレーボール選手。全日本代表メンバーで、V.LEAGUE Division1のパナソニック・パンサーズ所属[1]

来歴[編集]

神奈川県横浜市出身。実父は全日本で活躍した大竹秀之、姉は同じく元全日本大竹里歩というバレーボール一家に生まれた。"ミラクル"東亜学園在学中は、インターハイや春高バレーで活躍し、2014年4月に関東大学1部リーグの中央大学に進学。

2014年6月、東京オリンピックの強化指定選手である「Team CORE」のメンバーに選出された[2]。同年12月に行われた全日本インカレでは、同大学18年ぶりの優勝に貢献し、自らもスパイク賞に輝いた[3]

2015年4月、全日本代表メンバーに初招集された[4][5]

2017年2月にはイタリアのセリエA2所属のトゥスカーニアに練習生として1か月の短期留学を行っている[6]。同年も全日本代表メンバーに招集され[7]バレーボール・ワールドリーグポプラート大会でシニア国際大会デビューを果たす。

同年のユニバーシアード代表候補メンバーで出場した東アジア地区バレーボール選手権大会で優勝し[8]、自身もMVPに耀いた。

2017年9月、ドイツ・ブンデスリーガのユナイテッドバレーズ・レインマイン(ドイツ語版)に短期留学すると発表された[9]

2017年12月、パナソニック・パンサーズは大竹の入部内定を発表した[10]

球歴[編集]

  • 全日本 - 2015年-

所属クラブ[編集]

受賞歴[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 選手・スタッフ紹介”. パナソニック・パンサーズ. 2018年8月21日閲覧。
  2. ^ 日本バレーボール協会. “指導方法策定、普及事業、有望選手発掘、選手強化の4つを柱とする『Project CORE』発表記者会見を開催!”. 2014年6月27日閲覧。
  3. ^ 全日本大学バレーボール連盟. “第67回 秩父宮賜杯全日本バレーボール大学男子選手権大会 最終結果”. 2014年12月7日閲覧。
  4. ^ 2015年度全日本男子チーム 選手・監督・スタッフ”. 日本バレーボール協会. 2017年9月10日閲覧。
  5. ^ 「月刊バレーボール」2015年6月号 54ページ
  6. ^ 「月刊バレーボール」2017年4月号 36-37ページ
  7. ^ 2017年度全日本男子チーム 選手・監督・スタッフ”. 日本バレーボール協会. 2017年9月10日閲覧。
  8. ^ チャイニーズタイペイに勝利し大会連覇! 2017東アジア地区男子選手権大会”. 日本バレーボール協会. 2017年9月10日閲覧。
  9. ^ 「月刊バレーボール」2017年11月号 40ページ
  10. ^ 2017年度 新規加入選手・スタッフ紹介

外部リンク[編集]