松本慶彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松本 慶彦
Yoshihiko Matsumoto
堺ブレイザーズ  No.1
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-01-07) 1981年1月7日(40歳)
出身地 長野県長野市(旧戸隠村
ラテン文字 Yoshihiko Matsumoto
身長 193cm
体重 77kg
血液型 A型
選手情報
所属 堺ブレイザーズ
愛称 マツヤン
ポジション MB
指高 256cm
利き手
スパイク 358cm
ブロック 330cm
テンプレートを表示

松本 慶彦(まつもと よしひこ、1981年1月7日 - )は、日本の男子バレーボール選手。長野県長野市(旧戸隠村)出身。ポジションはミドルブロッカーV.LEAGUE DIVISION1の堺ブレイザーズに所属している[1]

妻は元日立ベルフィーユのリベロ、安武小由樹[要出典]

来歴[編集]

姉の影響で、中学1年よりバレーボールを始める[2]

高校時代は、岡谷工高の全国大会初制覇に貢献する。高校まではウィングスパイカーだった[3]

中央大学に進学後、ミドルブロッカーに転向する[3]

身長193cmとミドルブロッカーとしては小柄だが、リーチの長さ(指高の高さ)とジャンプ力によって、最高到達点は358cmと、全日本でも屈指の高さを誇る。

2003年NECブルーロケッツに入部。2005/06シーズンの第12回Vリーグではベスト6とスパイク賞を受賞した。

2007年ワールドカップで、全日本代表に招集される。全日本での背番号は11。2008年北京オリンピック出場に貢献し、本大会にも出場した。

2008年夏、所属先のNECを退社。堺ブレイザーズに入団するがNECの移籍同意書が得られず、2008/09Vプレミアリーグへは出場することができなかった。

2010年1月17日パナソニック・パンサーズ戦で右足前十字靱帯を損傷、全治3週間の怪我を負った。

2011/12Vプレミアリーグで再度ベスト6とスパイク賞を受賞した。2014年3月2日JTサンダーズ戦でVリーグ通算230試合出場となり、Vリーグ栄誉賞の表彰基準に到達した[4]

2021年2月21日V1リーグ戦FC東京戦に出場し、40歳にして前人未到の通算400試合出場を達成した[5][6]。この試合でもフル出場を果たし[7]、以降も現役を続けていきたいとコメントを残した[5]

エピソード[編集]

  • 小学生時代は、スキー場が近くにあって、父と伯父がスキーに縁があったこともあり、スキーに励んでいた。姉はバレーボール中継を夢中で見ていたが、当時はほとんど関心持たなかったという[3]
  • 中学生時代は、もともとはバスケットボール部に入部しようとしていたが、入学した中学校にバスケットボール部がなく、何となくバレーボール部に入部した。バレーボール部に入部した理由は、自身も詳しくは覚えてないという[3]
  • 高校時代はより高い打点で打つように指導され自信を深めたが、大学時代は速いトスを打つように指導され、そのスタイルに馴染めず、一度はバレーボールを辞めようとした。しかし、当時の中央大学監督・栗生澤淳一が、スピードに慣れるために一度ミドルブロッカーをやってみることを提案。それが大きな転機となり、ミドルブロッカーとしての頭角を現した。NECブルーロケッツ入部後も宇佐美大輔のトスから決められてさらに成長した[3]
  • 実家は祖父の代から始めた製麺工場である[3]

球歴・受賞歴[編集]

所属チーム[編集]

参考文献[編集]

  • 「堺ブレイザーズ」『2013/14Vプレミアリーグ/Vチャレンジリーグ公式プログラム(男子編)』、Vリーグ機構、 22頁。
  • 「V・プレミアリーグ男子名鑑 堺ブレイザーズ」『Vリーグ観戦ガイドブックV.LEAGUE2013/14【チームの顔】月刊バレーボール12月号臨時増刊』、日本文化出版、 66頁。

脚注[編集]

  1. ^ 選手一覧”. 堺ブレイザーズ. 2018年8月31日閲覧。
  2. ^ 「月刊バレーボール」2017年12月号臨時増刊 50ページ
  3. ^ a b c d e f 「VBドキュメント 松本慶彦/堺ブレイザーズ」『月刊バレーボール』、日本文化出版、2014年4月、 122-125頁。
  4. ^ 松本慶彦選手Vリーグ出場通算230試合出場について”. Vリーグ機構 (2014年3月2日). 2014年4月2日閲覧。
  5. ^ a b “松本慶彦選手V.LEAGUE通算400試合出場達成のお知らせ” (プレスリリース), 堺ブレイザーズ, (2021年2月21日), https://www.blazers.gr.jp/web/news/%e6%9d%be%e6%9c%ac%e6%85%b6%e5%bd%a6%e9%81%b8%e6%89%8bv-league%e9%80%9a%e7%ae%97400%e8%a9%a6%e5%90%88%e5%87%ba%e5%a0%b4%e9%81%94%e6%88%90%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/ 2021年2月22日閲覧。 
  6. ^ “堺ブレイザーズ・松本慶彦選手 通算出場試合数400試合達成のお知らせ” (プレスリリース), Vリーグ機構, (2021年2月22日), https://www.vleague.jp/topics/news_detail/21905 2021年2月22日閲覧。 
  7. ^ 試合結果速報 2020-21 V.LEAGUE DIVISION1 MEN レギュラーラウンド FC東京 VS 堺ブレイザーズ”. Vリーグ機構 (2021年2月21日). 2021年2月22日閲覧。
  8. ^ 【プレスリリース】2011/12V・プレミアリーグ(男子)レギュラーラウンド最終結果 (PDF)”. Vリーグ機構 (2012年3月11日). 2014年4月2日閲覧。
  9. ^ Vリーグ機構. “2014/15V・プレミアリーグ男子大会V・レギュラーラウンド 最終結果のお知らせ”. 2015年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]