宮下雅寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮下 雅寛
Masahiro MIYASHITA
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-09-19) 1978年9月19日(42歳)
出身地 福岡県福岡市
ラテン文字 Masahiro MIYASHITA
身長 191cm
体重 82kg
選手情報
ポジション MB
指高 243cm
スパイク 343cm
テンプレートを表示

宮下 雅寛(みやした まさひろ、1978年9月19日 - )は、日本の元男子バレーボール選手。福岡県福岡市出身。ポジションはミドルブロッカー。夫人は佐田樹理

来歴[編集]

福岡市立柏原中学校1年時からバレーボールを始める。[1]。高校は名門福岡大学附属大濠高等学校へ進学、2つ上に桑田鎮典がいた。1996年3年生時には春高バレーで3位入賞した[1][2]

1997年、中央大学へ進学し、正センターとして活躍した[2]。後にJTでもプレーする臺光章徳元幸人とプレーする。

2001年、JTサンダーズへ加入。同期に直弘龍治[2]。2002年全日本に選出され、釜山アジア大会に出場。2005年バレーボール・ワールドリーグに全日本メンバー登録されている[3]。2007年の天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会制覇に貢献した[4]

2010/11シーズンにリーグ通算230試合達成しVリーグ栄誉賞を受賞した。同シーズンを持って引退、その後は社業に専念している[5]

所属チーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b インタビュー”. JTサンダーズ公式. 2010年9月10日閲覧。
  2. ^ a b c 直弘・宮下両選手 JTが内定を発表”. 中国新聞 (2000年10月28日). 2001年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月11日閲覧。
  3. ^ 2005ワールドリーグ男子バレーボール大会(第16回) 兼 2005全日本シニア男子チーム登録選手”. 日本バレーボール協会. 2010年9月11日閲覧。
  4. ^ 第51回中国スポーツ大賞”. 中国新聞. 2010年8月27日閲覧。
  5. ^ JT宮下・中山が引退 バレー男子”. 中国新聞 (2011年5月18日). 2011年5月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]