尾上健司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾上 健司
Kenji Onoue
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-05-12) 1978年5月12日(39歳)
出身地 神奈川県足柄上郡中井町
ラテン文字 Kenji Onoue
身長 200cm
体重 80kg
血液型 O型
選手情報
愛称 オノケン
ポジション MB
指高 260cm
利き手
スパイク 340cm
ブロック 330cm
テンプレートを表示

尾上 健司(おのうえ けんじ、1978年5月12日 - )は、日本の元男子バレーボール選手(全日本代表)。神奈川県足柄上郡中井町出身。ポジションはミドルブロッカー

来歴[編集]

小学校の頃はサッカー少年だったが、長続きしなかった[1]。実兄の影響で、中井中学1年よりバレーボールを始める[1]。近所に富士フイルム・プラネッツの本拠地があり、当時の憧れは青山繁だった[1]

秦野南が丘高校順天堂大学卒業[1]

2001年、青山に憧れ富士フイルムに入団するも、同シーズン末に廃部となった[2][3]

2002年JTサンダーズに移籍、主力センターとして活躍した[2][4]

2003年全日本代表に初選出され、同年ワールドカップに出場。2005年、2006年に再び全日本代表に選出され、2006年世界選手権に出場した。2007年には天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会制覇に貢献した[5]

2010年、現役引退。その後は9人制バレーのJT東京バレーボール部でプレーしている[6]。また日本たばこ産業での社業に専念している[3][4]

球歴・受賞歴[編集]

所属チーム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d インタビュー1”. JT公式(Internet Archive). 2014年8月17日閲覧。
  2. ^ a b インタビュー2”. JT公式(Internet Archive). 2014年8月17日閲覧。
  3. ^ a b JT男子の直弘・尾上ら退部”. 中国新聞 (2010年5月8日). 2014年8月17日閲覧。
  4. ^ a b 直弘龍治選手、尾上健司選手、丹山禎昭選手、後藤幸樹選手が退部”. JT公式. 2010年9月17日閲覧。
  5. ^ 第51回中国スポーツ大賞”. 中国新聞. 2010年8月27日閲覧。
  6. ^ JT東京支店. “選手・チーム”. 2015年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]